おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
ピーターのとおいみち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ピーターのとおいみち

作: リー・キングマン
絵: バーバラ・クーニー
訳: 三木 卓
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「ピーターのとおいみち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年
ISBN: 9784062619660

出版社からの紹介

5歳になったピーターは、おともだちをくださいという願い事を自分でかなえるために、遠い道をひとりで学校にいきました。

ベストレビュー

「誰かが見ています。でも、誰もいません」

読み始めたとき、マーガレット・ワイズ・ブラウンの「ぼくはあるいた・まっすぐまっすぐ」を思い出しました。

どちらの作品も年端もいかない男の子が、一生懸命歩いていくお話で、何となく共通するものがあるな〜と、思ったのは、私だけでしょうか?

こちらの絵本のピーターはともだちがほしくて、遠い学校までの道のりを早朝の往復するわけですが、「友達が欲しい」というピーターの想いがすごく感じられました。
また、途中途中で休憩するシーンで、足を川で冷やして休めたり、靴を脱いでしまったりと、足の痛さや、時間の経過がよく出ていて思わず「ピーター頑張れ」と、心の中で応援してしまいました。
少々長い絵本ですが、バーバラ・クーニーの描く可愛いピーターと一緒に、小さな冒険(遠い学校へいく)を体験できて楽しい絵本です。

また、昔ばなしのようなまの語りの中の繰り返しがとても面白い作品です。
ピーターが休んでいるところで、そっとのぞいている。「だれかがみています。……でも、なにもいません。」というシーンは、ドキドキします。大人の読み手でも高なのですから、聞いている・見ているお子さんたちはもっとドキドキするんじゃないでしょうか?

正確に測ってはいませんが、読み語りで使うと15分はかかりそうです。
時間に余裕のあるお話会なら、5,6歳〜お薦めです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


リー・キングマンさんのその他の作品

とびきりすてきなクリスマス

バーバラ・クーニーさんのその他の作品

クリスマス / 雪の日のたんじょう日 / 3びきのこいぬ / どうぶつたちのクリスマス / 福音館文庫 キルディー小屋のアライグマ / ちいさな曲芸師 バーナビー

三木 卓さんのその他の作品

鹿姫ものがたり / 「えいっ」 / 英日CD付 英語絵本 ふたりはともだち Frog and Toad Are Friends / ぽたぽた / おやゆびひめ 講談社のおはなし絵本箱 / 3つのなぞ



お気に入りのくだものはどれ?

ピーターのとおいみち

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.09

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット