だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

はらぺこおなべ」 みんなの声

はらぺこおなべ 作:神沢 利子
絵:渡辺 洋二
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1970年09月
ISBN:9784251006486
評価スコア 4
評価ランキング 18,462
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 食べすぎ

    ちょっと、このお鍋ばあさん、どこまで食べ続けるのだろうかと
    心配になりました。そして、ちょっと残酷・・・
    まさか、登場人物次から次に食べてしまうとは、
    お鍋とはいえ、怖かったです。
    底なし胃袋の鍋ばあさん、ちょっとかわいそうだと思いました。

    掲載日:2014/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 容赦ない食べっぷり!ちょっとこわい?!

    • ちいニャさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子10歳、男の子5歳

    絵本と児童書の中間かな。

    大きめの文字で、すべてひらがなで書かれているので5歳の子でも一人で17ページまで読めました。

    でもちょっと長めのお話しなので、一人で最後まで読むのは小学生になってからだろうなぁ。

    片手鍋のばあさんは、人のために料理することが嫌になり、自分のお腹を満たす旅にでます。

    ネズミをおどしてソーセージを奪い取ったり、キツネを丸のみしたり・・・
    色んな物を食べますが、なかなか満たされない。
    でも、おなべばあさんはどんどん大きくなっていきます。
    最後はクジラまで食べちゃった!!

    情け容赦ないおなべばあさんに、私はちょっと恐怖を感じました。

    でも、5歳の子は楽しんで聞いているようでした。

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • おぉ、素晴らしき食欲!

    • クマトラさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子1歳

    ‘ふらいぱんじいさん’を読んだばかりでした。
    子供が‘おなべだから同じ人が書いたんじゃない?’って
    とっても楽しみに読みました。
    次から々へと食べてしまう‘おなべ’の食欲に圧巻です。
    よっぽどそれまで溜め込んで働き続けてきたのでしょうか?
    終にはお空の果てまでご馳走求めて飛んでったようですが、
    あの夜空の柄杓がおなべばあさんだったなんて…(笑)。
    台所の片隅のおなべから、世界一有名なおなべに転身すれば
    もう飽き飽きすることなく、とびきり美味しいご馳走さえ
    見つける事も出来ますね。

    掲載日:2010/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • おなべのおばあさん?!

    おなべばあさんが料理ばかりしているのが嫌になり
    色々なものを食べようと旅に出ます。

    なんかこんなお話の感じふらいぱんじいさんに
    似てる?!と思ったら
    あとがきを読むとふらいぱんじいさんに続く
    第2弾のようです。
    どんどん色々なものを食べるこわ〜いおなべばあさん!
    「スゴイ!」と言いながら一生懸命子供達が見ていました。
    最後がどうなるか?
    と想像しながら読むと面白いですよ。

    掲載日:2009/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生命力が強い

    人のためにご馳走をつくるのが嫌になったばあさんおなべ。

    ばあさんおなべなのに、生きていくエネルギーがすごくて、何でもペロリと食べてしまうのは、「なんでもペロリ」というお話を連想しました。

    それにしても強欲というのか生命力が強いというのが、ばあさんの生き方には脱帽です。

    こんな強いおなべにはお目にかかりたくないものです。

    あとがきがとても興味深かったです。

    掲載日:2008/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • おなべが食べるなんて

    • み〜ままさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子5歳

    ふらいぱんといったら次はおなべでしょ〜と思って、
    ふらいぱんじいさんと一緒に借りてきました。
    このおなべのばあさん、次々食べていって怖いんです。
    食べて食べて最後は飛んでいってしまうってお話に娘もびっくり
    していたようでしたが(笑)
    神沢利子さんのふらいぱんじいさんも一緒に読むと、優しいおじいさんに
    強欲おばあさんのキャラが一層わかりやすく楽しめると思います。
    娘はおじいさんは優しいのにおばあさんはコワイね〜と言っておりました。

    掲載日:2005/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • おなべが食べる??

    • たまっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子3歳

    毎日おいしいごちそうを作るおなべばあさんは働くのがいやになって家出をしてしまいます。「わたしゃ たべてくらすのさ」そうなんです。おなべばあさんは、今度は自分がいろんなものを食べて暮らすんだって。おなべばあさんは、怖いくらいにいろんなものを食べました。めんどりにうさぎ、めうしなど・・。食べるたび体は大きくなって、とうとう最後に食べたものは?おなべばあさんはおおきな○○○を食べてお空に飛んでいってしまいました。初めこの絵本のを読んだとき「おなべが食べるなんて〜」と思ったけど神沢利子さんの最後のあとがきを読んでなるほど〜と思ってしまいました。あとがきもぜひ読んでみてください。

    掲載日:2003/05/23

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おふろだいすき / うんちしたのはだれよ! / ちびゴリラのちびちび

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット