キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

まりこちゃんのぼうし」 みんなの声

まりこちゃんのぼうし 作:市川 宣子
絵:西巻 茅子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\333+税
発行日:2000年04月
評価スコア 3.88
評価ランキング 30,674
みんなの声 総数 7
「まりこちゃんのぼうし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 一人読み初級に楽しく読める絵本。

    こちらの絵本の主人公まりこちゃんは幼稚園児,そういう意味でもこちらの絵本は幼児向きの絵本かも知れません。
    小学校1年生になったばかりの娘が,小学校にあったようで一人読みしてきました。
    一人読み初級の子供にも無理なく読める絵本で,一人でも読めた!という自身につながると思いました。娘の評価もおすすめど☆満点でしたので,楽しく読めたのだと思います。

    掲載日:2017/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼうしのヘンシンが楽しい

    春 幼稚園に行ったまりこちゃん 帽子を忘れていきました

    まりこちゃんの飼ってるかめのかめきちが幼稚園に届けに行くのです
    甲羅の上にのせて歩いていると かぜにとばされて・・・
    のねずみのぶらんこに、またとんでいきあひるのおふね
    ぼうしがヘンシンするところが楽しい

    みんなで幼稚園に届けて みんなと一緒に楽しく遊ぶ お話しの展開が優しくて 西巻さんの絵は春の楽しさを伝えてくれます

    ♪ まりこちゃんの ぼうしは いい ぼうし おともだちが できたいい ぼうし♪
    歌も楽しくて かわいらしいお話しでした

    掲載日:2014/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何回飛んでいくんだ?

    まりこちゃんの家には亀がいます。

    まりこちゃんが帽子を忘れて園に行ったので

    その亀が届けに行こうとするお話です。

    風に吹かれ、飛んで行くたびに別の動物が

    拾って、遊んでいます。

    そのみんなを引きつれて、園に到着します。

    つまり、亀の冒険みたいなもんです。

    話はよくあるお話のパターンなので

    そんなに楽しいと感じませんが、

    子どもはこういうの好きだと思います。

    掲載日:2012/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい気持ちになれる絵本

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子6歳、女の子4歳

    6歳と4歳の子供たちに読みました。
    登場人物のまりこちゃんは幼稚園児ですので、この絵本も小学生よりも園児向きかと思いますが、小1の息子も喜んで聞いてくれました。

    まりこちゃんのかめ「かめきち」が、まりこちゃんの帽子を幼稚園に届けに行くのですが、道中、何度も帽子が風に吹き飛ばされ、その度に仲間を見つけ、皆で幼稚園に辿りつきます。先生が門を開けてくれ、皆で仲良く遊びます。
    登場人物はどれも優しく、読んでいて優しい気持ちになれる絵本です。

    掲載日:2012/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどものとも

    こどものともが好きなのと西巻茅子さんの作品だったのでこの絵本を選びました。皆に愛されている主人公は幸せ者だと思いました。帽子がもたらす友達の輪に感動しました。一人でいるよりも皆で過ごす方が楽しい事を再確認させてくれる絵本でした。素晴らしい物を独り占めせずに皆で共有する姿にも感動しました。友達っていいな!と思える絵本でした。

    掲載日:2009/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • のんびりしたくなります

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    まりこちゃんが忘れていった幼稚園のぼうしを、まりこちゃんのペットのかめさんがもっていってあげようとするお話。途中で、いろんな動物たちがぼうしを気に入って我が物顔で使ってしまいます。

    でも最後は、動物たちみんなで幼稚園へ到着。ぼうしも、無事にまりこちゃんの元へ。動物たちも幼稚園に入っていっしょに遊びます。最初から最後までほのぼのした雰囲気が続き、まりこちゃんのぼうしが無事にまりこちゃんの手に届いたように、幸せも届けられたような気がします。

    掲載日:2007/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼうしを無事にとどけられるかな?

    • たまっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    幼稚園にでかけたまりこちゃんがお家に帽子を忘れていって、それに気づいたかめさんが幼稚園まで帽子を届けにいくお話です。
    途中 かぜに帽子がとばされてねずみさんがブランコにしていたり、あひるさんがお船にしていたり・・・。でも、無事にまりこちゃんに帽子が届けられました。そのあと、かめさんたちはまりこちゃんの幼稚園で楽しく遊びました。みんなとっても楽しそうに遊んでいます。「ねずみがブランコに乗っているね、トカゲが滑り台をしてるよ」と子供たちは喜んで絵を見ながらお話ししています。

    掲載日:2002/09/16

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お子さんと一緒に物語が楽しめる『音のでるえほん』

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット