ねずみくんのうんどうかい ねずみくんのうんどうかい
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
うさぎさんとかけっこをすることになったかめさん。「かてっこないよ」とこまっているとねずみくんとねみちゃんがやってきて……

にこにこばあ」 みんなの声

にこにこばあ 作:新井 洋行
出版社:えほんの杜
本体価格:\762+税
発行日:2017年07月21日
ISBN:9784904188453
評価スコア 4.54
評価ランキング 5,609
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 可愛い

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    全ページためしよみで読みました。

    子ども達が小さい時、新井洋行さんの絵本が好きでたくさん読んできましたが、久しぶりに絵本ナビを覗くとたくさんの新作が!
    こちらの絵本も期待を裏切らず、可愛らしい!
    赤ちゃんから楽しめる1冊だと思います。

    投稿日:2019/07/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい

    以前読んでおもしろかったシリーズなので、読んでみました。
    白色に他の色をまぜるとどうなるかが、とってもかわいい絵で描かれています。縦に描かれているのもおもしろいですね。小さな子どもたちが自然と色に興味をもてる内容でいいなあ、と思いました。

    投稿日:2019/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵の具あそびの前に

    いろいろばあシリーズの1冊ですが、今回はいろんな色と色を合わせるとどんな色になるのかがたくさん描かれています。青と白で水色、赤と白でピンクなど、子どもたちにも不思議だけど、わかりやすく楽しめる絵本だと思います。

    絵の具を始める前に絵本を読むと、期待を持って取り組める楽しいお話だと思いました(*^^*)

    投稿日:2019/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 白色メイン

    いろいろばあがとてもよかったので、こちらも手にとりました。
    前作2作品とは違い、背景が2色、白と黒に分かれているのが特徴です。
    白色を際立たせる為の演出かな?と思いますが、個人的には、前作2作品よりも読みずらい印象です。
    子供は喜んでいましたが、前作2作品の方がもっと喜んでいたかなと思います。

    投稿日:2018/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色に興味を持たせたいときの導入にも

    色んな色が登場します。
    そしてその色が混ざると何色になるかな??

    赤ちゃん絵本くらいに言葉は少ないけれど、混ざると何色になるかなというのは幼稚園児でもまだわからない子も多いかもしれません。
    でも白と赤でピンク、白と青で水色・・と色の変化の中でも簡単なものが中心です。

    文字数的には赤ちゃんからでもいないいないばぁ絵本感覚で楽しめますし、もう少し大きくなってからも更に一歩進んだ視点で色の変化ということも感じる事が出来る一冊です。

    絵の具の導入絵本としても良いかなと思いながら読みました。

    投稿日:2018/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色を学べるシリーズ絵本。

    「いろいろばあシリーズ」は以前にも何冊か読んできたので,新刊出たのだな〜と嬉しく思いました。
    色の混ぜ合わせを小さなお子さんが絵本を通して知ることのできる楽しいシリーズ絵本です。
    今回は縦に読むカタチになっているのですね。その色にあった表現のイラストもまた楽しかったです!ハートだったり星だったりと。

    投稿日:2018/02/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • フワフワとかわいいおかお

    色を混ぜる絵本でした。
    みんなの表情がかわいいですね。
    しろくんはにっこにこ しろくんと一緒になると
    みんな ふわっとやさしいですね。
    小学生の時、写生に行くと、白を混ぜない!!と先生に
    叱られました。ふわっとやさしい色になるのにね。
    白ばっかり減って困ったですが。
    色を混ぜるどんな色?のかわいい絵本ですね。
    クロくんはおこりんぼう、混ぜるとなぜかわかるかもしれない。

    投稿日:2018/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 白の魔法

    乳児・小さい子向けおはなし会用にセレクト。
    『いろいろ ばあ』『もっといろいろ ばあ』の続編です。
    なるほど、今度は白と黒がメインという訳ですね。
    シンプルですが、表情がズームされていて、奥行きが増しています。
    後半は白の魔法。
    白って、偉大ですね。
    もちろん、聞き手のにこにこも引き出してくれると思います。

    投稿日:2018/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろ遊び!

    全頁試し読みで読みました。初めは、白と黒のコンビで、白が、「いっくよー」で、にこにこ顔をしているのに比べ、黒は、「いやいやー」「えーん」tと泣いているので黒を贔屓する私には、とても気になりましたが、色が混ぜる段階で、「うとうとー」と、眠っていたのがいいなあと思いました。「いーれーて!」「いーいーよ!」青・赤・黄色の登場も親近感が沸いてよかったです。白・青コンビは、「こちょ こちょ」。白・赤コンビの「どきどきー」「ほわーん」白・黄色コンビは、わくわくーで、「きらきら きらきら」の終わりがとってもよかったです!1歳になった孫に読むのがとても楽しみになりました。いろ遊びで、混ざってどんな色に変化するのもとても役にたつ絵本だと思いました。

    投稿日:2017/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵の具のいろがまざって ばあ

    白と黒の色の絵の具  子どもたちは まだ 絵の具よりクレヨンで描くので 色の混ざりのことはあまりわかりませんが・・・・
    まざって ばあとでてくるところが おもしろくて
    あおとあかときいろも 仲間入り ここからは かわいい色の変化と
     
    あっ はっ はー!とみずがとびちるところはおもしろい

    私としては くろが 怒った顔にみえるのか・・・ちょっと 暗いイメージなんですね
    くろ色って 

    もう少し おおきくなったら いろんな色が混ざり合うと いろんな色になるのをもっと楽しめそうですね

    赤ちゃん絵本だからね

    投稿日:2017/11/22

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける


せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット