となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
きつねのでんわボックス 絵本版
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きつねのでんわボックス 絵本版

  • 絵本
作: 戸田 和代
絵: たかす かずみ
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年07月
ISBN: 9784323013701

幼児〜

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

35万部突破の感動のロングセラーが装いもあらたにオールカラー絵本で登場!

人間の男の子と母ぎつねとの心あたたまるものがたり!
日ぐれになると、町はずれのでんわボックスに男の子がやって来ます。
病気のおかあさんに電話をかけに来るのです。それをじっと見守る子どもをなくした母ぎつね。
ところがある日、でんわボックスがなくなるかもしれないと聞いた母ぎつねは…。

ベストレビュー

幼年童話版もぜひ

幼年童話版が素晴らしいので、その本を読むきっかけになれば、と
おはなし会で読みました。
絵本ということで、8割ほどにストーリーが省略されているとはいえ、
童話版のイラストのたかすかずえさんの淡い絵ですので、
その世界を十分味わうことができました。
かわいい盛りの子ぎつねを亡くした母ぎつねが主人公。
ある日、電話ボックスで男の子を見かけて我が子のように親しみを感じるのです。
でも、そのうちに電話ボックスが取り壊されることになり、
その男の子も、電話の相手の入院中のお母さんの元へ引っ越すと知った
母ぎつねの心境が切ないです。
でも大丈夫。
ちゃんと救いはあるのですね。
どうしても感情移入しそうで、読むのは大変でしたが、
がんばって読みました。
子どもたちも、騒がしい場所でしたが、きちんと聞いてくれたように思います。
もちろん、読み物バージョンも持参して、紹介しました。
電話ボックス自体が町の風景から消えてつつある昨今、
その懐かしい電話ボックスとともに思い出してほしい物語だと思います。
(レイラさん 40代・ママ 男の子16歳、男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


戸田 和代さんのその他の作品

たまごさんがころんだ! / はじめてよむこわ〜い話(5) おしいれのひとりぼっちおばけ / バスガエル / こわがりやのしょうぼうしゃううくん / ぽっつんとととはあめのおと / ねむくまのうた

たかす かずみさんのその他の作品

おしゃかさま / このみち / いのちは / きょうから飛べるよ / お手紙ありがとう / やくそくだよ、ミュウ



祝・40周年記念!長年愛される定番 くもん幼児ドリル 編集者インタビュー

きつねのでんわボックス 絵本版

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.81

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット