まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ふたごのひよちゃんぴよちゃん はじめてのようちえん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふたごのひよちゃんぴよちゃん はじめてのようちえん

  • 絵本
作・絵: バレリー・ゴルバチョフ
訳: なかがわ ちひろ
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年01月
ISBN: 9784198621247

3さいから

出版社からの紹介

初めてようちえんにやって来た、ふたごのひよこ、ひよちゃんとぴよちゃん。ほかの子に話しかけても、なかなかおともだちができなくて、しょんぼり。外あそびの時間も、みんなは、小川をすいすい渡っていきますが、ひよちゃんたちだけが渡れません。すると、みんなが…? 「初めて」は、どんなことも不安でたまらないもの。「特別な一日」を迎えた、小さな子どもの気もちを温かく、細やかに描いた絵本。入園のお祝いに、ぴったり!

ベストレビュー

ようちえんに行きたくなる

ヒヨコのふたごのひよちゃんぴよちゃんシリーズです。
お母さんと離れて初めて幼稚園に行くのですが、知らない人ばかりで怖いんです。先生に聞いたら「いっしょに遊ぼう」って言えばいいのよ、と教えてくれました。
二人はお友達を作りたいといろいろな動物に声をかけますが、いつもタイミングが悪くてお友達になってもらえません。結局おやつの時間も二人きり・・・・。
でも、外遊びの時間、小川を渡れなくて困っていると、みんなが助けてくれるんです!それからは、もうみんなお友達★

この本を読んでからだと思うのですが、それまでお友達と遊ぶよりママと遊ぶほうがいいって感じだった2歳のうちの子が、以前よりお友達に声をかけれるようになりました。
ついでに「ようちえん行きたい」と言い出しました(*^▽^*)
(いおりママさん 20代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


バレリー・ゴルバチョフさんのその他の作品

こねこのジェーン ダンスだいすき! / ほら、ぼく ペンギンだよ / クリストファーの しあわせな いちにち / ネズミちゃんと おまつりのふうせん / ゆうびんやさん おねがいね / ふたごのひよちゃんぴよちゃん はじめてのすべりだい

なかがわ ちひろさんのその他の作品

てのひらのあいさつ / おたすけこびととおべんとう / きょうりゅうたちのおーっとあぶない / きょうりゅうたちもペットをかいたい / ひみつのビクビク / 物語 たくさんのお月さま


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > ふたごのひよちゃんぴよちゃん はじめてのようちえん

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

ふたごのひよちゃんぴよちゃん はじめてのようちえん

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット