おしっこちょっぴりもれたろう おしっこちょっぴりもれたろう おしっこちょっぴりもれたろうの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケさん、待望の最新刊! もれたって、いいじゃないか、ちょっぴりなんだから!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ぼくのおじいちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのおじいちゃん

  • 絵本
作: カタリーナ・ソブラル
訳: 松浦弥太郎
出版社: アノニマ・スタジオ アノニマ・スタジオの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年03月17日
ISBN: 9784877587604

A4変型判上製 33ページ

みどころ

『ぼくのおじいちゃん』というタイトルの本。
でもページをめくって始まるのは、おじいちゃんと隣人ライトさんのお話でした。

自由気ままにゆったり暮らすおじいちゃんと、時間や予定に追われる様子の働き盛りのライトさん。
主人公「ぼく」の目線で語られる文は、はじめから終わりまでほとんどおじいちゃんだけを話題にしています。

けれど、どのページを開いても片側でおじいちゃん、片側でライトさんの生活を映し出して対比しているのです。
働く大人が読めば、語られないライトさんの生活にこそ目がいってしまうかもしれません。

「わしも むかしは じかんを きにしていた」

作中に、おじいちゃんのこんなせりふがあります。
深読みがすぎるかもしれないけれど、もしかしたらライトさんの姿って、そのまま昔のおじいちゃんなんじゃないかしら……なんて思ったり。
考えをもう一歩追いかければ、これはおじいちゃんとライトさんの個人的な話というより、忙しい現代人への問題提起なのかも……なんて思ったり。

一方で、きっと子どもたちならごくありのままに「2人の違う生活をする人のお話」として受け止めるんだろうなあ、とも思います。
新聞の折り紙もアルバム鑑賞も、絵本の中のおじいちゃんと一緒に楽しめそう。
読む人の年代や置かれる状況で、何重にも意味が読み取れる絵本です。

読後、心に何かひっかかるものがあるとすれば、それこそがあなたの「いま本当にほしいもの」なのかもしれません。

2014年にボローニャ国際児童図書展で国際イラストレーション賞を受賞した、ポルトガル人作家のカタリーナ・ソブラルさんによる絵本。
日本語訳は雑誌「暮しの手帖」前編集長、松浦弥太郎さんです。

(てらしまちはる  ライター/こどもアプリ研究家)

ぼくのおじいちゃん

ぼくのおじいちゃん

出版社からの紹介

「ぼくの おじいちゃんの いちにちは、とっても たのしそう! 」
「ぼく」はおじいちゃんが大好き。いつも忙しそうなお隣さんとはちがって、ゆったりしているおじいちゃんの暮らし。「ゆたかな時間」ってどんなだろう?
ゆったり時間を過ごしているおじいちゃんの日常を孫の視点で描く絵本。いそがしく毎日を送る人や、普段絵本を読まない男性にも贈りたくなる絵本。ポルトガル人作家、カタリーナ・ソブラルらしい魅力的な色彩で描かれた版画調のイラストと、松浦弥太郎さんのやさしくユーモラスな訳文が響き合います。ポルトガル語の原書から現在11言語で翻訳、2014年ボローニャ国際児童図書展、国際イラストレーション賞受賞。

ベストレビュー

おじいちゃんも、かつてはライトさん・・・・

おじいちゃんのように定年後の生活をエンジョイできたら最高だと思いました。おじいちゃんもかつてはライトさんのように時間に追われていただろうなあ・・・・・・  私は、ライトさんのように忙しいのが好きなので、出来たら忙しい毎日がいいなあと思いました。おじいちゃんのいいところは、今の現状の生活を楽しんでいることだと思いました。どんな環境におかれても今を楽しむ自分でありたいと思いました。おじいちゃんを見習いたいと思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松浦弥太郎さんのその他の作品

日めくり弥太郎 日日のきほん / ジス・イズ・パリ復刻版 / ジス・イズ・ニューヨーク 復刻版 / アンリくん、パリへ行く / ジス・イズ・ロンドン 改定版 / ジス・イズ・テキサス



「誰もが誰かの大切な人」米国で人気のシリーズ第一弾

ぼくのおじいちゃん

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.64

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット