十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

あめのひのくまちゃん」 みんなの声

あめのひのくまちゃん 作:高橋 和枝
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年10月25日
ISBN:9784752006398
評価スコア 4.43
評価ランキング 7,966
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 雨の日の魅力

    図書館から借りてきて、5歳と10歳の娘たちと読みました。

    雨の日にお散歩に出掛けたくまちゃん。
    くまちゃんは次々と雨の日の魅力を発見していきます。

    「あめのひって きれいだねえ!」
    「あめのひって ふしぎだねえ!」
    「あめのひって いつもとちがうにおいがする!」

    次々とくまちゃんが発見する雨の日の魅力に、
    「うんうん、そうだよね、そうなんだよね(^^)♪」とうなづきながら読みました。
    五感を研ぎ澄ませ、素直な心で感動するくまちゃんが素敵です。
    そしてくまちゃんの帰りを待っていた
    温かいお母さんの存在にほっとします。

    ほんわかとした温かい絵に加え、
    雨の日の音がとても優しく伝わってきて心地よいです。

    雨の日に散歩をしたがる次女とくまちゃんの姿がかぶって
    なんだかちょっとほっこりしました。

    いつ読んでも素敵ですが、
    雨の夜に読んであげたら、とても良い夢が見られそうです。
    温かい気分になれる一冊でした♪

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい雨の調べ

    くまちゃんが雨の森をお散歩。雨の景色、におい、音。すべてが新鮮で楽しい。
    キラキラ光る雨の情景が描かれています。

    くまちゃんは突然不安になります。暗い空。冷たい雨。さっきまでの雨とは感じ方が違います。

    お母さんに会いたい。急いで家に帰ります。
    冒険している時は夢中だけれど、突然思い出すんですよね。息子と同じ。

    そんなくまちゃんを心配して待ちつつも、暖かく迎えてくれるお母さん。

    自分の子供の頃を思い出しました。
    くまちゃんと同じように疲れて帰ってくると用意されていた温かいお風呂。美味しいご飯。
    いつも安心して帰られる家がある。
    特別なことではないけれど、幸せな思い出がよみがえってきました。

    掲載日:2015/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • きれいでふしぎでいつもとちがうにおいがするよ

    図書館のオススメコーナーで見つけました。
    ふんわりとした絵と語りかけるようなやさしい文章で、読んでいると気持ちもゆったりしてきます。
    特にくまちゃんの「おかあさん、あめのひってたのしいよ。きれいでふしぎで、いつもとちがうにおいがするんだよ」というセリフが素敵でした。
    雨の魅力をたくさん感じることができるので、雨の降る日にのんびりと親子で読みたいなと思いました。

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨の日の景色

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    普段の景色が雨の日だとたしかに違って見えますね。
    特に子供のほうがそう感じるのではないでしょうか。
    雨をきれいと言えるその感覚がとてもいいと思いました。
    梅雨は嫌だと腐るのではなく、こんな風に雨の日の良さを見つけたいですね。

    掲載日:2014/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨の日

    前頁試し読みで読みました。くまのこのように雨の日に雨の景色を楽しめたらやっぱりいいなあって思いました。私が気になったことは、くまのこがなかなか帰ってこないので、外であかあさんが傘を差して帰りを待っている姿に感動しました。当たり前のことなんだけれど、きゅ〜んとしました。おとうさんの存在が感じられなかったので余計に思ったのかもしれませんが、お風呂を用意していたり、あたかかい食事に癒されました。

    掲載日:2014/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨の日

    とても素敵な、雨の絵本だと思いました。
    雨が降っていると、いつもの景色も違ったように見えますよね。
    雨の音や、ぬかるんだ道、ぶるっと震える寒さなど・・・
    そんな風景の一つ日が、丁寧に描かれていたと思います。

    掲載日:2014/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい音とやさしい絵

    • さつつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子2歳

    誕生日にもらって以来1か月半、ほぼ毎日、しかも2回ぐらいずつは読んでいますが、いまだに「読んで!」と持ってきます。
    まったく飽きずに、最初はかえるさんのページが気に入り、
    次はりすさん、その次はおふろとズボン、、と
    止まるページも移り変わって行っています。

    ちょっと感動したのは、おうちにすたこら走って帰るページ。
    家の前で待っているのは、「ママ!」
    すたこら走っているのは、「○○ちゃん!」(自分のこと)
    自分がお散歩している気分なんでしょうか。一緒に楽しめて、暖かい気持ちになれる本です。
    同じ作家さんの本をほかにも読んであげたくなりました。

    掲載日:2014/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • きれいでふしぎな雨の世界

    • さえっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子4歳、男の子0歳

    くまちゃんの雨の日のお散歩を描いたおはなし。
    柔らかい色調の絵が、雨の日の雰囲気にぴったりです。

    雨の野原やお池に見えるいつもと違うきれいで不思議な景色。

    日が暮れてきて、急いで帰るくまちゃん。

    家に着くとお母さんがあったかいお風呂とごはんを用意して
    待ってくれている。

    子どもが日常で感じていそうな
    わくわく、ドキドキ、安堵感が描かれている気がしました。

    最後は、ベッドの中で雨の音を聞きながら
    くまちゃんが眠ってしまうところでお話が終わります。

    おやすみ前の読み聞かせにもおすすめです。

    掲載日:2013/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい雨ふり

     雨の日の野原、好奇心いっぱいの、くまちゃんがほほえましいです。晴れているときとは違う様子が、とても楽しそう。いろいろな発見がありました。
     
     雨の日は、外に出るのがおっくうになったりします。でも小雨で明るい時間だったら、さんぽにでるのもいいなと思いました。
     くまちゃんの黄色のながくつが、かわいいですね

    掲載日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨の音が聞こえてくるようです

    随分むかしに「くまくまちゃん」と出会い、大好きになった高橋和枝さんの絵本です。
    「くまくまちゃん」は家の中のお話ですが、この絵本は主に外でのお話なんですね。

    くまの子が、雨の中を歩く物語。
    文章が少なくスッキリとしていますが、それがかえって心地いい。

    文章の合間から、雨の音が聞こえてくるようです。
    大人になると雨の日は憂うつに感じがちですが、
    「そうそう、子どもの頃はこんな気持ちだったなあ」と思い出しました。
    家に帰ったとき、お母さんが少し心配そうに出迎えてくれる、あの嬉しい気持ちも。

    優しい雨の音に包まれながら、久しぶりに外を散歩したくなります。

    掲載日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット