庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

黒ねこのおきゃくさま」 みんなの声

黒ねこのおきゃくさま 作:ルース・エインズワース
絵:山内 ふじ江
訳:荒このみ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1999年
ISBN:9784834015843
評価スコア 4.76
評価ランキング 608
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 貧しいおじいさんが週に一度の楽しみにしている、本当にささやかな夕餉のミルクと肉でした。
    その楽しみを、雪の中から突然やってきた黒ねこがとってしまいました。
    遠慮することを知らない黒ねこは、次々に催促しておじいさんからみんな取り上げてしまいました。
    おじいさんの心を考えました。
    おじいさんにとって、なけなしの食べ物をすっかり与えてしまうことには、葛藤があったでしょう。
    そんな人間らしさが印象的でした。
    自分のことを後回しにしたおじいさんの優しさ。
    寒さと雪でボロボロになった猫が、元気になっていく姿に自分を納得させたのでしょう。
    翌日、おじいさんは元気に出ていくねこに足跡がつかないことに不思議を感じます。
    そして無くなったはずのミルクも肉も出てきたのです。
    ねこは神様だったのでしょうか。
    それにしては、つつしみのない黒ねこでした。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 静かな奇跡

     聖夜にぴったりのすてきなお話です。

    貧しいおじいさんの元に現れた黒ねこ。おじいさんは、このお客様を、大事に、大事にもてなし、自分自身が飲まず食わずでとっておいた大切なミルクとパン、そして、ついには肉の骨まですべて、黒ねこに与えてしまいます。
     娘は、与えても与えても、足るを知るということのない図々しいおきゃくさまに、びっくり仰天。
    「外に出しちゃえば? おじいさんだって何にも食べてないんだよ。全部あげちゃったら、おじいさんがかわいそうだよ。」と、言っていました。

     ところが、翌朝、黒ねこが出て行く場面で、急に目を丸くし、
    「あっ、きっとこのねこは神様だったんだよ!」と、驚きの声を上げました。

     寒い冬の夜に起こった静かな奇跡。心が洗われていくのを感じます。

    掲載日:2011/05/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 冬のおはなし

    一人で読みました。
    ずっとネコと暮らす我が家ですが、とにかく絵がすごく美しくリアル。ネコの動作がそのまま絵になっています。

    お話は温かくて、もう買っちゃおうかなと思いながら、それこそ垂涎だったのですが、オチに違和感が残ってしまいました。
    そのまま一緒に暮らした方が、私は好きだな。
    その日の糧は生きる必須条件で大切なものだけど、それよりおじいさんの寂しさを埋めてあげて欲しかった。
    不思議な出来事で繋がっていることよりも、実際目の前で誰かがいる温もりが欲しかったと思います。
    それが(この話の中での)愛だと思って読み進めていたので、最後に落胆してしまいました。

    が。
    ここでの皆さんの言うとおり、宗教色といわれれば確かに。
    なんだ言いながらもとてもよかったので、ぜひ他の作品を読んでみたい。

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 黒ねこはどこから来たの?

    大好きな場面が2つあります。
    ひとつは、「まきがぱちぱちもえて、時計がかちかちなって、おきゃくさまはのどをごろごろ・・・。」という場面。
    おじいさんの幸せな気持ちが伝わってきて、むすこも「わぁ!」と目を細めました。

    もう一つは、ラストの「今じゃあほら、友だちじゃないか・・・」というおじいさんのセリフと、黒ねこが足跡を付けずに去ってゆくシーンです。

    「黒ねこはどこからきたの?」
    という子どもたちと一緒に考えた答えは
    「優しいおじいさんへの神様からのお使いだったんじゃないか?!」
    というもの。
    でも、本当のことはわかりません。
    皆さんも読んでいただき、その答えを子どもさんと一緒に考えてみてほしいと思います。

    絵の美しさもずっと心に残る名作です。

    掲載日:2009/04/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • おじいさんの優しさは深いな〜

    貧しいおじいさんは自分の食べるものも少しなのにやせてずぶ濡れになった黒ねこに 自分のミルクをあげてパンも肉のはしきれもすべてあげるのですこの優しさは深いな〜
    なかなかこんなに優しくなれないのですが・・・・・おじいさんの 生き様がそうさせたのでしょうかね?
        
    黒ねこが元気になり おじいさんは、お腹はすいているけれども  心がいっぱいだと 思うのです
    一人ぐらしのおじいさんが 黒ねこが元気なのが嬉しく 一緒にねむるのです
    パートナーとなったのですね

    「おまえと わたしは いまじゃ ともだちじゃないか」

    黒ねこは雪の中を出て行きますが・・・・・

    黒ねこが残してくれたものは おじいさんの 生活に必要なものを残してくれたのですね

    黒ねこの存在は  おじいさんを 神様がためされたような お話でした

    掲載日:2015/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 繊細な絵が雰囲気ぴったり♪

    絵が素敵なので借りてみました
    てっきり外人さんかと思ったら
    日本人の方
    繊細な絵で
    雨に濡れた猫にびっくり
    その猫の変貌振りといったら・・・

    おじいさんの「与える」気持ちが
    なんともせつなくなります
    この気持ちは
    見返りを求めない
    親の気持ちなのかな

    猫が去り
    物があっても
    猫に寄り添った感覚の方が
    心を豊かにしてくれるのかもしれませんね

    ひとりぼっちのおじいさんが
    主人公であるのが
    ちょっぴりせつなくなります
    また遊びにきてね、黒ねこちゃん

    掲載日:2012/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 静かで確かな物語

    おじいさんと黒猫のお話。
    貴重な食べ物、暖炉の薪・・・
    すべて黒猫に惜しみなく差し出すおじいさん。

    息子が一番声をあげたのは、猫が去った後。
    空になってしまったはずのビンにミルクがたっぷりあったこと。

    「まほうだ!まほうできるんだ〜!」
    と、その不思議に夢中になっていました。

    大人が読めば「人に尽くした分はやがて自分に還る」と
    わかるのですが、息子がそこに気づく時がくると思うと今から楽しみです。

    寒い冬の雨。どんよりした空気。
    それを見事に現している絵。
    すてきな絵本です。

    掲載日:2011/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろなとらえ方

    • ぷりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子8歳、男の子3歳

    おはなし会で、読んでみました。

    他のおはなし会のメンバーさんが猫の絵本と
    かさじぞうを読まれるということで、どちらにも
    つながりのあるこの絵本を読むことにしました。

    クリスマス前だと言っても、まだうちの周りには
    雪が降っておらず、この絵本を選んだのはちょっと
    気が早かったかなと思いましたが他のメンバーさんも
    かさじぞうを読んで下さったので、違和感なく読めました。

    4歳〜小学生向けのおはなし会でしたが、
    4歳の子が多かったので、このお話の長さを考えると、
    最後まで落ち着いて聞いてくれるかな?
    と読む前は、心配していました。

    子どもたちは、静かに聞いていてくれましたが、
    途中で欠伸をしている子がいて、ちょっと焦りました。
    4歳の子は、普段長いお話を読んでもらっている子なのか、
    真剣に聞いていてくれて、うれしかったです。

    おじいさんと黒猫のやりとりの中で、おじいさんが
    どうなってしまうのか、おはなし会のメンバーさんは、
    ハラハラしながら見ていたと反省会で話してくれました。

    絵本の最後のところで、不思議な光景を目にしますが、
    メンバーさんが「あれは、神様だったのかしら?」と言って
    目をキラキラさせて嬉しそうに話していました。

    そういえば、主人がこの絵本の下読みをしていたら
    おじいさんは、「朦朧としていたから、食べ物がたくさん
    に見えたんじゃない?」と冷静に言っていたのを思い出して
    夢も希望もないなあとガッカリしました。

    いろいろなとらえ方の出来る不思議な絵本ですが、
    私は、心が温かくなる素敵な絵本だと思います。

    作者のルース・エインズワースさんの作品は
    『こすずめのぼうけん』を読んだことがあり、
    とても良い作品です。他の作品も読んでみたくなりました。

    掲載日:2010/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい

    美しい表紙が気に入ったのでこの絵本を選びました。雪景色の凍るほどの精密さと凛とした雰囲気の空気の描写がとても気に入りました。猫はおじいさんと出会うべくしてであったのだと思いました。クリスマスの精神が色濃く感じられクリスマスの時期に読むといいかなと思いました。胸が熱くなりました。

    掲載日:2010/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 黒ねこ≠ェ昔飼っていた猫に思えて・・・

    • 豆乃さん
    • 10代以下
    • その他の方
    • 東京都

    「飼っていた」と言っても、私のばあばが飼っていた黒猫なんですけど・・・。
    とても長生きしたのですが、17年生きてあっちの世界にいってしまったんです。
    そして、大好きなこの本に出てくる黒ねこ≠ノ、ばあばの黒ねこを透かし、思い出しては「ほろり」と来てしまいます。
    そう考えると、この黒ねこ≠ェ今まで以上に可愛く思えてくるのです。

    物語自体はとても愛らしいお話で、それに山内ふじ江さんの素的な絵も加わり、自分でじっくり読むのにも向いていると思います。

    今の世の中、暖かい心を持ったおじいさんの様な人は必要だと思います。
    「こんなおじいさんの様に生きたいな!」そんな子ども達の声が聞こえたら嬉しいですね^^

    掲載日:2010/06/08

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / うずらちゃんのかくれんぼ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット