ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
きょうはハロウィン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きょうはハロウィン

  • 絵本
作: 平山暉彦
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年09月10日
ISBN: 9784834082838

読んであげるなら・ 4才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
ページ数:32
サイズ:20X27cm

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ハロウィンの夜。ケンちゃんは隣の家に住むピートに誘われて、近所の家を回ることになりました。おばけや魔女の格好をして「トリック・オア・トリート!」と言いながら、家々でお菓子をもらうのです。初めての経験に、ケンちゃんはドキドキしたりワクワクしたり。やがて町外れの古びた家の前にやってきました。もしかして、本物の魔女の屋敷でしょうか……? 日本人の男の子の目を通して、アメリカのハロウィンの雰囲気を伝えます。
2013年10月1日月刊「こどものとも」発行。

ベストレビュー

ハロウィンの絵本で1番好きです。

私自身は ハロウィンは外国の行事だと思っていて、
あまり馴染みがなかったのですが
最近の日本では ハロウィンの飾り付けや商品を
よく見るようになり 子供さんや若者たちが
楽しまれているのを見かけます。
この絵本はハロウィンを初めて経験する
ケンちゃんという男の子が主人公です。
このまちに引越してきたということは
日本から外国へ行ったのでしょう。
そこで知るハロウィンというお話は
とてもわかりやすく伝わってきました。
ハロウィンの由来も書かれていて
これが本当のハロウィンだと感じます。
街が大騒ぎの仮装、変装ではないですものね。
とてもよい絵本だと思いました。
(koyokaさん 50代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

平山暉彦さんのその他の作品

ひみつのたからチョコラーテ / ブルブルさんの あかいじどうしゃ / 出勤119番 / 偕成社ミステリークラブ(3) だれかがよんでいる



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

きょうはハロウィン

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット