新刊
だれかのプレゼント

だれかのプレゼント(文溪堂)

『100にんのサンタクロース』谷口智則さん待望の新作サンタ絵本

しあわせな ふくろう

しあわせな ふくろう

  • 絵本
作: ホイテーマ
絵: チェレスチーノ・ピヤッチ
訳: 大塚 勇三
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

「しあわせな ふくろう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2018年09月07日
ISBN: 9784834000917

読んであげるなら・ 4才から
自分で読むなら・ 小学低学年から

【復刊】2018年9月10日
22×30cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

百姓家で飼われている鳥たちは、毎日食べたり飲んだりしては、けんかをしていました。ところがあるとき、近くにある崩れかかった石壁の中で、とても幸せそうに暮らすふくろう夫婦をみて、その秘訣を聞きに行きます。夫婦は、季節ととも移り変わる自然の営みを眺め、それに合わせて生きることが、幸せで安らかな気持ちになる秘訣だと説きますが、鳥たちには信じられません。オランダの民話に、骨太で美しい絵がついた絵本です。

ベストレビュー

けんかばかりするほうがばかばかしい!

読後、娘が口にした感想です。
けんかばかりしてたらお友だちは増えないし、いなくなる。その方がまったくばかばかしい!そんな暮らしのほうがしあわせなんて、そんなことばかばかしい。
読み終えて、裏表紙を閉じたそのすぐ後のことでした。
静かなストーリーだし、眠る前に読んだもので、いつも感想など訊ね もしないし、彼女も、楽しかった、おもしろい、くらいしか口にしないので、彼女のこのちょっと怒ったような反応は、意外でした。

ふくろうのいちまいいちまいの羽の色や模様など、とても美しく芸術性の高い絵本だと思いました。

違う価値観を受け入れるのは難しいこと。
けれど、生きていくのは、違う価値観を持つ人たちもいるのだということを受け入れていくことなんだ、、、と、いつか娘も知るでしょう。その時、彼女の心にこの絵本が浮かぶのかもしれません。
(soyosoyowindさん 40代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

大塚 勇三さんのその他の作品

あかずきん グリム童話 / いしになった かりゅうど モンゴル民話 / ウルスリのすず / 岩波少年文庫 大力のワーニャ / グリムの昔話 赤ずきん / コマツグミのむねは なぜあかい


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > しあわせな ふくろう

子どもの感性を育み、こころに残る絵本児童書8選 レビューコンテスト<西日本ファミリー読書>

しあわせな ふくろう

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.64

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット