ぴょーん ぴょーん ぴょーんの試し読みができます!
作・絵: まつおか たつひで  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「かえるが・・・ぴょーん」「こねこが・・・ぴょーん」ページをめくると次々にいろんな動物がジャンプします。くりかえしが楽しい絵本です。
はるとうちゃんさん 30代・せんせい

ぱぴぷぺぽ…の音の面白さ
 「ぴょーん」という音の面白さを改めて…

11ぴきのねこふくろのなか」 みんなの声

11ぴきのねこふくろのなか 作:馬場 のぼる
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1982年12月
ISBN:9784772100717
評価スコア 4.75
評価ランキング 647
みんなの声 総数 119
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

119件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 駄目といわれるとやりたいですよね

    私が子供の頃大好きだった「11ぴきのねこ」。息子に数度読んだのですが、あまり反応がよくなかったので購入しませんでした。
    ある日絵本ナビで、「11ぴきのねこふくろのなか」を発見。恥ずかしながら11ぴきのねこシリーズがこんなに出ていたなんて知りませんでした。皆さんのレビューを参考に一番笑えそうなこちらの本を購入してみました。

    ねこたちの前に次から次へとたて看板がでてきます。
    「はなをとるな」「はしをわたるな」
    すると、ねこ達は反対のことをしてしまいます。
    「たくさんあるから1本だけー。」と花をとり、最初にみんなをとめていたたいちょうもしっかり1本とってしまっているのも笑っちゃいます。そんな自分勝手で注意事項を守らない、11ぴきのねこ。
    とうとう化け物に捕まってしまいました。でもなんとか頭を使ってうまく逃げ出すことができ、家へと向かうねこたちの前にあらわれたのが、「わたるな」の看板。
    どうするんだろうーとドキドキして次のページをめくりました。

    ダメと言われるとやりたくなる子供の心理が良く描かれたユーモアたっぷりの1冊です。

    掲載日:2012/05/02

    参考になりました
    感謝
    2
  • 面白い怪獣の名前がきにいったよう

    • さけんさん
    • 20代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    四歳の娘と二歳の息子がいます。
    選んだのは四歳の娘でしたが、気に入ってよく読んでといってくるのは下の息子です。
    「はなをとるな」「はしをわたるな」等立て看板があるたびにねこ達は反対のことをしています。
    なにがあるのかな?次はどうなるのかな?
    と読み進み、うひあはに捕まってしまいます。
    あ〜やっぱり。そうなるんだな。
    と私は思いました。
    こどもは「うひあは、うひあは」っていうこの怪獣の名前が気に入ってずっといっています。
    なかなか思い付かない名前をつけると喜ぶんですね。

    掲載日:2011/10/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 馬場のぼるさん

    馬場のぼるさんの作品だったのでこの絵本を選びました。お馴染みの11匹の猫が主人公で親近感が湧きました。またもや楽しませてもらいました!11匹の猫はいつ読んでも元気をもらえます!主人公達のユニークな性格が大好きです!本当に仲間はいい物だなと思いました。何かあっても知恵を出し合って解決する主人公達はとても逞しくチームワークも抜群で素敵でした!何度も読みたくなる楽しい絵本でした。特に隊長が花を採る場面が好きです。

    掲載日:2008/11/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • こんなことにへこたれない

    はなをとるな、はしをわたるな、きにのぼるな
    こんな立て札をことごとく無視して進む11匹
    最後の「ふくろにはいるな」でウヒアハの策略に見事にはまってしまいました。
    毎日働かされ、へとへとのねこたちですが、
    こんなことにへこたれないのですね。
    今度はねこたちが作戦を練って怪獣をやっつけます。
    ちょっとざんこくじゃあないでしょうか。
    帰りは、立て札を無視しなかったですね。

    掲載日:2016/12/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • よいこのお手本

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    その気持ち、分かります。ダメって言われたらやりたくなっちゃう。言われなかったらそんなことしようなんて思わないのに。ことごとくダメ!をやってしまう11ぴきが楽しいです。
    11ぴきをつかまえた怪獣の名前「ウヒアハ」が息子には面白かったみたいで気に入っていました。ローラーひきをやってる姿は部活?と思えてきて私は笑えました。このままウヒアハの家来としてここにいるのかと思ったら、さすが11ぴきでした。まんまとウヒアハをだましてやっつけてしまいました。
    最後は、道路を「わたるな」をきちんと守った11ぴき。よいこのお手本にもなりました。

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいのかな・・・とハラハラ

    • ☆だ〜なさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子9歳、男の子7歳

    『はなを とるな』と書かれていても
    1つくらい・・・と取ってしまう

    『木に のぼるな』書かれていても
    気にせず木の上でお弁当を食べてしまう

    おきて破りの連続に、見ている子ども達も『えーっ!』と複雑そうな顔。
    苦笑いをする子も!

    驚きの展開にドキドキするものの、11ぴきのねこたちの団結力はさすが!!と思わされます☆

    掲載日:2016/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ダメっていわれるとしたくなる

    この絵本の色彩感覚が好きです
    育児書にはダメっていう言葉はよくないとありますが
    ついついダメって言っちゃいますね
    だって世の中は子供にとってダメな事があふれていますもの。。。
    ダメな事だからこそやってしまいたくなる
    そんな子供の心理をついた痛快なストーリー

    掲載日:2015/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 成長したじゃん、11ぴき!

    11ぴきのねこシリーズにどハマリ中の5歳の息子。

    馬場のぼるさんの世界は、おとこのこたちが魅かれてやまない世界ですね。
    ウヒアハという”ばけもの”がでてくるのですが、ウヒアハ、ウヒアハ。。
    声に出して読むだけで笑ってしまいます。
    姿もけっこうおしゃれさんでかわいいのですよ。(読んでからのお楽しみです)

    だめ!といわれると、したくなる心理。
    みんなで知恵をだしながら協力することの達成感。
    ユーモアいっぱいのドタバタ劇で、いつも懲りない11ぴきですが、
    ラストに成長した姿がみれて、なんだかほっこりした作品でした。

    掲載日:2015/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魅惑の禁止事項

    3歳3ヶ月の息子が、よくいく医院で読む本です。

    11匹のネコが、立て札に書いてある禁止事項を
    何度も破ってしまい…というストーリー。
    ウヒアハという怪物につかまってしまいます。
    そして…。

    子ども(特に息子)は「だめ!」ということをとてもやりたがります。
    花をとったり、木に登ったり、危ない橋をわたったり…。
    息子にも魅力的なことでしょう。
    でも、最後には力を合わせて怪物をやっつけて、
    最後に道路をわたらず、きちんと横断歩道をわたる11匹がいました。
    ちょっと教訓チックで私は「うーん」という感じでしたけれど、
    息子は楽しかったようです。

    絵の色使いがとても良かったですし、
    「にゃごにゃご」という台詞がかわいかったです。

    息子は立て札の言葉を自分も何度も繰り返していました。
    平仮名、読めるようになるかな??

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ダメと言われると・・・

    11ぴきの猫たちの行く先々に「花をとるな」やら「木に登るな」などの看板が立っています。
    猫達は全部無視して花をとったり、木に登ったりして楽しんでいるのですが、遂に袋に入るなの袋にも入ってしまって、・・・。
    ウヒアハに捕らわれて働かされるのですが、最後まであきらめずに11匹が力を合わせて脱出できて、一安心でした。
    子供も一緒で、「○○しちゃダメだよ。」というとだいたい、反対のことをしちゃっています。
    最後の道をわたるなの所は、きちんと歩道橋を渡っているので、もう懲りたんですよね。やっぱり痛い目にあわないとわからないものなんですね。

    掲載日:2014/06/25

    参考になりました
    感謝
    0

119件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / ねないこ だれだ / 11ぴきのねことあほうどり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • つばめこうくう
    つばめこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    つばめの飛行機で、南の島へひとっとび! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。


大声で泣いたことのあるすべての子どもと大人に贈る物語

みんなの声(119人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット