うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
黒ねこのおきゃくさま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

黒ねこのおきゃくさま

  • 児童書
作: ルース・エインズワース
絵: 山内 ふじ江
訳: 荒このみ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年
ISBN: 9784834015843

読んであげるなら 5・6才から
自分で読むなら 小学低学年から

出版社からの紹介

冬の夜、貧しいおじいさんの家にやってきたやせ細った黒いねこ。おじいさんは自分が食べるはずの食べ物を全て与えてしまいます。翌朝、ねこが去った後におこった奇跡とは……。

ベストレビュー

寒い冬に心温まるお話でした

貧しいおじいさんが週に一度の楽しみにしている、本当にささやかな夕餉のミルクと肉でした。
その楽しみを、雪の中から突然やってきた黒ねこがとってしまいました。
遠慮することを知らない黒ねこは、次々に催促しておじいさんからみんな取り上げてしまいました。
おじいさんの心を考えました。
おじいさんにとって、なけなしの食べ物をすっかり与えてしまうことには、葛藤があったでしょう。
そんな人間らしさが印象的でした。
自分のことを後回しにしたおじいさんの優しさ。
寒さと雪でボロボロになった猫が、元気になっていく姿に自分を納得させたのでしょう。
翌日、おじいさんは元気に出ていくねこに足跡がつかないことに不思議を感じます。
そして無くなったはずのミルクも肉も出てきたのです。
ねこは神様だったのでしょうか。
それにしては、つつしみのない黒ねこでした。

(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

ルース・エインズワースさんのその他の作品

きかんしゃホブ・ノブ / あかいぼうしのゆうびんやさん / きかんしゃホブ・ノブ / きかんしゃボブ・ノブ / 大型絵本 こすずめのぼうけん / ちいさなろば

山内 ふじ江さんのその他の作品

鳥よめ / 答えは子どもの中、お母さんの中に / こひつじまある / ねてるの だあれ / クリスマスのちいさなおくりもの / それはもりのこもりうた



すべてのおとなとこどもに贈ります

黒ねこのおきゃくさま

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.76

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット