だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
まるをさがして
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まるをさがして

  • 絵本
作・絵: 大月ヒロ子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「まるをさがして」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年04月
ISBN: 9784834005547

読んであげるなら 4才から
自分で読むなら 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

20世紀の画家が描いたさまざまなまるの絵。かたちは同じまるですが、色づかい、筆づかい、大きさや数が違えば、その表情はおどろくほど変化します。リズミカルな言葉とともに、まるの百面相を楽しんでください。


 画面を漂う色とりどりのまる。びっしり一面を埋めつくす小さな黒いまる。こっちを見てニヤリと笑うまる。この絵本には、20世紀の画家が描いたさまざまなまるの絵が集まっています。かたちは同じまるですが、色づかい、筆づかい、大きさや数が違えば、その表情はおどろくほど変化します。リズミカルな言葉とともに、まるの百面相を楽しんでください。モダンアートの色やかたちを感覚で楽しむ、美術の世界への初めの一歩です。
 まるは、小さな子どもがはじめてかくかたちのひとつです。腕を大きく動かせば大きなまる。手首を小さくまわせば小さなまる。たくさんかけば模様になるし、まわりに線をつけくわえると、人やモノのかたちに近づきます。まるは単純なかたちですが、そこからたくさんのイメージを生み出す力を持っています。この絵本に登場する画家の何人かは、まるの絵をくりかえし、数え切れないほど描いています。まるには画家をとりこにする魔力があるのかもしれません。

ベストレビュー

子供の目で見たら、もっとすごいかも。

「びじゅつのゆうえんちシリーズ」と、あります。
文と構成は大月ヒロ子さんですが、各それぞれの円(まる)のイラストは、たくさんの画家の円(まる)でした。
読んだ人なら分かると思いますが、もう、そのまんま美術館みたいです。
こんなにいろいろな円(まる)の表現って、あるんですねー。面白かったです。
この絵本を読んだ時の、下の子の反応がすごくよかったんです。きっと大人の私が見るより、子供の目で見た時の感じ方のほうが、すごいものに見えているんでしょうね。
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


大月ヒロ子さんのその他の作品

じぶんでつくろう こどものしゅげい



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

まるをさがして

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット