雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
おはなしトンネル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おはなしトンネル

  • 絵本
著者: 中野 真典
出版社: イースト・プレス イースト・プレスの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おはなしトンネル」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年10月15日
ISBN: 9784781610689

3歳以上
297×210mm 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

雨の日。ガタン ゴトン ガタン、プヮー パー。
電車の通るトンネルの中で、黄色いカッパを着てたたずんでいるのは男の子。
じっと目をつぶった後、そっと目をあけてみると、電車の通り過ぎる音にまぎれてラッパの音が聞こえてきた!
サーカスの始まりの合図です。
ピエロがラッパを吹き鳴らし、踊り子たちがくるくるお皿をまわし。
いつの間にか、トンネルの向こう側は海。大きな船まで見えてきた!
「おーい」
どこからかやってきたのは・・・?

雨の日のトンネルの中から繰り広げられる、華やかで壮大な世界。
どこか懐かしくて、切ない気持ちでもある「ぼく」だけの世界。
ここにくれば始まってくれる、小さなお話たち。
こんな風に物語の入り口は子どもたちのすぐそばにあった、のかもしれません。
子どもの頃自分も行ったことがある、ような気もするのです。

「ぼく」だけの世界へ迎えにきてくれるのは、からりと晴れたお天気と、おかあさん。
これは夢?それとも本当?・・・きっとその間に存在しているお話なのです。

こんな世界を絵本の中に描きだしてしまう、作者の表現力に嫉妬せずにはいられません。
子どもたちにはじっくり静かに味わって、そして、また自由に小さなお話の世界と行き来してほしいな。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

おはなしトンネル

出版社からの紹介

雨の降る日。トンネルにただずむ男の子。ガタンゴトン。プァー。電車の通り過ぎる音にまぎれて、ラッパの音。サーカスの始まり始まり。ピエロがラッパを吹いて、踊り子たちがくるくるくる。めまぐるしく出し物が移り変わる。雨の日のトンネルで繰り広げられる、夢でも現でもない、ちいさなお話たち。

「ひとりじめしたいよ、この世界!」 ミロコマチコ(画家・絵本作家)

ベストレビュー

音が連れてきた幻想でしょうか

列車が通る鉄道下の小さなトンネル。
外は雨ふり。
誰もいないトンネルで、入り込んでくるいろいろな音を聞いていたら、想像の世界でいろいろなことが起こったのですね。
こう言ったイマジネーションは大好きです。
きっと不安感の裏側なんだろうな。
雨が止んで、お母さんが出迎えに来て、空想は終わりました。
この子は、お母さんにどんなお話をするのか、ちょっぴり気になりました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • てのひら
    てのひら
    作:瀧村 有子 絵:藤田 ひおこ 出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    入園後に泣いている子ども達へ――ママの素敵なおまじない☆

中野 真典さんのその他の作品

ほんとだもん / たべたあい / どもるどだっく / かかしのしきしゃ / もう いいかい / りんごちゃん



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

おはなしトンネル

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット