もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
黒ねこのおきゃくさま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

黒ねこのおきゃくさま

  • 児童書
作: ルース・エインズワース
絵: 山内 ふじ江
訳: 荒このみ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年
ISBN: 9784834015843

読んであげるなら 5・6才から
自分で読むなら 小学低学年から

出版社からの紹介

冬の夜、貧しいおじいさんの家にやってきたやせ細った黒いねこ。おじいさんは自分が食べるはずの食べ物を全て与えてしまいます。翌朝、ねこが去った後におこった奇跡とは……。

ベストレビュー

静かな奇跡

 聖夜にぴったりのすてきなお話です。

貧しいおじいさんの元に現れた黒ねこ。おじいさんは、このお客様を、大事に、大事にもてなし、自分自身が飲まず食わずでとっておいた大切なミルクとパン、そして、ついには肉の骨まですべて、黒ねこに与えてしまいます。
 娘は、与えても与えても、足るを知るということのない図々しいおきゃくさまに、びっくり仰天。
「外に出しちゃえば? おじいさんだって何にも食べてないんだよ。全部あげちゃったら、おじいさんがかわいそうだよ。」と、言っていました。

 ところが、翌朝、黒ねこが出て行く場面で、急に目を丸くし、
「あっ、きっとこのねこは神様だったんだよ!」と、驚きの声を上げました。

 寒い冬の夜に起こった静かな奇跡。心が洗われていくのを感じます。
(ガーリャさん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

ルース・エインズワースさんのその他の作品

きかんしゃホブ・ノブ / あかいぼうしのゆうびんやさん / きかんしゃホブ・ノブ / きかんしゃボブ・ノブ / 大型絵本 こすずめのぼうけん / ちいさなろば

山内 ふじ江さんのその他の作品

鳥よめ / 答えは子どもの中、お母さんの中に / こひつじまある / ねてるの だあれ / クリスマスのちいさなおくりもの / それはもりのこもりうた



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

黒ねこのおきゃくさま

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.76

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット