しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ぽちっと あかい おともだち」 みんなの声

ぽちっと あかい おともだち 文:コーリン・アーヴェリス
絵:フィオーナ・ウッドコック
訳:福本 友美子
出版社:少年写真新聞社
本体価格:\1,600+税
発行日:2017年08月
ISBN:9784879816092
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,451
みんなの声 総数 43
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

43件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 雪原に二組の親子が

    小さな北極グマが主人公のお話しです。
    雪原で小さな人間(妖精かも?)の女の子に出会います。

    真っ白な雪の世界に、無垢な子どもの心が温かく描かれています。

    タイトルにもあるように、白のなかの一点の赤色やオレンジ色が、とても印象的な美しい絵本です。

    投稿日:2017/08/31

    参考になりました
    感謝
    2
  • 原画はどんな風に描かれているんでしょう。

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子17歳

    この絵本の絵は一つ一つがとても美しかったです。
    原画がどんな風に作られているのか、知りたいです。

    表紙に描かれている女の子が主人公と、思いきや、実はこの絵本の主人公はシロクマの子ども。

    表紙の女の子はもこもこのあたたかい服を着て、こんな雪と氷の地域に住んでいるのだから多分イヌイットの集落の子どもがモデルなのでしょう。

    クマの子とヒトの子のふれあい方や遊び方がとても自然で、
    素直に読めました。
    寒い寒い雪の日に、4・5歳から小学校低学年くらいの子どもたちに読んであげたいです。
    ただあまり大人数だと遠目がきかないページもあります。注意してください。

    投稿日:2017/11/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • あかいまえあし

    ママからはぐれてまっしろな雪のなか、出会った人間のおともだちをじぶんとおなじ四足歩行と思い込み「あかいまえあしをふっている」と表現したところがかわいい。あかいまえあしをもつなにかとは自分とは違ういきものの象徴であるが、少しの躊躇もなく相手に歩み寄るすがたに忘れかけていた純真な心がよみがえる。むじゃきに遊び、やがてお別れのときがきてもぼくには大好きなママがいたことを思いだす。
    どこにあっても、ママはあなたをみつけます。そして、もうぜったいにはなれないよ。ぽちっと小さな思い出とともにぼくはもうひとつママのことが好きになりました。

    投稿日:2018/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • まだ幼いホッキョクグマ ミキがぽちっと赤い手袋をはめた女の子と出会い、温かいひとときを過ごします。
    氷の上なのに、そして落とした手袋を探しに潜ったのは冷たい氷の下なのにこの時はとても温かくて、やはりお友達っていいなぁと思いながら読みました。そしてぽちっとあかいお友達のお母さんが迎えに来て帰って行きます。ひとりになったホッキョクグマ ミキ。お母さんを探すミキ。ホッキョクグマだから寒く、冷たく感じているはずはないのだけどやけに寒く、冷たく感じました。そして現れたミキのお母さん。ぎゅーっと抱きしめ合った姿はこの上なく温かく感じました。

    投稿日:2018/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい気持ちにつつまれる

    寒い冬の日にお母さんの暖かいひざで子どもに読み聞かせしてあげるならこの本がおススメ。
     きっとその子の心にしあわせが満ちてくるはずだ。
     しろくまの白と女の子の赤、雪と氷の冷たさと二人のふれあいからうまれる暖かさ。 一連の対比が幻想的に描かれている。
     雪深い福島に育った中学生時代、真っ白な雪のキャンパスに好きな人の名前をかいて心が暖まったことを思い出す。
    赤と白、二組の親子がぎゅーっとくっつく。
    どんなに寒い日でもこの絵本を読み返すと、ほっこり優しい気持ちにつつまれる。

    投稿日:2018/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ホッキョクグマの「ミキ」の視点で展開される物語。クマの視点で人を表現しているのが面白く、どんどん物語に引き込まれていきました。

    何者なのかわからない、言葉も通じない相手ともすぐに友達になってしまう純粋さ、友達が困っているときには、迷わず助ける勇気。
    ミキとおともだちの暖かい友情がキラキラと輝いて、真っ白な雪景色をよりいっそう美しく見せているように感じました。

    投稿日:2018/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • シロクマ目線のお話

    シロクマ目線から、人間の女の子の様子を描いた面白い視点のお話です。
    人間は大人も子供も明るい派手な色の服を着ている・・・ 
    だから遠くにいても分かりやすい。
    対して自分は真っ白。
    お母さん、何処にいるの・・・?
    そんな感じで、人間と動物の生きるための術の違いがほんの少し分かるような気がするお話でした。

    投稿日:2018/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママになったと実感しました。

    ホッキョクグマのミキがママから離れてお友だちと大冒険。「ぼくのママはどこにいるんだろう?」と氷の上に座っている姿を見てちょっと泣きそうになりました。読み終えた後、泣きそうになった自分にビックリするとともに「1年前にはきっと無かった気持ちだろうな。」とママになったことを改めて実感。忘れられない一冊になりました。

    投稿日:2018/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な思い出

    ミキちゃんは素敵なお友達に出会って素敵な思い出を作っていいなぁ。こんなことあったらいいのになぁとぼやいていました。娘が。
    私も同じ思いでした。読み終わったらなんだかほっこりしました。
    子どもはやっぱりいつでも誰とでも楽しく遊べる!

    投稿日:2018/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい!

    まず表紙の「ぽちっとあかいおともだち」の絵がとてもかわいいと思いました。紙の絵本の方はキラキラしているところに触れてみると、凹凸もあり素敵です。女の子も可愛いのですが、表紙をめくるとホッキョクグマのミキもとてもかわいいです!

    投稿日:2018/11/15

    参考になりました
    感謝
    0

43件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / 三びきのやぎのがらがらどん / 100万回生きたねこ / バムとケロのそらのたび / はじめてのおつかい / ともだち / ねるじかん / ノホホンむらのねこたち / いつか あなたが おおきくなったら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



SNS犯罪から子どもを守るために。友達思いなにわとりのお話

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット