新刊
紫禁城の秘密のともだち(1) 神獣たちのふしぎな力

紫禁城の秘密のともだち(1) 神獣たちのふしぎな力(偕成社)

中国の紫禁城を舞台にした、女の子と神獣たちのほのぼのファンタジー!

ゆうこのキャベツぼうし

ゆうこのキャベツぼうし

作・絵: 山脇 百合子
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥990

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2008年05月
ISBN: 9784834023282

読んであげるなら・ 3才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
ページ数: 32
サイズ: 20X27cm

この作品が含まれるテーマ

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

ゆうこがキャベツを一枚頭にのせると、キャベツぼうしになりました。動物たちもみんなおそろいのキャベツぼうしをかぶって、おにごっこが始まりました……。

ベストレビュー

素敵なぼうし

ゆうこは畑でキャベツを1個もらいました。お日様が照ってきたのでキャベツを1枚頭にかぶりました。こぐまに会いました。「かぶる?」「うん」。こぶたとこぎつねとうさぎもかぶりました。遊んでいるとおおかみが来ました・・・ おおかみもキャベツぼうしをかぶって一緒に遊びました。「おなかすいた」「もうかえろう」。みんなはお家に帰ってキャベツを食べました。でもおおかみだけは食べずに大事にとっておきました。
キャベツを帽子にしてしまうなんて!とっても素敵な発想。確かにキャベツの葉は丈夫だし、きれいにはがれると帽子にちょうどいいですね(反対にしたらお皿かな)。子供たちも「キャベツぼうし!キャベツぼうし!」と喜んでいました。
最後、みんなはキャベツを食べてしまったけど、おおかみだけは食べずにとっておきます。みんなと一緒に遊べたことが楽しくて嬉しかったんだろうな。除け者にされがちのおおかみの心情が現れていたように思います。
(モペットさん 20代・ママ 女の子5歳、男の子4歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




読み心地もさわり心地も満点!『いないいないだーれだ?』

ゆうこのキャベツぼうし

みんなの声(46人)

絵本の評価(4.49

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 44人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット