雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

さんびきのくま」 みんなの声

さんびきのくま 作:神沢 利子
絵:さとう わきこ
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1996年8月
ISBN:9784577015612
評価スコア 3.6
評価ランキング 31,258
みんなの声 総数 4
「さんびきのくま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 読み比べも面白い!

    イギリスの昔話でもある「さんびきのくま」のお話は,たくさんの絵本が出ているので読み比べて見るのも面白いですね。
    それぞれの文章やイラストで雰囲気や味わいも違うので。
    こちらの「さんびきのくま」は「ばばばあちゃんシリーズ」でも有名な方が描かれたイラスト,どんなくまと女の子なのか,せひ開いてみてください(笑)。

    掲載日:2016/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても不思議な感じ

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、女の子0歳

    私は読んだことがなかったのですが、
    保育園ではおなじみの、有名な絵本だったみたいです。

    女の子がくまの一家のおうちに入り込み、
    くまの子供のおかゆを食べ、
    ベッドに入って寝てしまいます。

    ハラハラワクワクする事件が起こるわけではないのですが、
    なぜか惹きつけられていきます。

    そして最後に逃げていった女の子。
    なんだかとっても不思議な物語です。

    掲載日:2012/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 逃げる おんなのこ。

    「さんびきのこぶた」の話はよく聞くけど「さんびきの くま」ってどうだったかな?って思って読んでみました。三匹のくまが朝のお散歩中に女の子が森の小屋を訪れます。するとテーブルの上には、おかゆの入った茶碗が三つ。小さなお茶碗のおかゆを食べてしまいます。寝室では小さなベッドで眠ってしまいます。そこへ散歩から戻ってきた熊達。女の子はビックリしてベッドから飛び起き逃げ出します。逃げる女の子、追いかける熊達。結局女の子は捕まりませんでした。・・・こういうお話だったんだ。
    女の子と熊たちがお友達になるかと思ったら、熊から逃げるところは現実的です。

    掲載日:2006/01/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふしぎな女の子

    3匹のくまの家族が散歩している間に、女の子がやってきて好き放題。おかゆをたべて、ゆりイスにのり、満足してベッドで寝てしまって…。そこに、くま家族が帰ってきたからさあ大変…!
    外国の昔話です。
    まず、森がかわいい!ポコポコ生えてるマッシュルームみたいな木々がとってもかわいくて、一気にたのしいお話の世界に連れて行ってくれます。女の子も、くまたちも、シンプルな表情で、安心して気持ちよくお話のリズムを楽しむことができます。
    いわゆる「昔話っぽく」描かずとも、十分に魅力的でおもしろいお話です。

    掲載日:2003/04/05

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット