もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

たまごのあかちゃん」 みんなの声

たまごのあかちゃん 作:神沢 利子
絵:柳生 弦一郎
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1993年2月10日
ISBN:9784834011920
評価スコア 4.54
評価ランキング 4,197
みんなの声 総数 210
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

209件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 実は奥が深い!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子1歳

    2歳になったばかりの娘と読みました。

    1回、2回と読むと、なんてことのない普通の絵本な感じですが、
    3回、4回と読んで、この絵本のスゴさに気付きました。

    まず、「たまごのあかちゃん」という、題名。
    普通、たまごのあかちゃん。って、言わないですよね?

    たまごのあかちゃんってなんだ?と思います。
    それでも2歳の娘が、
    「たまごのあかちゃん読んでー!!」
    と言ってくるのを聞くと、

    あぁ、2歳児にはこのほうが、
    親しみやすくて、言いやすいんだ!と
    気付きます。

    そして、「たまごから赤ちゃんがうまれた」のではなくて、
    「たまごの中でかくれんぼしてる赤ちゃんがでてきた」
    という、この発想!

    「たまごがふ化する」という現象が、
    これまたとっても2歳児に理解しやすい表現に、
    置き換えられていて、脱帽です。

    ひよこや、かめ、へび、果てには恐竜の赤ちゃんが、
    タマゴから出てきます。

    2歳児だけど、どの動物が「たまご」から孵るのか、
    知らず知らずのうちに感覚として身につきそうです。

    因みに横で聞いていた6歳の兄、
    「えぇー!へびってたまごから出てくるの?!」とびっくり。

    かわいく分かりやすい絵本だけど、
    実はとっても真面目な自然科学の内容も含む超万能絵本です!

    掲載日:2013/06/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 繰り返しの中で・・・

    「たまごのなかでかくれんぼしているあかちゃんはだあれ?」という繰り返しの中でたくさんの動物が出てきます。何回も繰り返しの言葉が出てくるので覚えやすく、子どもも一緒に言っています!
    保育園や幼稚園の3歳くらいで劇遊びにもいいかなと思います。

    掲載日:2015/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • たまごからばあ!

    たまごってそれだけで夢があります。中に何かが入ってる、何の赤ちゃんだろう。どんな動物?大きいのかな、小さいのかな?色は何色かな?

    きっと小さい子にとってはいないないばあと似た感覚なのでしょうね。
    何が飛び出してくるか分からないドキドキ、ワクワク感。

    気に入って何度も読みました!

    掲載日:2015/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 手遊びの歌と一緒に

    「まあるいたまごがパチンとわれて…♪」という手遊びのリズムに合わせて楽しんでみています。内容はたまごから様々な生き物が出てくるというものなので0才から楽しめると思います。

    大型絵本もあってより迫力を感じながら楽しめると思います。

    掲載日:2015/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • たまごからでておいでよ

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、女の子1歳

    歌うような文章で綴られたたまごの絵本です。

    たまごのなかでかくれんぼしてる
    あかちゃんはだあれ?

    うまれてくるのを急がせず、でも心待ちにしてるような
    妊娠期の頃を思い出しました。
    はっきりとした線で勢いよく描かれた、かわいいイラストです。
    あかちゃんて、みんな心待ちにされてるんだね、
    こんにちは、あかちゃん!
    たまごのなかの当てっこが出来て、読み聞かせしやすい絵本です。

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • たまごからいないいないばあ。

    もうすぐ2歳になる息子に図書館で借りました。

    たまごをノックするようにトントンして
    だれかなだれかな、いないいないばあっ!と
    ページをめくるととっても喜びました。

    へびのページの時は卵の数が多いので
    いっぱい!といいながら、ひとつずつトントンしてました。
    ペンギンの赤ちゃんは、記憶している
    ペンギンと姿が離れていたためか、
    険しい顔で「ペン、、、」と言いながら
    首を振ります。
    赤ちゃんの時は見た目が違うことを知るのも
    勉強になりますね。きっと。
    そして、やはり大きい卵には心惹かれる
    ようですね。おっきい!と両手を広げて喜び、
    ページをめくれば、ぎゃおー!と
    かいじゅうの真似をして喜んでます。

    掲載日:2014/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子が釘づけ

    頁をめくるたびにさまざまな形や大きさの卵からいろんな動物のあかちゃんが生まれてきます。「でておいでよ〜」が好きです。変わった鳴き声も楽しめるし、カラフルでダイナミックなイラストに息子の目は釘づけです。初めて読んだのは息子が1歳になったばかりのころでしたが、内容も楽しいので、長く読んであげられそうです。

    掲載日:2014/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 巨大なたまごから

    「たまごのなかでかくれんぼ」という表現が、なんともかわいいなぁと思います。「でておいで」というと、ニワトリやかめ、ペンギンなどなど、かわいい赤ちゃんが次々と生まれてくるのです。
    いろんな大きさや形の卵があるので、このたまごからはどんな赤ちゃんが出てくるのかな?と予想するのもまた楽しいです。
    遠目にきく絵なので、大勢への読み聞かせにもピッタリ。子どもたちは、最後の巨大なたまごから大きな恐竜の赤ちゃんが生まれるシーンが大好きで、みんなニコニコ笑顔になってくれます。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどものとも

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子5歳、男の子3歳

    こどものともの2歳児向けセレクションで定期便で購入しました。このシリーズの特徴として、繰り返しがありますが、色(背景)や大きさが違う卵が出てきて、ちょっとクイズ形式で楽しめます。うちでは息子が、裏表紙のたまご(白い背景に黒の線で丸が書いてあるだけ)を床に置いてその上に座り込んで「う〜ん」と産んだり、乗っかって温めたりしています。その姿が面白いので、この本好きです。

    掲載日:2014/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しんでいます

    • キトリさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子3歳

    3歳になってからいただいた絵本。
    赤ちゃんっぽい絵本だけど楽しいかな??って思ったけど、十分楽しんでいます。

    たまごから何の赤ちゃんが出てくるか当てっこしたり、何匹いるか数えたり、3歳なりの楽しみ方をしています。

    この間は、「このたまごには、どうやって入ったの??」という難しい質問をされてしまい…

    色々考えながら見てくれてるんだなーって感心しました!

    掲載日:2013/10/08

    参考になりました
    感謝
    0

209件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / どんどこ ももんちゃん / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / くだもの / おへそのあな

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ


みんなの声(209人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
サイン本販売中