新刊
ちゅっちゅとこっぷちゃん

ちゅっちゅとこっぷちゃん(文溪堂)

「しゅぱっ」「とぽーん」心地よい音の響きを赤ちゃんと楽しむ絵本

  • かわいい
  • ためしよみ
ゆきのよあけ

ゆきのよあけ

  • 絵本
文: いまむら あしこ
絵: あべ 弘士
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,466

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2012年11月27日
ISBN: 9784494002689

B5判 26.6×19.1cm
32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

一面深い雪に覆われた夜の森。凍りつく寒さの中でひとりぼっちで雪の巣穴にうずくまっているのは野うさぎの子です。
恐ろしいきつねに襲われて逃げた夏のあの日から、おかあさんは戻ってこないのです。その時から、野うさぎの子は、ひとりで草を食べ、ひとりで眠りました。雪が野うさぎを寒さと危険から守ります。
しんしんと夜が更けていき、果てもなく暗い森に雪の白さだけがどこまでも広がっています。夜の雪の森はひっそりと静まりかえっています。その時…!
野うさぎの子が天敵であるキツネやフクロウの追跡から必死で逃げ、振り切って雪山のてっぺんにたどりついた時に迎えてくれたのは眩いばかりの夜明けのひかり。雪は輝きを取り戻し、森じゅうのとりがさえずりはじめます。野うさぎの子は体中に力がみなぎってきます。うしろ足で思いっきり強く雪をたたきます。とん!とん!生きる喜びのばくはつです!

緊張に張り詰めた冬の森の一晩の出来事。静かにひっそりと繰り広げられる生死をかけた動物たちの戦い。夜が明けた時の美しさと生きる喜び…。寒い北の大地でひとりたくましく生きる野うさぎの子を主人公に、この大自然の厳しさと美しさが凝縮した物語を静かに力強く描き出しているのはあべ弘士さんの絵。忍び寄るキツネとフクロウの恐ろしさには思わず息をのみ、明るくなっていく朝の景色に心の緊張が溶かされていきます。
どこまでも深く大きな森の中、唯一白い雪を味方にして、生きる喜びを胸に駆け抜けていく野うさぎの子の頼もしい姿。力強く生きてほしい、子どもたちの姿にも重ねて願わずにはいられなくなるのです。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ゆきのよあけ

出版社からの紹介

母うさぎとはぐれ、寒い北の大地でたくましく生きる、ひとりぼっちの野うさぎの子ども。
夜の森には危険がいっぱい。天敵のキツネやフクロウから必死で逃れ、ようやく迎える朝。
大自然の厳しさと美しさに抱かれて、野うさぎに生きぬく力がわいてきます。

ベストレビュー

雪が見守る、生きる姿

雪の夜の森で繰り広げられる、のうさぎの子の生きる姿が描かれます。
ずっと寄り添うのは、雪。
まるで見守っているかのようです。
夏にかあさんとはぐれた様子で、それから健気に自力で生きているのですね。
雪の静けさの中で、異変の音。
うさぎならではの耳が活躍です。
フクロウとキツネに追いかけられる様子はすごいです。
足を止めたその時が、のうさぎの子の命の終わり、という表現が印象的です。
まさに、生きる姿そのもの。
それだけに、無事逃げることができた後の夜明けが格別です。
雪の情景を熟知しているあべ弘士さんがじんわり伴走します。
小学生くらいから、生きる姿を体感してほしいです。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いまむら あしこさんのその他の作品

みんな みんな おやすみなさい / なきむし / お・は・よ・う / こぎつねボック / 紙芝居 かぜのこえんのはじまり / きかんぼねずみのクリスマス

あべ 弘士さんのその他の作品

よあけ / つきのばんにん / 灰色グマのワーブ / 動物なぜなに質問箱 / オサム / ギザ耳ラグ



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

ゆきのよあけ

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット