おいしそうなしろくま おいしそうなしろくま おいしそうなしろくまの試し読みができます!
作・絵: 柴田 ケイコ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
たべものの中にはいったてみたら、どんな感じかな?

マルマくん かえるになる」 みんなの声

マルマくん かえるになる 文:片山 令子
銅版画:広瀬 ひかり
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2013年02月
ISBN:9784893095589
評価スコア 4.8
評価ランキング 316
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「ゆっくりだって いいんだよ」

    • R☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子10歳、男の子7歳

    おたまじゃくしから、かえるへと成長してゆく、
    マルマくんの“がんばり&あったか物語”です。

    成長の速さって、色々ですよね。人間の子どももそうですけど
    月齢が一緒でも、みんなが同じことができるようになっているとは限りません。

    マルマくんは、おたまじゃくしの名残りのおっぽがなかなか消えず、
    他の仲間のように上手に泳ぐことができません。
    仲間にバカにされ、泣いているマルマくんに、がませんせいがそっと手を差し伸べてくれます。
    そして、同じようにおっぽが残ったままで泣いていたキーヨくんとルビーちゃんも一緒に、がませんせいから泳ぎのレッスンを受けることになりました。

    がませんせい、本当に素敵な先生ですね。優しくて、あったかくて。
    「ゆっくりだって いいんだよ」
    「こまったことは すこしずつ すてきなことに かわっていくよ」
    これは、がませんせいの言葉です。
    どちらの言葉にも、マルマくんたちの成長を温かく見守る
    がませんせいの気持ちが一杯こもっていて、
    じんわりと私の胸にも沁み込んできました。

    困った時、手を差し伸べてくれる誰かがいる。
    がんばっている時、それを温かく見守ってくれている誰かがいる。
    それって、人が「成長」する時にも、欠かせない要素の一つだな〜って
    この絵本を読みながら再確認しました。

    楽しくがんばるマルマくんたち。
    どこかユーモラスな授業風景。
    のどかな池の様子。
    銅版画の美しい絵が、それらを何とも魅力的に表現しています。

    銅版画と言えば、色の無いイメージだったのですが、
    こんなにカラフルで美しい絵になるんですね!

    この春1年生になったうちの子が、最近にしてはめずらしく、
    何度も何度も「読んで♪」とこの本を持ってきます。
    彼も今、大きく成長しようとしている時期なんだろうな〜と思います。
    きっと子どもなりに共感できる部分が、
    この絵本の中にはたくさんあるのでしょうね♪

    掲載日:2013/05/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • ゆっくりって

    銅版画で描かれた、どこかのどかで美しい挿絵です。
    みんなは尾っぽがなくなってすいすい泳げているのに、まだ尾っぽがついている3匹のカエルちゃん。悲しむ3匹に、がま先生がわかりやすくそしてやさしく、かえるがどのように成長するのかを教えます。
    3匹は少しずつ、でも着実に成長していきます。3匹を見守るマダムかたつむりの「ゆっくりってすてきなことね」というセリフがとても素敵で胸に残りました。
    それにしても、うきわとすいちゅうめがねをつけた3匹のかわいいこと!何度見てもクスッと笑ってしまいます。

    掲載日:2015/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 学ぶことがたくさん

    6歳長女に読みました。

    おたまじゃくしからかえるへとなりかけて、まだおっぽがあるマルマくんというかえるのお話です。みんなにバカにされるマルマくん、キーヨくん、ルビーちゃん。そんな3匹にがませんせいがいろいろ教えてあげるのですが、がませんせいの「ゆっくりだっていいんだよ」「困ったことがあったら、しずかによく考えること。勉強すること、そうすると困ったことは少しずつ素敵なことに変わっていくよ」という言葉が、とても心に響きました。まるで私が教えてもらっているようでした。子育て中のお母さんにもおすすめです。

    掲載日:2014/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 水泳が苦手な子にもおすすめ

    他の方のレビューを読ませていただいて息子にも読んであげたいと思って図書館で借りました。

    1年生になってこくごもさんすうも友達より少し遅れ気味の息子。
    でも、4月から考えたらほらこんなに出来ることが増えたよ。
    すごいねぇ。がんばったね。
    そんな気持ちが届くといいなぁと思って読みました。

    状況によって、きびしく、やさしく、はっきりなど子どもたちの心をしっかり
    とらえているがま先生。尊敬します。

    こどもへのメッセージもたくさんありますが、育児、教育に携わる大人へのメッセージもたくさんあるように思いました。

    今度小学校の読み聞かせ会でも読んでみたいと思います。

    掲載日:2014/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鮮やかな絵と前向きなストーリー

    • IZUMIさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子3歳

    一年生、初回の読み聞かせの本を探していたところ、「ゆっくりだっていいんだよ」の言葉と、絵の美しさに魅せられて購入しました。
    苦手なことも楽しいことにかわる、ゆっくりだっていいんだよ。
    小学生になったばかりで、毎日登校するので精いっぱい、ひらがなもたしざんも、集中力もまだまだ足りないわが子へエールを送る気持ちで読んできます。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆっくりだっていいんだよ

    ゆっくり、ゆっくりの7歳の孫も今年から、小学校です。がませんせいのようなやさしい先生に担任になっていただいて日々頑張っています。「ゆっくりだっていいんだよ」「こまったことは、すこしずつすてきなことにかわっていくよ」がませんせいの素敵な言葉をお借りして私が孫に伝える言葉にしようと思いました。マルマくんは、キーヨくんとルビーちゃんと一緒に泳ぎのレッスンを受けることができてよかったと思いました。お友達がいるって幸せだと思いました。

    掲載日:2014/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆっくりでいい!

    絵本を開くとカラフルで少し大人な色合いの銅版画の絵が続きます。
    大人も楽しめる絵本だと思いました。
    おたまじゃくしの大きなしっぽが残り上手に泳ぐことが出来ず悩むマルマくんのお話。
    まわりのお友達に笑われても、優しいがま先生のもと大きく成長していく姿が息子と重なりました。まわりが歩きはじめている中、最近つかまり立ちとハイハイをしはじめました。成長が遅い息子をとても心配していた私ですが、ゆっくりゆっくりでいいんだよね〜それぞれペースがある!それをこの本が教えてくれました。

    掲載日:2013/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 銅版画・・・あじがありますよね
    とても丁寧な絵でとっても素敵です
    内容も、もちろん!
    とっても素敵なんです

    表紙の絵から
    「しっぽ」が気になります
    ページを開くと
    しっぽのあるかえるが
    泣いているのです
    周りのかえる達は
    ふんぞりかえったり、威張って見えます

    そこにはすバスに乗って現れたのが
    がま先生!!

    悲しい気持ちいっぱいのお友達を助けてくれて
    苦手な泳ぎを
    素敵なアイディアで
    丁寧に教えてくれます
    教えるーというより
    導いてくれる感じ

    素敵なグッズを羨ましがるいじめっ子達にも
    きちんと言い放ちます
    ユーモアもあり
    「かえるにクロールはむきません」(^^ゞ

    雨の日も素敵なんです
    マダムかたつむりの存在も素敵です

    そして・・・
    いつのまにかしっぽは・・・

    「がませんせい だいすき!」
    と、読み手も一緒に叫びたくなります

    先生達に読んであげたくなっちゃうかも(^^ゞ

    素敵な絵本です
    おはなし会で紹介してきま〜す!!

    掲載日:2013/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 綺麗な銅版画

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子11歳、男の子8歳

    銅版画の作品というふれこみがあって目に留まりました。
    とても素敵な色合いの版画ならではのテイストの絵本です。

    カエルになるのが少し遅くて、しっぽがあるために
    泳ぎがうまくできないオタマジャクシたちのお話です。
    先生もオタマジャクシたちも一生懸命でほほえましくなりました。

    最近は近くに池がないので、カエルになりかけのオタマジャクシを
    なかなか見る機会がないかもしれませんので、理科系の勉強にもなりますね。
    でも少しくらい何かの習得が遅くても全然大丈夫だよ。ということが
    作者からのメッセージなのだと思います。
    長男の成長がゆっくりで心配していた、幼稚園時代位に私が読みたかったです。
    春のこれからの季節に読みたい一冊ですね。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / かいじゅうたちのいるところ / きつねのホイティ / かさどろぼう / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『桃太郎が語る桃太郎』クゲユウジさん 岡村優太さんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.8)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット