11ぴきのねこふくろのなか」 みんなの声

11ぴきのねこふくろのなか 作:馬場 のぼる
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1982年12月
ISBN:9784772100717
評価スコア 4.73
評価ランキング 1,044
みんなの声 総数 131
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

131件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 駄目といわれるとやりたいですよね

    私が子供の頃大好きだった「11ぴきのねこ」。息子に数度読んだのですが、あまり反応がよくなかったので購入しませんでした。
    ある日絵本ナビで、「11ぴきのねこふくろのなか」を発見。恥ずかしながら11ぴきのねこシリーズがこんなに出ていたなんて知りませんでした。皆さんのレビューを参考に一番笑えそうなこちらの本を購入してみました。

    ねこたちの前に次から次へとたて看板がでてきます。
    「はなをとるな」「はしをわたるな」
    すると、ねこ達は反対のことをしてしまいます。
    「たくさんあるから1本だけー。」と花をとり、最初にみんなをとめていたたいちょうもしっかり1本とってしまっているのも笑っちゃいます。そんな自分勝手で注意事項を守らない、11ぴきのねこ。
    とうとう化け物に捕まってしまいました。でもなんとか頭を使ってうまく逃げ出すことができ、家へと向かうねこたちの前にあらわれたのが、「わたるな」の看板。
    どうするんだろうーとドキドキして次のページをめくりました。

    ダメと言われるとやりたくなる子供の心理が良く描かれたユーモアたっぷりの1冊です。

    投稿日:2012/04/29

    参考になりました
    感謝
    2
  • 面白い怪獣の名前がきにいったよう

    • さけんさん
    • 20代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    四歳の娘と二歳の息子がいます。
    選んだのは四歳の娘でしたが、気に入ってよく読んでといってくるのは下の息子です。
    「はなをとるな」「はしをわたるな」等立て看板があるたびにねこ達は反対のことをしています。
    なにがあるのかな?次はどうなるのかな?
    と読み進み、うひあはに捕まってしまいます。
    あ〜やっぱり。そうなるんだな。
    と私は思いました。
    こどもは「うひあは、うひあは」っていうこの怪獣の名前が気に入ってずっといっています。
    なかなか思い付かない名前をつけると喜ぶんですね。

    投稿日:2011/10/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 馬場のぼるさん

    馬場のぼるさんの作品だったのでこの絵本を選びました。お馴染みの11匹の猫が主人公で親近感が湧きました。またもや楽しませてもらいました!11匹の猫はいつ読んでも元気をもらえます!主人公達のユニークな性格が大好きです!本当に仲間はいい物だなと思いました。何かあっても知恵を出し合って解決する主人公達はとても逞しくチームワークも抜群で素敵でした!何度も読みたくなる楽しい絵本でした。特に隊長が花を採る場面が好きです。

    投稿日:2008/11/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • ねこの習性そのもの

    • みいのさん
    • 60代
    • その他の方
    • 東京都

    禁止されたことをやってみる猫たちに、どこか人間味を感じるお話でした。
    また、袋の中に入ってしまうのは猫の習性そのもののようで、可笑しかったです。
    裏表紙を見てみると、木の上に隠れているのはあのウヒアハ?
    ウヒアハは猫たちが遠足に出発する時から、狙っていたんですね。

    投稿日:2019/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い♪

    遠足に出かけるねこたちの道中に「はなをとるな」「はしをわたるな」「木にのぼるな」といった立札が続きます。
    だめ、と言われるとやりたくなってしまう、11ぴきのねこらしい行動にやっぱり笑ってしまいます。
    途中でそのまま罠にはまり、それから脱出するまでの展開も面白かったです。

    投稿日:2019/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごい!

    すごいです。内容はもちろんよかったのですが、1番感動したのが…2019年4月で107刷発行!改めて11ぴきのねこは愛されているんだなと思いました。

    私が幼い時に読んだのは「11ぴきのねこ」と「11ぴきのねことあほうどり」でしたが、この絵本もおもしろかったです。子どもの頃にも読んだら間違いなくお気に入りだっただろうなと思いました。

    子どもってダメって言われるとしたくなるんですよね。ねこたち、最後は痛い目にあって気づけたんですね。とても大切なことを伝えてくれる素敵な絵本でした。

    投稿日:2019/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一致団結した逆襲がすごい!

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳

    ねこたちの前に次から次へと立て看板が出てきます。
    「はなをとるな」「はしをわたるな」、〇〇するなと言われれば〇〇したくなる子ども心を映し出しているようです。
    ねこたちの知恵を侮っていはいけない。彼らの逆襲シーンが見ものです。
    ひらがなを覚えて、簡単な文章を読み始めた娘にこの立て看板を読ませたりして、日本語の勉強にもなりました。

    投稿日:2019/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • なつかしい

    • ハルクンさん
    • 70代以上
    • じいじ・ばあば
    • 香川県

    これ、子どもが小さいときによく読んでました。シリーズで。なつかしい。知らん顔して、ひょうひょうと、悪びれずに、ちょっと悪いことをする11匹のねこたち。なんとかなるさ的な、大らかさが好きでした。もういっかい全部読んでみたくなりました。

    投稿日:2019/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白かった

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子3歳

    息子が幼稚園で読んでもらって面白かったと
    言っていたので、
    図書館で探してもなかったのですが、
    引越しして今度の図書館にはあったので
    早速借りてみました。

    面白かったです!
    人ってするなって言われるとしたくなっちゃうんですよね。
    11ぴきのねこもこれでもかっていうぐらい
    懲りずにして、最後うまく切り返すところがいいですね。

    投稿日:2019/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛らしいねこたち

    甥っ子と姪っ子が大好きな絵本です。
    注意の看板を少しだけならいっか、とどんどん無視する猫たち。あー悪い子ーだー!といいなが楽しそうに聞いています。
    特に、お花を頭にさして歩くシーンはお気に入りのようで、散歩中にタンポポなど見つけて真似していました。

    投稿日:2019/02/18

    参考になりました
    感謝
    0

131件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



似ているのはいや?自分やお友達の良いところを見つけよう

みんなの声(131人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット