あかちゃん研究からうまれた絵本 かお かお ばあ あかちゃん研究からうまれた絵本 かお かお ばあ あかちゃん研究からうまれた絵本 かお かお ばあの試し読みができます!
作: 山口 真美 実験監修: 金沢 創 絵: ミスミヨシコ  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
0歳0ヶ月から読める、あかちゃんのための絵本。あかちゃんとお母さんの反応を実験して作られました。

とびっきりのともだち」 みんなの声

とびっきりのともだち 文:エイミー・へスト
絵:エイミー・ベイツ
訳:落合 恵子
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2016年10月01日
ISBN:9784776407652
評価スコア 4.43
評価ランキング 9,708
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵と言葉から読み取る気持ち。

    BL出版の翻訳絵本は じっくりと心に問いかけるようなものが多いと思います。
    落合恵子さんの訳ということにも興味を持って選びました。
    きみ と話しかけられる子犬。
    子犬に話しかける ぼくの心の中にある気持ち。
    「とびっきりのともだち」というタイトルが持つ意味合い。
    絵本でありながら そのことを考えながら
    じっくりと読みました。
    絵も言葉もじゅうぶん味わえるだけの作品だと
    大人の私は感じました。
    小さいお子さんや読む年齢層によって、
    この絵本から感じるものはちがうかもしれませんが
    難しさもあるかもしれませんが印象に残った絵本です。

    投稿日:2017/01/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 新しいともだち

    死んでしまった大のともだちのオスカーが心の中にいるから、小さな子犬との出会いを素直に許せない少年の、繊細な気持ちの変化がじんわりと染み込んできました。
    死んでしまったオスカーは、もう帰って来ないのです。
    でも、無理に忘れなくって良いのです。
    まずは、新しいともだちをオスカーに紹介するところから始めましょう。

    投稿日:2018/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少年は、子犬に、「きみ」って話かけた時からきっと子犬とお友達になりたいと心のどこかで思っているなあと思いました。「とびっきりのともだち」のオスカーは、少年にお友達をつくってもらいたいと思っているでしょう・・・・・  子犬との出会いで閉ざされていた心が少しずつでも癒されていったらいいなあと思いました。

    投稿日:2018/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  •  沈んだ様子の男の子に一匹のワンちゃんが近寄っていきます。一緒に遊んでほしいのです。でも男の子は、その気になれません。だって、男の子には、とびっきりの友だち、オスカーという犬がいるから。オスカーは死んでしまったけれど、でも、いまでも とびっきりの友だちだから・・・。

     それでも寄っていくワンちゃんを、男の子は少しづつ少しづつ受け入れていきます。一緒にいることで心が落ち着いていったから。小さいワンちゃんを守ってあげたかったから。そして、それはオスカーを忘れることではないと わかったから。

     男の子とワンちゃんが互いに寄り添うことで得られた、ぬくもり、あたたかさ、心地よさ、安心感を、絵本を読んで一緒に感じて、心の奥がじんわりと温かくなりました。男の子を静かに見守っているお母さんの存在もすてきでした。

    投稿日:2017/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心にジワジワきます

    図書館の新刊コーナーにありました
    かわいらしい表紙ですが、
    「とびっきり」という言葉に
    惹かれ
    すぐに手に取りました

    表紙を開いて
    からのスケッチ風の絵は
    表紙のわんちゃんではなさそうです
    大きくなった姿かな?

    こんなにかわいらしいわんちゃんは
    どうやらひとりぼっちのようです

    気になるのは
    男の子が、悲しそうなこと
    このわんちゃんのことは
    認めているけど
    「飼えない」ということを
    言い聞かせています

    どうして・・・?

    だんだん、わかってきます
    雷がよかったのかな?

    話すことで
    自分に言い聞かせたのかな?
    わんちゃんに語りかけたことで
    悲しいことを悲しい気持ちを
    自分だけ新しいお友達を受け入れていいのかどうか
    そんな複雑な気持ちを
    落ち着かせていくのかもしれません

    内面の心の動きと
    素敵で、愛らしいわんちゃんのしぐさで
    とても惹きつけられました

    最後のスケッチも素敵です

    優しい気持ちになれる作品でした

    投稿日:2016/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • じわじわと心にしみる

    表紙の可愛らしい子犬の表情に惹かれて手に取りました。
    海辺で遊ぶ男の子の足元に、小さな子犬がやってきます。その犬を見ながら、昔飼っていた「オスカー」という名前の犬を思い出します。
    はじめは「一緒にいられないんだ」と子犬に言っていた少年が、オスカーとの思い出を語るうちに次第に子犬を受け入れていく様子が、優しく静かに語られています。
    優しい色使いのしっとりした挿絵が、とても印象的でした。じわじわと心にしみるお話でした。

    投稿日:2016/10/27

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット