もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
きょうりゅうの たまごにいちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きょうりゅうの たまごにいちゃん

  • 絵本
作・絵: あきやま ただし
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年10月10日
ISBN: 9784790252504

4〜5歳児
26.3×21.3cm 28ページ

出版社からの紹介

長い間みなさまに楽しんでいただいている「たまごにいちゃん」シリーズも、今作品で13作目になりました。今回は、みんなが大好きな恐竜です。子どもだっておとなだって、現在の自分と、前に進みたい自分に葛藤することがありますよね。子どもに読んであげながら「わかる〜」とおとなのほうが思ってしまいそうです。今までの無地のたまごではなく柄がついて、いつもとちょっと違う印象のたまごにいちゃん。これからどのように成長していくのでしょう。これからも、みなさん応援してくださいね!

ベストレビュー

いろいろなパターンが

たまごにいちゃんのシリーズも、いろいろなパターンがあって
面白いです。
こちらは図書館で読んでみました。
たまごの特権で、楽しくくらしてきたたまごにいちゃんも
ずいぶん窮屈で、自分でたまごを割る決意をしました。
前日に、劇的で一番効果的なシーンを、
色々と思い描くところが面白いですが、
結局自分で割れなかったですね。
卵から出てきたら、ずいぶん背が高い!
そりゃあ、窮屈なはずと思いました。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あきやま ただしさんのその他の作品

たまごにいちゃんと たまごねえちゃん / へんしんおてんき / たまおくんはたまごにいちゃん / へんしんマーケット / おばけのたまごにいちゃん / ほしいもマン



ごっこ遊びで楽しくやりたいお仕事ができちゃう♪

きょうりゅうの たまごにいちゃん

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット