クリスマス くろくま クリスマス くろくま クリスマス くろくまの試し読みができます!
作・絵: たかい よしかず  出版社: くもん出版
みんなでプレゼントを持ち寄って、さあ、クリスマスパーティーのはじまりです。サンタさんからもステキなプレゼントがありました!
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷・根付け鈴もあるよ♪】
ゾウの森とポテトチップス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゾウの森とポテトチップス

  • 絵本
写真・文: 横塚 眞己人
出版社: そうえん社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年12月
ISBN: 9784882643302

小学校低学年〜
21.7cm x 28.2cm 33ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

世界で3番めに大きな南の島・ボルネオ島のゾウたちの命があぶない

 わたしたちが何気なく食べているポテトチップス、
 毎日つかっているシャンプーや洗ざい・・・
 これらがゾウたちの命をおびやかしているって、ホント?
 ――熱帯雨林の森がへっているボルネオ島の真実と、
   わたしたちのくらしとのつながりを知る写真えほん。


ここは、日本の東京から南へおよそ4000キロメートルのところにある
世界で3番めに大きな島・ボルネオ島

ボルネオ島は、熱帯雨林にさまざまな生きものたちがくらす大自然の宝庫。

そんな熱帯の島と、わたしたちがふだんなにげなく食べているポテトチップスには、
実はとても深いつながりがあるのです。

ベストレビュー

私たちの生活が自然に及ぼす力

ぞうたちの住処を、どうして人間が奪ってしまったのか。それは、自分たちの生活を良くするためでした。
ぞうたちの住処をアブラヤシのプランテーションに変え、そこからポテトチップスや洗濯用洗剤などを作ります。
ぞうとの共存が難しくなっていく様子がわかり、切なくなりました。
大事な命と引き換えに手に入れた快適な生活。
自分たちの生活は、たくさんの人々と、たくさんの動物たちに支えられて、犠牲にしているんだと感じる絵本です。
(こにゃららんさん 20代・せんせい )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

横塚 眞己人さんのその他の作品

太陽の花 / ゆらゆらチンアナゴ / ウミショウブの花 / ダヤンと森の写真絵本 ねどこどこ? / ふしぎコレクション (7) 熱帯雨林のコレクション / オランウータンに会いに行く



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

ゾウの森とポテトチップス

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット