新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
ようこそ こどものけんりのほん

ようこそ こどものけんりのほん(白泉社)

「子どもの権利」をイラストでやさしく学べる絵本

  • 学べる
  • 役立つ
  • ためしよみ
あおいめのめりーちゃん おかいもの

あおいめのめりーちゃん おかいもの

  • 絵本
作: かこ さとし
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,210

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2014年02月
ISBN: 9784032063004

26cm×21cm/32ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

続きを読む

ロングセラー『あおいめ くろいめ ちゃいろのめ』の続きのお話。あおいめのめりーちゃんは、お買い物へ。何を買うのかな?

あおいめのめりーちゃん おかいもの

ベストレビュー

温かいお祝

めりーちゃんが、お母さんと一緒に買いものに出かける話。
何を買って、何をするかは、最後のお楽しみ。

2014年刊行。前作は1972年「あおいめ くろいめ ちゃいろのめ」。42年ぶりに続編を作った筆者は、後書きに、前作の時の状況と今回の違いを述べている。42年もたって、いろんな持病ができたり、「特に視野欠損」との闘いもあり、時間も手間もかかったのに、納得できる出来栄えにはならなかった…という。作者の努力もすごいが、長年たってから「続編が書ける」という珍しい機会を得たことなども素晴らしい。
いろんな人の思いや働きがあって、1冊の本が出来上がっているのだと実感。

わかりやすいお話で、最後はハッピーエンドでほっこりする。
特に事件も起こらず、ハラハラドキドキもしない世界だが、実はこのような平和で温かい家庭環境が守られていること自体が奇跡だと私は思う。ことに最近は「毒親」「親ガチャ」など、家庭崩壊や親族関係の悪化・陰惨な事件が多く報道されているし、「結婚離れ」も進んでいるとか。
家庭を持てば幸せになるというのが幻想にすぎないと、自分たちの両親や周囲の大人たちを見て、あるいは自分の仕事や生活・収入などの現実をみて、家庭を作らないと決める人も増えているという。

そんな最近の風潮とは全然違う70年代の作品。
それが今も読まれているのは、時代や人の考え方が変わっても、幸せを求める気持ちは変わらないからだと思った。
(渡”邉恵’里’さん 40代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

990円
825円
825円
990円
990円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

3,080円
2,915円
69,000円
1,320円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

あおいめのめりーちゃん おかいもの

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.42

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら