貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ごろごろごろん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ごろごろごろん

作・絵: とよた かずひこ
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ごろごろごろん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2004年06月
ISBN: 9784790251170

2歳児から

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

親子がいっしょになって「ごろごろごろん」と遊べる絵本です。
ごろごろところがりながら、いろんなものに変身してみるのも楽しいでしょう。
人気絵本作家のとよたかずひこさんが描いた独特のとぼけた表情のしろくまと
あざらしたちといっしょに、絵本を目と耳と体全体で楽しんでください。

ベストレビュー

ほの

ごろごろ、しろくまちゃんとあらざらちゃんがまるまるところが何ともいえずかわいらしいです。

ごろごろごろんと読んであげると娘も一緒に転がります。おにぎりや手をピンとのばして、のりまきも真似しています。

最後に、しろくまちゃん家族とあらざしちゃん家族が、おべんとうを食べているところがほのぼのしました。裏表紙でみんなで海で遊んでいるところは、楽しいそうでこっちまでワクワクしました。

私が最初に、あざらしをラッコといってしまったので、娘はラッコと勘違いしているのがちょっと心が痛いです・・・。
(ジラソーレさん 30代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


とよた かずひこさんのその他の作品

めろんさんがね・・ / おんなじおんなじ ももんちゃん / ゆびさしな〜に? / かさちゃんです。 / だれかな?だれかな? / なにたべているのかな?



楽しく読んで楽しく知れる、新発想の忍者図鑑絵本

ごろごろごろん

みんなの声(27人)

絵本の評価(3.89

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット