おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

おおずもうがやってきた」 みんなの声

おおずもうがやってきた 作・絵:西村 繁男
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1982年
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,101
みんなの声 総数 5
「おおずもうがやってきた」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大相撲の巡業風景

    大相撲の巡業風景ですが、若島津が出てきてとても懐かしい絵本です。
    横綱は北の湖でしょうか。
    テレビ中継では解らないこともいっぱい紹介されています。
    地元の人たちと交流し、相撲を理解してもらう、相撲巡業の楽しさ、お相撲さんたちの生活が良く解ります。

    掲載日:2017/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふるさととすもうと

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     絵本の中でのはなしなのに、表紙からまるで自分自身がその中の町に住んでいるかのように思えるほど、楽しめる絵本です。若島津関が大きく取り上げられているので、種子島の巡業相撲ですね。
     西村さんのほのぼの絵は、相撲のふれこみから土俵づくり、けいこ、まわしのしめかた、呼び出し太鼓と事細かく描かれていて、こどもと一緒になって、すもうをすみからすみまで見尽せます。仕舞いは会場の取り壊し風景まで!土俵の向こうに、この町の自然、山と海がやさしく描かれていました。感激です。
     娘は言いました「おすもう、みにいこうね、いつか」と。感謝。

    掲載日:2013/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすもう大好き

    娘が2歳の頃に両国国技館に観に行ったほど、私も娘もお相撲が
    大好きです。
    だから図書館でこの絵本をみつけた時、これはぜひとも読んであ
    げねば!と思いました。しかも描いているのは最近とても気に入
    っている西村さんではないですか!西村さんはこういった文化や
    風土みたいなのを描くのが本当にうまいなあと思います。

    地方巡業のお話だったのですね。だから国技館で行われたものと
    は若干違ったのですが、基本的なこと・・どひょうづくりとかま
    わしのしめかたとかとても勉強になりました(土俵を作ったり、
    まわしをしめたり、たぶんこの先しないとは思いますが。笑)。
    おすもうさんはみんな「せきとり」と呼ぶのかと思っていたので
    すが強いおすもうさんのことだけそう呼ぶというのも初めて知り
    ました(観に行っているくせにね)。

    朝潮かな?北の湖かな?と思えるおすもうさんもいて、楽しかっ
    たです。リアルタイムで読んでいたらもっと楽しかったかな?
    まちのグラウンドの風景が屋久島の空港の風景に似ているなあと
    思ったのですが、「このしまでうまれた、わかしまづ」のくだり
    があったので、屋久島でなく種子島の風景だったのですね。近い
    から似ているのだなあ。いい線いってた自分がちょっとうれしか
    ったです(笑)。

    おすもうさんの力強さや、観客の熱気が伝わってくるようでいい
    なあと思いました。

    掲載日:2010/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしかったです

     この絵本は私が小さい頃によく読んでいました。
     30年ぶりにこの絵本のことを思い出し、なんとか入手し、読むことができました。
     おおずもうの詳しいことが丁寧に書いてあり、小さい子供が読んでもよくわかると思います。
     とってもいい絵本だと思います。

    掲載日:2009/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 相撲好きのお子さんに是非!!

     古い絵本ですが、子どもの時大好きで大好きで何度も繰り返しよんでいた本です。今は、手に入りませんが図書館に行けば見つかると思います。

     時代背景も昭和40年代くらいでしょうか?島にお相撲がやってくるお話で、ふれだいこや土俵のつくり方、なかなかテレビだけでは分からない、練習風景やまわしのしめかたなど、細かく絵で解説してくれるので、お相撲さん大好きの子どもにはたまらない一冊になると思います。

     うちのチビッコは、寒い冬でもお風呂から出るとお父さんにまわしをしめてもらって、お相撲していますよ。風邪をひかないかどきどきしますが、気分は横綱みたいです。しこもふんで兄弟で相撲大会です。

    掲載日:2007/01/28

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『夏の日』『ゴムの木とクジラ』 <br>白鳥博康さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット