キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

おまたせクッキー」 みんなの声

おまたせクッキー 作・絵:パット・ハッチンス
訳:乾 侑美子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1987年
ISBN:9784032024005
評価スコア 4.73
評価ランキング 958
みんなの声 総数 81
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

81件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 挿絵もストーリーも賑やかで楽しい

    親子でハッチンスの『ロージーのおさんぽ』や『ティッチ』が大好きです。こちらは初めて読みましたが、挿絵もストーリーも賑やかで楽しく、またお気に入りが増えました。
    小学校2年生の娘は、多少かけ算や割り算の概念が分るので、一人で読んで「おもしろかったー」と目を輝かせています。5歳の娘は、まだ計算はできませんが、くいしんぼうの性格からかクッキーが食べられるか心配でしかたがない様子。ハラハラしながらドアに目をやっていました。でも最後にハッピーなオチがあってホッ。「もう一回読んで!」と笑顔でリクエストしてきました。
    火にかけられたやかんや鍋の様子や、どんどん増えていく床の靴跡など、思わずにやっとしてしまう遊び心が満載で、大人も楽しめます。
    何度も繰り返し読みたくなる絵本です。

    投稿日:2012/04/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • いつ、何枚クッキーが食べられるかな?

    おやつに12枚のクッキーを食べようとしていた兄妹。「6枚ずつだね」と分けていると、玄関のベルが鳴り、2人友達がやってきました。4人で3枚ずつに分け、食べようとすると、またベルが鳴り、次々に友達が増えていって・・・。

    小学2年生の子供は、「食べる人が4人だから、え〜っと、3枚ずつだね」などと、計算しながら聞いていました。あと、兄妹、友達合わせて12人が集まり、クッキーを1枚ずつ分けて食べようとした、そのときにまた玄関のベルが鳴り、みんなに緊張が走る場面では、子供も「どうなるのかなぁ? クッキーを半分に割るのかな?」とドキドキしていたようです。(さて、ベルを鳴らしたのは誰でしょう?? それは、読んでのお楽しみ♪)

    計算のできない小さい子供には少し難しいのかもしれませんが、小学生の低学年程度の計算力で、十分楽しめます。(というか、ちょっと掛け算を習い始めた・・ぐらいの学力の子供が一番楽しめるのでは??) 実生活でも十分あり得そうなこの話に、大人の私もとても楽しめました。

    投稿日:2004/10/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • クッキーがおいしそう

    小さい頃、母によく読んでもらった大好きな絵本。クッキーが本当においしそうで、友達がどんどん遊びに来て、分け前が減っていく事にハラハラしました。
    絵がカラフルで描写が細かいところが楽しくて、棚のお皿や友達の持ってきたおもちゃも印象的でした。

    大人になってから、子どもに読んでいて新たに気づくこともありました。お母さんがずっと床掃除をしているのは、外が雨上がりでぬかるんでいるからかな、雨が止んだから友達が一斉に遊びに来たのかな、雨が降っていたからお母さんもおばあちゃんも家でクッキーを作ってたのかな…と、正解はわからないけど想像して楽しみました。
    大人になっても楽しめる素敵な本だと思います。

    投稿日:2018/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ロージーのおさんぽの 作者の絵本です

    おかあさんのやいてくれたクッキー  
    二人でおやつを食べようしました「 6つずつだね」
    おかあさんは 「おばあちゃんのクッキーはとくべつよ」と言った山野いて持ってきてくれましたとき
    ピンポーン
    お友達が二人 お母さんは 気持ちよく招き入れて 兄弟も気持ちよくクッキーを4人で分けることに 「3つずつ」  割り算ですね
    また ピンポーン お友達がふたり 6人 
    さあ 2つずつ食べようとしたら またまた  ピンポーン 
    こんどは 4人のお客さん 12人 一枚ずつ食べようとしてたら また ピンポーン
    子どもたちの表情がおもしろい 
    表表紙は ドアからのどいてる みんなの顔がちょっと不安そう(ニンマリ)  
    誰がやってきたか?   あなたには分かるでしょう 
    ホッ!
    おばあちゃんが  クッキーをたくさん持ってきてくれたのだものね
    みんなで分けて食べる   しかも平等にね!

    おばあちゃんの美味しいクッキー食べてみたいで〜す

    子どもたちの 優しさ お母さんや おばあちゃんの優しさが  
    心を和ませてくれる ステキな絵本ですよ!

    あなたにも お薦めの絵本です

    投稿日:2018/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルで低学年の読み聞かせで盛り上がります

    • うんぺーママさん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子16歳、女の子13歳、女の子10歳

    小学校で読み聞かせのボランティアをしています。小学1〜3年生のクラスに入るときにはこれをよく読んでいます。
    お母さんが焼いてくれたクッキーを食べようとしたら、お友達がやってくる・・・という流れなのですが、どんどん増え続けるお友達に、子どもたちも「えーーーー!!」と思わず声をだして反応してくれます。
    また、クッキーの数が非常に気になる話の流れなので、少し算数のお勉強にもなります。総数は書かれていないのですが、何個ずつ分けられる・・・といった表現から、子どもたちも想像して3個ずつだ・・・とかいいながら聞いてくれます。シンプルな内容ですが予想以上に盛り上がります。

    投稿日:2018/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • クッキーを皆で仲良く分けて食べようとしていたら、ピンポン!とベルがなって、一人一人と次々に友だちの数が増えていきます。
    それにともない、クッキーの分け前が、どんどん減っていき…
    とうとう、クッキーより子どもの数が多くなってしまいます。

    ところが…最後にやってきたのは???

    ドキドキして、ホッとするお話です。

    投稿日:2017/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきなおばあちゃん

    お母さんがクッキーを焼きました。
    12個のクッキーです。
    二人の子供がわけようとすると、お客さんがやってきます。
    少しづつ増えてゆくお友達。
    だんだん一人の食べる分が少なくなってゆくのですが、、、。
    でも心配ご無用です。
    最後にベルを鳴らしたのは、噂のあのひとでした。
    白黒タイルのレトロなキッチンが素敵な絵です。

    投稿日:2016/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食べられるかな

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    3歳と5歳の子に読みました。
    ママが焼いたクッキーでおやつの時間。
    そこに次から次へとお客さん。
    人が増える度に「○つずつだ」と一人当たりのクッキーの枚数を数える子供たち。
    お客が来る度にみんなクッキーを食べられるかなとドキドキしました。
    うちの子どもたちは算数云々ではなくて、お話として楽しんでいる様子。

    投稿日:2016/09/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子で楽しめた!

    5歳幼稚園年長さんの娘が図書館で手に取って来たので一緒に読んでみました。
    子供が主人公のお話なのでとても共感を持って聞いていました。
    おやつの時間に次々と友達がやってきますが,クッキーのことを考えるとドキドキ。子供達の表情にも見応えがありました(笑)。
    最後はみんなにっこり!にんまり!です。
    親子で素敵な絵本時間になる,そんな絵本でした!

    投稿日:2016/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 割り算の本質を感性で理解できる一冊!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    もう随分前に長男と読んだ絵本ですが、
    割り算ができるようになって成長した長男と再度読もうと
    図書館から借りて来た一冊。

    と、なぜか食いついてきたのは、
    割り算のできない4歳の娘。
    楽しめるかな、と心配でしたが、
    私が思った以上にこの絵本はよく出来ているようです!

    最初は一人6個ずつだったクッキー。
    食べようとするとピンポーンと誰かがやってきて、
    娘は思わず、「えー!もうこれ以上、人、こないでよー!」

    12個しかないクッキーが、来客が増えると
    私の取り分が減っていく!!!というのは、
    割り算ができなくても感性で理解できたらしい。

    4歳の子に割り算の本質を思い起こさせるこの絵本、
    本当に偉大です。

    最後のピンポーンに引きつった顔をした娘でしたが、
    最後の来客にほっと一息。

    就学前のお子さんでも、とっても楽しめて理解できる一冊です!

    投稿日:2016/03/16

    参考になりました
    感謝
    0

81件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / ぐるんぱのようちえん / もこ もこもこ / いやだいやだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • よるのねこ
    よるのねこ
    作・絵:ダーロフ・イプカー 訳:光吉 夏弥 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    じゃあ、よるは? ねこのよるってどんなかな?


大人気シリーズ第二弾「家族がいるって、どんなかんじかな」

みんなの声(81人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット