しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

もりはおもしろランド15 もりのスパゲッティやさん」 みんなの声

もりはおもしろランド15 もりのスパゲッティやさん 作:舟崎 靖子
絵:奈良坂 智子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1996年
ISBN:9784033134000
評価スコア 4.54
評価ランキング 4,844
みんなの声 総数 12
「もりはおもしろランド15 もりのスパゲッティやさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 何だか大騒ぎ!

    スパゲッティで残したメッセージが

    ちょっとしたことでとんでもないことになり、

    何だか推理小説みたいになっていきます。

    手紙に書きのこすのではなく、スパゲッティで

    メッセージを残すろいうのがおもしろかったです。

    話の途中で森の地図の一部がでてきます。

    右往左往しているこぶたさんがかわいかったです。

    掲載日:2014/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • きのこ→あのこ

    もりのスパゲティやさんを開いたのは、新しく引っ越してきたこぶたさん。
    スパゲティの準備中に、大事なきのこが無いことに気づきました。
    ゆでたスパゲティで手紙を書いて、急いでスーパーへ行きます。

    いのししさんが、そのスパゲティをつまみ食いして、きのこが「あのこ」になってしまったから大変です。

    迷子を探して、森中大騒ぎ。
    みんな自分のことのように心配しています。

    最後は、無事にお店を開くことが出来て安心です。

    次は誰がどんなお店を開くのかなと、いつも楽しみになるシリーズです。

    掲載日:2011/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 字が読めるようになってから読みたい

    まいごの「きのこ」を探しに出かけるスパゲッティ屋のこぶたさん。
    手伝いに来てくれる はりねずみさんには、スパゲッティの麺でつくった置き手紙。
    「きのこがまいごです」の「き」の字の横棒1本と下の部分を
    いのししさんがつまみ食い。
    手紙だと気づいた いのししさんは、慌てて元に戻します。
    ただし、「きのこ」を「あのこ」にですが…。
    そして、もりは大騒動に。

    うちの子は、まだ完全にひらがなが読めないので、字がすりかわってることが
    分かりづらかったようです。
    一応、「こことここを食べちゃって、ここを足して〜」と説明しましたが、
    反応薄でした。
    意味が理解できるようになったら、探偵気分で面白いと思います。
    おいしそうだし、和気あいあいと楽しい感じなので、年長さん以上の
    子くらいにオススメします!!

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • スパゲッティの置き手紙!?

    うちの子たちはこのシリーズが大好き♪
    本当、このシリーズは、どれを読んでも楽しいです^^

    特に今4歳の息子が夢中で、裏表紙のもりの地図を見ては「これはこぶたのスパゲッティやさん♪」「これはたぬきのおもちゃやさん♪」と喜んでいます^^

    今回は、こぶたさんが書いた置き手紙(置きスパゲッティ?)をいのししさんがつまみ食いしたばかりに、問題発生!
    ハラハラしますが、最後は…♪

    「きのこが まいご」という文章にちょっと無理があるように感じましたが、お話が面白かったので、良しとしようかな?(笑)

    最後こぶたさんとあらいぐまさん、はりねずみさんが作ったおいしそうなスパゲッティーを見てたら、すごく食べたくなりました(笑)

    掲載日:2009/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • スパゲティー文字が・・

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    もりはおもしろランドのシリーズは、少し長いお話が平気になった次男の読み聞かせに、
    そして長男が一人読みするのに丁度いいので最近良く読んでます。

    この本は次男が「これがいいー」と持ってきましたが、実はまだ字を教えてないので・・謎かけの部分が難しかったようです。楽しんでたのは上の子のほうでした。

    運ばれた荷物にきのこが足りなかったことから起こったわけですが、「あの子」と「きのこ」の差は大きいですね。12時に間に合うように、もりの仲間の団結する場面がほほえましいです。
    ドキドキとスリルを味わいながら読みました。

    次男には字が読めるようになったら、また借りてあげようと思います。

    掲載日:2009/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今回も楽しませてくれます

    • ミトミさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子9歳、女の子8歳、男の子0歳

    このシリーズは毎回楽しくてあっという間に読んでしまいます。
    今回はいつも以上にハラハラ感があってドキドキしちゃいましたよ。
    時間に追われていたからなのかな?
    「オープンの時間に間に合うの〜?」と心配になってしまいました。

    でも最後は森の仲間達の助けがあって、
    本当にこの森の仲間達は素敵です。

    毎回素敵な森の仲間達に出会えますよ。

    掲載日:2008/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • はらはら!!

    訪問先の保育園の子どもたちがお店屋さんをするというので
    一緒に楽しみました。
    今回はスパゲッティやさん!子どもたちがやってみたいお店屋さんの
    好捕にも上がってて、子どもたちは目を輝かせて聞いてくれました。

    スパゲッティに使うおいしそうな食材から、
    「なすのスパゲッティもつくるんだ!」
    「チーズとろとろのも作るのかな?」
    どんなスパゲッティができるのか楽しみにしてる
    子どもたちでしたが・・・
    わ〜!!大変!!事件が起きました!!
    この事件がちょっとした間違いから、森中が大騒ぎになってしまって
    子どもたちもはらはらドキドキが止まらない様子で
    「ぶたさん、ピザやさんはここにいるよ!」
    「大丈夫だよ!」事件の行方我気になる様子。
    さあ、ちゃんと解決したかな?
    スパゲッティやさんって、楽しそうだね〜。
    おいしそうだね〜。というお話しではないので、お店屋さんをする
    子どもたちにはどうかな?と悩みましたが、
    子どもたちの方は、こんな風にちょっとした
    ハプニングもお店をする上でたのしい事。とかんじたらしく
    ますますお店屋さんに興味を持ったようです。
    それに、友達のピンチを助けてくれる友達の存在も
    温かく感じることができて、みんなで助け合いながら
    いろんなお店を作るようですよ。

    掲載日:2008/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何か起きそうな予感

    息子が毎日借りてくるシリーズです。

    今回は、新しくできたスパケッティ屋さん。

    メニューに必要なきのこがなくて、手紙だけを残して、スーパーへ行ってしまいます。

    手紙が、ゆでたスパゲッティということで、何か起きそうな予感しませんか?

    そう一部が食べられる。

    「きのこ」が「あのこ」になって、森中で「迷子のあのこ」探しが始まります。

    「き」と「あ」の字の変換をよく考えつきましたね。毎回、謎解きの要素があって、息子も楽しいみたいです。

    メニューは3つで、どれもおいしそう。こんなスパゲッティ屋さん行ってみたいなと思います。

    掲載日:2008/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食べられる手紙

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子10歳、女の子8歳

    小学2年の娘がはまっている『もりの・・・』シリーズ。
    今回はこぶたのスパゲッティ屋さん。
    こぶたさんが書いた、食べられる手紙のせいで、
    もりじゅうは大騒ぎに・・・。
    娘はいろんな店を探しながら、
    このおはなしの結末はどうなるんだろう?とワクワクしていました。
    地図を見ながら、
    娘「まだまだ読んでないお店がたくさんある。」と
    楽しみになったようです。

    掲載日:2008/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • もりのシリーズ

    以前にも森のシリーズを読んだ事があってとても楽しい気分になれたのでこの絵本も選びました。今回の絵は舟橋さんではなかったですが、楽しめました。いつも登場する森の仲間が出てきて嬉しくなりました。新しいお店が森の中に出来るたびに小さな森がざわめき活気が出る様子が特に印象に残っています。スパゲッティーで手紙を書く今回の主人公は何というアイデアを持った人物だろうと感心しました。手紙を巡って話が展開するのがとても面白かったです。森のシリーズは本当に外れなしに楽しいなと今回もつくずく思いました。

    掲載日:2008/01/26

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット