ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

ちいさいフクロウとクリスマスツリー」 みんなの声

ちいさいフクロウとクリスマスツリー 文:ジョナ・ウィンター
絵:ジャネット・ウィンター
訳:福本 友美子
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:2022年10月24日
ISBN:9784790254355
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,530
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • かわいい

    クリスマスではありませんが、表紙のかわいさにひかれて読んでみました。文は簡潔で、わかりやすく、絵はきれいです。そして、なんといっても、やっぱりフクロウ。かわいくて、目を奪われます。このお話が実話とはびっくりしました。こころあたたまるクリスマス絵本です。

    投稿日:2024/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • アメリカで本当にあったお話し

    クリスマス時期に小学校での読み聞かせの時間にこの本を読みました
    事実が淡々と描かれているので高学年のお子さんにもおすすめです
    作者あとがきに実際の出来事が詳しく書かれていますので、読み聞かせの後にあとがきも子供達に読みました

    家で絵本を読んだ後にロックフェラーセンターのクリスマスツリーについて子供と一緒に調べるのも面白かったです

    こちらと同じ題材の絵本があります
    『クリスマスのフクロウ森へかえる』です
    また違ったアプローチでフクロウに起きた出来事が描かれています
    家では両方の絵本を読み比べてみると面白いと思います

    投稿日:2023/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 興味ある実話

    森で切り倒した木を、大都会に運んでクリスマスツリーにしようとしたら、衰弱したフクロウが出てきたなんて、信じられないことです。
    それが実話だというのですから驚きです。
    その時人が行ったことは。衰弱したフクロウを回復させることと、自然界に帰すことでした。
    当たり前のことかも知れませんが、このフクロウが偶然の犠牲にならなくて良かったです。
    さり気ない話ですが、とても清々しい思いになりました。

    投稿日:2023/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実話のようです!!

    クリスマスツリーに本物の木を使うのは素敵なことだと思うのですが、まさかその木の中にフクロウがいたとは!
    そしてこのお話が実話だとは!!
    これは見守りたくなりますよね。
    温かくなるストーリーと素晴らしきクリスマスツリーを感じられる絵本に思います。

    投稿日:2022/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2020年11月の実話

    『THE LITTLE OWL & THE BIG TREE A CHRISTMAS STORY』が原題。
    「ほんとうにあったおはなし」というリアリティに惹かれました。
    2020年11月、アメリカのニューヨーク州の巨木が切り倒され、
    ロックフェラー・センターのクリスマスツリーになったのですが、
    その木に住みついていたアメリカキンメフクロウの成鳥まで運ばれたとは驚きです。
    しかも、逃げもせず、保護センターで保護されるなんて、レアケースです。
    それだけにクリスマスにぴったりな心がほっこりのエピソードです。
    淡々とした語りは愉快でいて温かく、福本友美子さんの軽快な訳出が素敵です。
    なまえはありません、のくだりは、日本人としては滋味深いですね。

    投稿日:2022/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハートウォームな実話

    森の大きな木にすんでいた小さなフクロウが、ある日突然、大都会に運ばれてしまった、、。保護されて元気になって、ほんとうによかったです。このお話が実話だったことを知りませんでした。小さなフクロウの表情がいいですね。ハートウォームなお話と、はなやかなツリーのイルミネーションの場面がクリスマス気分をあじわえます。あたたかみの絵にしみじみしました

    投稿日:2022/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひとと野生動物

    • もけこさん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子17歳、男の子13歳、男の子3歳

    やさしい絵に惹かれます。
    クリスマスに飾るのもいいですね。

    さて、お話はクリスマスツリーに飾るため、森で伐採し、300キロ離れた都会に運んだ木の中に小さなふくろうがいた。というもの。
    出会いは奇跡。
    このふくろうはやさしい作業員さんに見つけられたところから1週間後には自然に帰って行きます。
    相手を想い行動する人たちが関わり、自然に帰ることができました。
    相手が動物でも、人であっても相手を想い行動できる自分でありたいと思いました。

    投稿日:2022/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 高学年の読み聞かせに

    ニューヨークのロックフェラーセンターのクリスマスツリーで見つかった、小さい小さいフクロウと、そのフクロウを助けた男の人の、実際にあったお話です。
    シンプルな文章、イラストも遠目がきくので、大勢への読み聞かせにもぴったりだと思います。
    本当に起きたお話というのは、大きい子どもたちも食いつきがいいので、高学年の読み聞かせに使いたいなと思いました。クリスマスの頃に読みたいです。

    投稿日:2022/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさかあのツリーに

    世界一有名なクリスマスツリーと言っても過言ではないロックフェラー・センターのツリーに、小さいフクロウが住んでいて、そのフクロウが木と共にニューヨークまで運ばれてしまったなんて、とても驚きました。
    フクロウの立場からすると、突然住処を追われることになってしまい、迷惑千万な話ですが、それでも人間が保護をし、森に戻したと知りホッとしました。
    フクロウと人間の絆を描く美談に仕立て上げず、あくまでも事実だけを淡々と描いた点に好感を持てます。
    小さなフクロウが、新しい住処でも幸せに暮らすことが出来たなら良いな。

    投稿日:2022/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実話だそうです

    人間にとっては可愛いフクロウさんが元気になって良かった!でお仕舞いでも、このフクロウにはとんだ災難でしたね。ちょっと色々考えちゃいました。
    イラストはとにかく可愛らしいです。表紙もクリスマスムードがただよっていて素敵です。

    投稿日:2022/10/16

    参考になりました
    感謝
    0

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / 紙芝居 なぜ、クリスマスツリーをかざるの? / クリスマスのフクロウ 森へかえる

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット