雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
よぞらのほしは
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

よぞらのほしは

作・絵: 村上 康成
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年12月
ISBN: 9784577030073

対象年齢: 幼児から

出版社からの紹介

ほっぺが冷たいきらきら星の光る夜。吐く息の白さが楽しくて、ほわっほわっ。みんなでほわっほわっ。そこへ雲の怪獣がやってきて・・・。

ベストレビュー

寒い冬の夜空を眺めて。

今日はなんて寒い日でしょう。
天気予報では、雪だといってるし・・・
降るのかな〜。
それにしても、寒い。

そんな寒い冬の夜のできごと。
(私なんて、外に出るのもいやなんだけど、
 きっと空を見上げたら、星が綺麗に輝いているのでしょうね。)
動物たちも出てくるので、きっと森の中だと思う。

夜空を眺めながら、ほわっほわっほわっ。
息が白い。
吐く息で楽しむ男の子とねこといぬ。
(私も小さい頃、自分の吐く息が白くて、面白がってた頃ありました。)

動物たちの吐く息も白い。
ほっほっ、ひっっひっ、へっへっ・・・

そのうち、雲の怪獣がやってきて、
どんどん、きらきら星を飲み込んでいきます。

はらはらどきどき。

そして・・・

とっても情緒豊かな作品です。
季節を感じてほしいから、是非、冬の今におすすめします。
(多夢さん 40代・ママ 女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


村上 康成さんのその他の作品

きょうはたんじょうび / 新版 星空キャンプ / だちょうさんのたまご / しろいちょうちょがとんでるよ / おもち! / なつはひるね



『おいしそうなしろくま』柴田ケイコさんインタビュー

よぞらのほしは

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.12

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット