おすわり どうぞ おすわり どうぞ おすわり どうぞの試し読みができます!
作: しもかわら ゆみ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ぴったりのいす みつけられるかな?
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
おとうさんおかえり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おとうさんおかえり

作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: スティーヴン・サベッジ
訳: さくま ゆみこ
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年02月
ISBN: 9784893095084

225×225mm 24P 上製 hard cover

出版社からの紹介

よるになりました。おとうさんたちがかえってきますよ。
さかなのおとうさんは、さらさらながれる川をおよいで、、
てんとうむしのおとうさんは、ぶーんととんで......。
いちにちのおわりの、お父さんたちが子どもたちのところへ帰ってくる
うれしさが、リズミカルであたたかな言葉でつむがれています。

ベストレビュー

リノリウム版画の絵が絶品

マーガレット・ワイズ・ブラウンは、42歳の若さで1952年に亡くなったのですが、実に100冊以上を世に残しています。
さらに凄いのは、70以上もの未出版の原稿が残されていたこと。
彼女の姉妹、Roberta Brown Rauchが売ろうとして上手くいかず、杉のトランクに何十年もしまっておいたのですが、1991年ウォーターマーク社のエイミー・グレイが500枚以上のタイプ原稿を再発見し、これらの出版にとりかかったとされています。
今回の作品は、文は、2010By Roberta Brown Rauchとあり、生前に発刊されたものではないようです。
驚いたのは、絵を描いたスティーブン・サヴェッジ。
1965年生まれとあり、この文に合わせて絵を描いたものと思われますが、実に文章とその時代にマッチングしています。
リノリウム版画を使った独特の作風で、ニューヨークタイムズ紙、ニューズウィーク誌へのイラスト提供や、絵本制作など、様々なジャンルで活躍とありましたが、木版にない粗さが魅力的です。
しかも、その色合いが絶品。
どのページも主体と背景がこの上ない纏まりを見せていて、しかも、色調が全く違うのです。

物語は、
「よるになりました。
 おとうさんたちが かえってきますよ」
という文章で始まります。
色々な生物のおとうさんが帰ってくるエピソードが繰り返されるのですが、マーガレット・ワイズ・ブラウンらしいリズミカルなもの。
読み聞かせに相応しい作品と言えるでしょう。

最後のスティーヴン・サヴェッジの
「私を父親してくれた妻のステファニーと娘のクロエに」
という言葉も素敵で、非常に高い水準の絵本としてオススメします。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マーガレット・ワイズ・ブラウンさんのその他の作品

ワイズ・ブラウンの詩の絵本 / 世界はまるい / にんぎょうの おいしゃさん / まるぽちゃ おまわりさん / ことりのおそうしき / 子どものための ラ・フォンテーヌのおはなし

スティーヴン・サベッジさんのその他の作品

しろくまくんのながいよる

さくま ゆみこさんのその他の作品

この計画はひみつです / チトくんと にぎやかないちば / わたしの おひっこし / あさがくるまえに / 空の王さま / ごちそうの木 タンザニアのむかしばなし



玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー

おとうさんおかえり

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット