話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

ぼちぼちいこか」 みんなの声

ぼちぼちいこか 作:マイク・セイラー
絵:ロバート・グロスマン
訳:今江 祥智
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1980年06月
ISBN:9784032012309
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,557
みんなの声 総数 226
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

226件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 高学年から大人にも

    就職活動で苦戦している大学生が、この絵本を励みに頑張ったという話を聞いたことがあります。

    大阪弁と、きれいな色の、おしゃれな絵の、ミスマッチ的なところが、返って面白いです。

    一生懸命なのに失敗つづき、でも、めげないカバさんが、私もがんばろーと、思わせてくれます。

    投稿日:2017/10/05

    参考になりました
    感謝
    3
  • 私の心の支えです。

     以前幼稚園で働いている時に、子ども達によく読みました。3.4歳児は、あの大阪弁口調がたまらなくおもしろいらしくゲラゲラ大笑い!!5歳児になると子どもなりにつまづきや失敗で悩む事も多く、自分なりに頑張ろうと勇気づけられるようで、読み終わった後も本を広げて読んでいました。私は、時々頑張りすぎて苦しくなる自分に(ぼちぼちいこか)と語りかけたり、周りの方にプレゼントしたりします。頑張れ!!とハッパをかける事も時には必要ですが、『ぼちぼちいこう』という事も大切なんですよね・・・。 
    是非手に取って読んでみてください。

    投稿日:2003/09/01

    参考になりました
    感謝
    3
  • 体重の重いカバちゃん、何をしても体重が災いして失敗してしまい、どの職業もむかなそう、、、。でも、いいこと思いつくまでゆっくり昼寝してぼちぼちいきましょう、という内容。

    でも、海外作品の日本語訳なのに、面白いほどしゃれのきいた訳で、訳が本当に上手!まるで最初から日本語で書いたみたい。そして、関西弁の訳が、なんだかほのぼのしていて、とっても素敵。6歳の娘には簡単かと思ったけど、めちゃくちゃ面白い!と気に入って何度も読んでいました。

    投稿日:2014/04/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 失敗しても気にしない

    • はるたろーさん
    • 20代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子3歳、男の子0歳

    のほほんとした関西弁で書かれていて
    読んでいる方も慌ただしい日常を忘れさせてくれます。

    色んな事に挑戦して
    失敗しても悲しい顔をしないカバくんが素敵です。

    もう少し大きくなったら
    失敗しても気にしない、
    失敗を気にせず何にでも挑戦しなさい、
    と子どもに教えてあげたいです。

    3歳になりたての今は、
    「なんで壊れたの?」
    と質問してきて、話のユーモアがまだ分からないみたいです。

    でもなぜか何回も読んで欲しがります。

    投稿日:2014/04/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「挑戦する心」

    僕はこの絵本は、「そうなりたいのになれない自分」という、なりたい自分と、今の自分との間で葛藤しながらも成長していく年長クラスの子どもたちにこそ読んであげたいと絵本だと思います。

    主人公のかばさんは何をやってもダメで失敗の連続…。普通はこんなに失敗したら、誰だって落ち込んで自信をなくしますよね。
    でも、このかばさんのすごいところは、それでもあきらめずに次から次に新しいことに、どんどん挑戦していく強いチャレンジ精神を持っているところ!!
    そして、疲れてしまったところで、ハンモックで一休みしながら、「次は何をしよかな?ま、ぼちぼちいこか!ということや。」と、どこまでも前向きなところです!!
    そんなかばさんのように、強かに育っていってほしいと願いながら、子どもたちにこの絵本を読み聞かせています。

    ユーモアと楽しい関西弁で明るく、「挑戦する心」の大切さを伝えられる素晴らしい一冊です。

    投稿日:2010/10/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 早生まれの息子に・・・

    • 白ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    早生まれなのもあり、幼稚園で何をしても遅かったり負けてしまう息子。
    それもあり、「どうせダメだから・・・」と諦めてしまう所が目立ちました。
    そんな時に2歳頃にも読み聞かせたことのある、この絵本を思い出し、購入しました。

    何をしても失敗ばかりのかば君。
    でも、長々めげてはいません。
    それどころか、その失敗姿もユーモラス。
    関西弁でテンポよく進む話に、かば君のユーモラスな失敗に、息子はゲラゲラ大笑い。
    私は励まされる1冊です。
    「ぼちぼちいこか」、息子にもそんな気持ちで頑張ってもらいたいと思っています。

    投稿日:2010/09/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 内容については他の方の感想にある通り、失敗してもめげなくていいんだよ、のんびり焦らずマイペースでいけばいいんだよというメッセージを関西弁独特の味わいで伝えてくれるいい絵本だと思います。

    ただ、カバくんがいろいろなことに挑戦する、その結果が見開きですぐわかってしまうので、次はどうなるんだろうというわくわくが削がれてしまうのが残念でなりません。なぜこんな構成にしたんだろうと思います。
    私は関西弁で読み聞かせができるので、この絵本を使おうかと思ったのですが、結局、読む前から結果がわかってしまうんじゃなあ…と思ってやめにしました。

    投稿日:2002/11/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • うまく行かないときもある!

    • あさのこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子8歳、男の子6歳

    文字も少なく小さな子供でも理解しやすいと思います。大人も子供も、うまく行かないときがあるのは同じ。そんな時、ぼちぼちいこか、と大阪弁で語る口調に心が和みます。優しい気持ちになれ私も子供も大好きな一冊です!

    投稿日:2020/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • いまいち

    • るらはママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    私にはこの絵本の楽しみ方、味わい方がいまいちよくわかりませんでした。
    そのためか、あまりおもしろいと思えませんでした。

    このような絵本が評価される理由はわかる気がするので…
    私がひねくれものなのかもしれません。

    投稿日:2020/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 関西弁

    関西弁のイントネーションがよくわからず読んでいますが、三歳の子どもはゲラゲラ楽しそうにして読んでいます。カバが失敗する場面になんでー?と驚きながら笑ったり。カバがジャンプすると床が抜けたり、普段ありえないことが絵本の中で繰り広げられているので興味惹かれるみたいです。
    ぼちぼちいこか いい言葉だと思います。
    来年幼稚園に行くので、この絵本を通じて頑張らずほどほどでいいということが伝わってほしいです。

    投稿日:2019/08/30

    参考になりました
    感謝
    0

226件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / かみさまからのおくりもの / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ


【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

全ページためしよみ
年齢別絵本セット