十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

のはらクラブのこどもたち」 みんなの声

のはらクラブのこどもたち 作・絵:たかどの ほうこ
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2000年
ISBN:9784652008812
評価スコア 4.82
評価ランキング 190
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • のはらクラブのお友達は

    可愛くて個性的なお友達のみんなで、のはらクラブのお話を読んでいるとワクワクしました。そして、身近な草に少し詳しくなれます。
    私自身、知らないことだらけで読んでてへーぇと思うことばかりでした。
    そして、最後の最後、のはらクラブのお友達は実は・・・。驚いた〜。

    掲載日:2015/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • へー

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    のはらクラブのこどもたち。メンバーはみんな女の子のようですね。みんな草花の知識が豊富だなーと感心しました。私が詳しくないこともあって、へーと思うことばかりでした。
    ラストが予想していなかったので意外でした。でもすてき!

    掲載日:2015/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • お気に入り

    もともと たかどのほうこさんの作品は好きだったんですが
    このシリーズは野の草花をたくさん紹介しているので
    ちょっとお勉強色が濃いかなあ・・・と思って
    おそるおそる読んであげたら・・・!!
    すごくお気に入りになりました。
    のはらおばさん以外は登場人物が全て女の子だったからかもしれませんが
    身近にある草や花に目を向けることがなかった上に
    そんな草花には動物の名前が入った呼び名がたくさんあるんだっていうことに
    娘もビックリしたようです。
    草花を使っての遊びが紹介され女の子たちが楽しそうに過ごす様子に
    ついついお散歩に出たい気持ちになります。
    最後に女の子たちの正体が判るんですが
    娘にはピンとこなかったみたいで 何度も何度も「どうして?」と
    聞かれました^^;

    掲載日:2008/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後がまた素敵です^^;

    この絵本を読んだら、外に探検しに行きたくなっちゃうこと間違いなしです^^;
    ポカポカ陽気の春ならなおさらそんな気分になるのではないかと思います♪

    大人の私でも知らなかった野の草に関する情報が満載!!
    ねこじゃらしに別名があったとは〜とは、
    子供と一緒に驚いたりしちゃいました♪

    野の草について楽しく学べちゃう素敵な絵本でもあるのですが、
    最後の展開がまたまた素敵!!

    お友達のお名前がちょっと面白いなあ〜と思っていたんです。
    でもまさかそんな展開があったとは^^;

    さすがへんてこもりシリーズのたかどのさんだ!!
    と子供と共に笑ってしまいました♪

    挿絵が写真ではないので、実際なかなか野の草を思い浮かべるのは難しいかもしれませんが、
    植物の図鑑とか片手に読んでもGOODな感じでした♪

    掲載日:2008/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 野遊びがいっぱい

    野遊び実践がいーっぱい。それでいて物語性もあって、ラストのオチにほのぼのしちゃいます。

    4月になったら、園では散歩や野遊びをします。そうやって教えてもらった遊び方も載っており、娘は新しいのを早く試してみたいそうです。
    なんでもヒゲがやりたいそうで。
    どこにでも生えているような草での遊びばかりです。すぐ出来そうです。

    巻末にでも詳細な絵か写真での紹介があったらよかったのにな。
    娘は『まあちゃんのながいかみ』の人や!と言っていました。

    掲載日:2008/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 草花の知識が豊富

    のはらの好きなおばさんが「のはらクラブ」を作りました。
    野歩きをしながら草花のお話をする会です。息子が入園前に、野遊びができるサークルに通ったことがあります。内容的にもお話に出てくるような感じだったので、読んでいて懐かしくなりました。

    このお話、子どもたちが草花の知識が豊富で驚きました。こんな風にお友だちから草花のことを紹介されたら、よく頭に入るだろうなと思いました。

    ジャンル的には幼年童話に入るのだと思いますが、コンパクトなサイズなので、図鑑の代わりに、お散歩や野遊びに持って行くといいなと思いました。

    図鑑ではなくて、実際のお話の中で草花のお話を知ることができます。とても興味深く楽しいお話です。

    掲載日:2008/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 野原に出かけたくなっちゃう♪

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳、男の子9歳

    みんなが知っている身近な植物がいっぱい出てきます。
    見たことあるけど名前は知らない…とか
    名前は知ってるけど 名前の由来はこんなだったの〜とか
    この草で遊んだことあるよ…でも他にもこんな遊び方があったのか〜
    なぁんて盛り上がること請け合い☆の絵本だと思いました。
    そして…
    子供たちと野原に出かけたくなっちゃう絵本…だとも思いました♪

    掲載日:2007/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供とこんな散歩がしたいな

    • ぽた子さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    散歩好きで草花が大好きな子供達にと思い、読んでみました。

    のはらおばさんの企画した散歩の会に集まった子供達。
    歩きながら、道に生えている草花を見て、
    それぞれの子が、「私、この草(花)のこと、話したーい」と話をはじめるのです。

    しばらく読んで、小学生の息子が、
    「あれ?自分の名前と選んだ草花の名前が似ているような・・・」
    うーん、それは、なかなか子供達の秘密に迫る良い意見ですね。
    (最後に、秘密は分かります。)

    娘は、子供達の説明する草花の名前の由来等を、とても楽しんで聞いていました。
    動物の名前がついた草花が、意外と多いことに、驚きました。

    なんだか、散歩がしたくなって来ました。
    道端に何気なく生えている草花の名前の由来を語りながら歩いたり、
    生えている植物に季節を感じたり、そんな散歩が子供と出来たら素敵ですね。

    掲載日:2007/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 植物図鑑絵本

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子11歳、男の子8歳、男の子6歳

    厚さが1センチ位の、童話に近い絵本です。
    野原の好きな のはらおばさんが、子ども達を集めて野原を散歩する「のはらクラブ」を作ります。当日集まった子ども達は、それぞれ誰かに似ているような・・・。
    みんなはお散歩の中で、鳥や動物の名前のついた植物をたくさん見つけます。どの植物にも、妙に詳しく説明する子どもが一人ずついます。
    お話の中で、面白く、思わず「ほほう!」と感心してしまうような説明がされているので、読んでいる方も楽しく植物のことを学ぶことが出来ます。お話の本当の目的は「植物のことを学ぶこと」ではないと思うのですが、お話の楽しさと共に学ぶこともできて、まさに一石二鳥です。
    少人数で、じっくり絵を見ながら読むことをお薦めします。

    掲載日:2006/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今一番のお気に入り!野原が身近になります

    誰がなんと言っても、今一番のおすすめ!この本を読むと野原が急にとっても近くに見えてきます。野原とお友達!そんな気になれます。野原の好きなのはらおばさんが楽しいことを思いついて、木にポスターを貼るところからお話がはじまります。のはらクラブのお散歩の集いの案内です。すると、そこには、すずちゃん、カーラちゃん、こんちゃん、みいちゃん、わこちゃん、もこちゃん、めいちゃんというお友達が集まってきました。ここにこうして名前を紹介したくなるくらい、それぞれの仲間に意味があるのです。読み終えるとふぅぅんと、みんなの存在が、お話が、名前が野原をとても身近にさせてくれたことがわかります。加えて草花の名前の由来がわかり、似ていてちょっと違うものがなんとなくちゃんと違って見えてきます。野の草花にまつわるウンチクを絵本から学ぶと言う感じかな? この本を読めば、普段の散歩道にもっともっと目がいきます。こういうお話をもっともっと子供と一緒に読んで行きたいなぁと思える本です。とにかく、今一番のお気に入りです。小学校低学年のお子様くらいの方が自分でも読めていいかな。大人の方にもおすすめです。

    掲載日:2003/01/23

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くっついた / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.82)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット