あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

どんくまさんみなみのしまへ」 みんなの声

どんくまさんみなみのしまへ 作:蔵冨千鶴子
絵:柿本 幸造
出版社:至光社 至光社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1986年
ISBN:9784783401513
評価スコア 4.3
評価ランキング 13,138
みんなの声 総数 9
「どんくまさんみなみのしまへ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どんくまさん海を渡る

    純日本的絵本の「どんくまさん」が、南国のうさぎじまにたどり着く、不思議な感覚の物語です。
    表紙の絵が素晴らしいと思います。
    でも、南国でも雪国でもどんくまさんはやっぱりどんくまさん。
    やさしくて、行動がおぼつかなくて、失敗を成功に帰る不思議なキャラクターです。
    安心してみていられる絵本のベストシリーズですね。

    掲載日:2016/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏に読みたいどんくまさん絵本!

    今まで「どんくまさんシリーズ」を何冊も読んできましたが,こちらはとても新鮮に感じました!
    今回のお話は,みなみのしまでのお話なのです。
    青い海にたくさんのみなみのしまらしい果物たち,どんくまさんの格好も海の島らしくなり。
    まさに夏に読みたいどんくまさん絵本ですね!
    楽しいバカンスでしたね,どんくまさん☆

    掲載日:2016/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な表紙に一目惚れ

    どんくまさんシリーズを読み続けている中で、この絵本の表紙ほど目を奪われたことはありませんでした。普段山にいるはずのどんくまさんが海の中にいるのですら驚きなのですが、その海の中でのどんくまさんが、とっても美しいんです。そして、どんくさくない! そして話の中でも、とっても大活躍するんですよ。一晩もよく子供たちを守ったなと本当に感心します。最初はガリバーみたいな存在のどんくまさんで、どうなることやらと思いましたが、やっぱりどんくまさんの性格の良さは、みんなに分かってもらえるんですね。よかった、よかった。

    掲載日:2015/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんくまさんの水着

    マリンブルーの色が素敵です。ちょっと前(?)まで、夏だったのに、もう今は、冬到来みたいで急に寒くなりました。どんくまさん、泳ぎが得意なのかなあ・・・・・・・。内容も気になるのですが、私は、どんくまさんの水着が気になって仕方ない〈笑)皆で仲良くなって凄くよかったです!

    掲載日:2015/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしい

    優しさ いっぱいの絵本!
    どんくまさんも優しい。
    うさぎさんも優しい。
    絵も優しい。
    素直な心に触れられて、優しい気持ちになれます。

    こんな南の島で心を解放できたら素敵!
    忘れちゃいけない純真さ
    笑顔になれこと間違いないです。

    また、夏がきたら読みたいな〜

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泳いで来たのかな??

    どんくまさんシリーズの一冊です。
    お話の始まりはいきなり、どんくまさんが南の島にたどり着いた場面。
    え?泳いできたの!?と大人の私は気になってしょうがなかったのですが、どんくまさんの疲れ具合から察すると、泳いで来たんでしょうね。
    どんくまさんかなりお疲れの様子です^^;

    それはさておき、今回もどんくまさんの優しさをきっかけに、周りの動物たちにも優しい気持ちの輪が広がります。
    おおらかで心優しいどんくまさんはどこに行っても、自然と友達が集まりますよね。
    「どうぞのいす」でお馴染みの柿本幸造さんが描いた、南の海の中の様子。色とりどりの魚たちがとても綺麗です。
    シリーズでお勧めです。

    掲載日:2010/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歩いてきたのかな・・・?

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    縞々のちゃんちゃんこを着たどんくまさんがやっと着いたぁ〜って辿り着いたのは、うさぎさんが暮らす南の島。

    話を聞いている子供達は新しいどんくまさんのお話に興味しんしんで次のページをまっているのだけれど、
    ママはとってもとっても気になるの。だってどんくまさん船にも何にも乗ってなかったよね?大きいからって、海をあるいて横断してきたのかな??

    鮮やかな青がトロピカルなムードいっぱいで印象的な南の海。
    どんくまさんのやさしい心はここでもみんなに通じてにこにこ。
    長女は前半のはらはらから解放されてとってもうれしそうでした。

    掲載日:2007/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしい絵が素敵!

    どんくまさんシリーズ大好きです!なんといっても魅力は柿本さんのやさしい絵。でも柿本さんの絵ももう見れないかと思うと残念です・・・。どんくまさんはいつも失敗しますが周りのみんなに助けられ、どんくまさんの熊柄(?)もよく伝わってきて読み終わるとホッとします。絵本ナビにもたくさんどんくまさんシリーズが出てきたらうれしいです。

    掲載日:2006/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新しい土地で・・

    どんくまさんが、みなみのしまへ行きます。最初は恐がっていたうさぎ達も、どんくまさんの優しい心に気づき、みんな仲良くなります。この本は引っ越していく友人の子にプレゼントしたものですが、とっても絵が優しく、内容もいいものなので、オススメです。

    掲載日:2002/12/05

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット