十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ももたろう」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ももたろう 作:松居 直
絵:赤羽 末吉
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1965年2月20日
ISBN:9784834000399
評価スコア 4.8
評価ランキング 271
みんなの声 総数 97
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 昔話らしい昔話。

    お話も絵も昔話らしい昔話!という感じです。正統派です。
    桃太郎のお供を「さる、いぬ、とり!」と答えた息子に、こりゃ読んでやらねばと思い借りてきました。
    「知ってるお話だから」と全然興味を示さなかった息子ですが、宝を持ち帰らなかったり、さらわれたお姫様を助けたり、あとは桃が流れてくる時の擬音語など、知ってる話と違っている部分などには食いついていました。なんだかんだいった割には真剣にみていました。

    掲載日:2015/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読んでよかったっ。

    すっかり気に入った様子で、なんども繰り返し読み聞かせしています。
    いままで、昔話をちゃんと読み聞かせてなかったのですが、
    こんなに興味を示してくれるとは思いませんでした。

    あまりにも有名で私自身もよく知っているお話と思っていましたが、
    改めて読んでみると、最初から大きな桃が流れてきたわけじゃなかったのね〜とか、
    鬼退治に行くきっかけはカラスだったのか〜などなど、
    細かいところで、「あ〜そうだったんだ〜」と小さな発見もありました。

    掲載日:2015/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人も楽しむならこれ!

    言わずと知れた「ももたろう」のおはなし。このお話はたくさん絵本になっていますが、やっぱり赤羽末吉さんの絵で読みたくて、この絵本を選びました。
    勇ましくて正義感あふれたももたろうの姿。懐かしい雰囲気の山里の風景。鬼退治の場面の行きと帰りの対照的な描き方。どのページも絵が多くのことを語っていて、じっくりと楽しむことができます。大人が昔話を楽しむなら、この絵本はピッタリではないでしょうか?
    ももが「つんぶくかんぶく」流れる様子や、ももが「じゃくっ」と割れる音、きじやさるたちがお供になる繰り返しのくだりなどは、何度読んでも心地よい文章で、読んでも聞いても楽しい気分になります。
    鬼退治の帰り道、穏やかになった海を進む船をよく見ると、鬼が二人舵取りをしているのを発見しました。そうか、改心した鬼がももたろうたちをきちんと村へ送り届けているんだ、鬼って、怖いだけの存在ではないのかも?と思ったり。昔話の奥深さに感動しています。
    ただ、一緒に読んでいた娘は、鬼たちから宝物をもらわないところが納得できないようで、「鬼から宝物をちゃんと返してもらって、村の人に渡すんだよね」と言っていました。子どもには、鬼たちが村の人たちから取ったものを返してもらう結末の方が、わかりやすいのかもしれません。

    掲載日:2012/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 再度読み直し

    ももたろうってだれもが知っているようなお話ですが、ちゃんと読むと奥が深い。マンガチックなかわいいももたろう絵本もありますが、読んであげるならこのももたろうをおすすめします。昔から語り継がれてきた名作ならではの素晴らしい作品です。

    掲載日:2012/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「これは再話者と画家が、桃太郎の原型、あるべき姿を追求して作りあげた桃太郎絵本の決定版です。」
    と、出版社の説明にあるように、子どもがそれなりの年齢に成長したらこの「ももたろう」を絶対に読んでやろう。買って手元に残すのは絶対この絵本だと決めていました。
    5歳の娘は よく知るシンプルなストーリーを思い浮かべ、最初はなかなかこの絵本に興味を示さなかったのですが、一旦読み聞かせると、民話調の語り口調や、「つんぶくかんぶく」「じゃくっとわれて」など随所にちりばめられた独特の表現に、飽きることなく聞き入り、物語の中にぐんぐん入って行きました。
    読後はとても満足した様子でした。
    やはり、買ってよかった!
    4.5歳くらいから小学生におすすめしたいももたろうです。

    掲載日:2012/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 桃太郎らしい桃太郎

    桃太郎の本は世の中に山ほどあるのでしょうが、私は、いかにも日本の昔話、桃太郎といった感じのこの本が好きです。絵も昔話らしく、桃太郎の顔もりりしく勇ましい。

    桃が流れる「つんぶく かんぶく」や、桃を割るときの「じゃくっ」という音は、何となく違和感を感じて読みづらかったですが、これも昔話独特の表現かなと思います。

    掲載日:2011/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • きちんとした絵本を・・・

     数多く出版されている『ももたろう』の絵本。

     その中でも、子どもさんと楽しんでいただきたいのが、この『ももたろう』の絵本です。

     「家の子は、まだ小さいから、この内容はむずかしすぎる。」

     「文字数が多くて、読むのがめんどくさいな。」

     と、読み手のおやごさんのほうが少ししり込みしてしまう絵本かも知れませんが、子どもって、良い絵本はやっぱりわかるというか、一生懸命きいてくれるんですよね・・・。

     お話の内容が、すとんと胸に落ちるというか、納得するというか・・・。

     だから、お子さんには、良い絵本を与えていただけたらと思います。

    掲載日:2011/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知っておきたい昔話

    • くるりくまさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子8歳、女の子5歳、男の子2歳

    「桃太郎」のお話は昔話の定番です。だからこそ、子どもに読んであげるなら、原話に近いものを読んであげたいと思っていました。

    この「ももたろう」は絵は桃太郎は力強く、日本風なところが気に入りました。
    文の方も、「つんぶく かんぶく」という桃が流れてくる表現や、桃が「じゃくっ」と割れる様子などなど、子どもに聞かせたい表現になっています。

    大きくなったときに、子どもの頃に読んでもらったな〜と子供が懐かしくなるくらい、たくさん読んであげたいです。

    掲載日:2009/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ももたろうなら これ

    図書館の読み聞かせ方講習で、

    ももたろう を読んであげるならコレ!

    と一押しされました。

    たしかに いろいろな桃太郎が いましたが、

    いかにも 日本むかしばなし って感じでいい絵だな〜と思いました。

    掲載日:2009/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 良いもの選び

    • ミトミさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子9歳、女の子8歳、男の子0歳

    「ももたろ」の絵本は、多く出ているので迷いましたが、
    この本は、「おおきなおおきなおいも」の絵を描かれた
    赤羽さんの絵だったので選びました。

    このお話は、小さい頃からよく読んでもらいました。
    その頃は他の絵本を読んでもらっていましたが、
    この絵本を選んで、良かったと思います。

    絵の色合いが優しく、生き生きしていてるところがとても好きです。
    表紙の絵からも伝わってきますよね。

    赤羽さんは「国際アンデルセン賞画家賞」
    という賞を取られているそうですよ。

    そういう賞を取られているので
    こんなに優しくて親しみやすい素敵な絵を描かれるんですね。

    子供達が好きなページは、鬼ヶ島に向かう「ももたろう」たちの姿。

    荒れている海の船に乗っている「ももたろう」が、
    とてもかっこ良くて好きなようです。

    こういう長く読み継がれている絵本はいいものを選びたいですよね。

    掲載日:2008/10/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ももたろう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おふろだいすき / しょうぼうじどうしゃじぷた / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(97人)

絵本の評価(4.8)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット