新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

いぬのおしりのだいじけん」 みんなの声

いぬのおしりのだいじけん 文:ピーター・ベントリー
絵:松岡 芽衣
訳:灰島 かり
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:2012年06月25日
ISBN:9784593505425
評価スコア 4.47
評価ランキング 9,724
みんなの声 総数 16
「いぬのおしりのだいじけん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 犬たちがおしりを嗅ぎ合う訳

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子4歳

    犬たちはどうして、道で出会うと、おしりをかぎあうの?それはね、世界中の犬が集まった、あるパーティの夜に起こった事件が始まりということらしい。奇想天外でユーモアがたっぷり。犬のおしりのひみつのお話です。コートをかけるような感じで、おしりを取って壁に掛けるところが、ツボでした。

    投稿日:2021/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ずっと不思議に思っていたこと

    今日はお待ちかね、ワンワンまつりの日です。
    世界中の犬たちがお城に集まって、ご飯を食べたりかくし芸をしたり、ダンスをしたりするのです。

    でも、その前に預からせてください。
    あなたのお尻を。

    指示されるままに、犬たちは自分のお尻をお尻かけにかけました。

    さあ、楽しもう!!

    けれど、ダンスに夢中になった犬が、火のついたろうそくを倒しちゃいました。
    ろうそくの火はカーテンに燃え移り、あっという間に燃え広がりました。

    たいへんだ!!

    命からがら逃げきった犬たちは、ハッと気づきました。

    お尻を忘れてきたぞ!!


    みなさんは、犬に関してこんな疑問を抱いたことはありませんか?

    犬たちは、どうしてお尻をかぎあうのかしら?

    絵本は、この素朴な疑問を見事に解決してくれます。
    読み終わったとき、
    そうだったのか!
    と、心の底からスッキリすることでしょう!!

    とてもおもしろい絵本です。
    小さなお子さんから大人まで、楽しみながら読めると思います。

    投稿日:2020/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 犬好きにはたまらない

    パーティーに参加するため種類も年齢も別々のオシャレした可愛いワンちゃんが沢山出てきます。絵だけじっくり見ていても楽しいくらい個性豊かなワンちゃんたち。タイトルから何が起こるんだろうとドキドキしますが、いきなりえっ?何それ?と思うようなパーティーの注意事項から始まります。楽しくパーティーが進んで行きますが、、、途中ハラハラのハプニングがあり、最後のまとめはどうして犬はお互いのおしりをかぎ合うかにつながります。「へーなるほど。だからなんだね。」と納得しちゃいそうになりますが「ん?ママ、これ本当のお話?」不思議な世界に引き込まれて現実なのかお話の世界だったのかぼんやりしちゃいます。

    投稿日:2018/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • いぬたちのパーティ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    いぬたちのパーティが開かれます。
    それはいいのですが、おしりをぬいでって何(笑)?
    おもしろい絵本ですね!
    こどもが気に入ったようで「読んで!」と持ってきています。
    いぬ同士でおしりのにおいをかぐのはどうしてか…この絵本を読むとわかります!?

    投稿日:2017/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 犬のおしりが脱げるなんてとんでもないけれど、豪華なパーティにおしり丸出しでは失礼だろうと、妙に感心してしまった私は、確かに犬はお互いにおしりを確認する姿は、自分のおしりを探しているように見えると、作者の目のつけどころに納得してしまったのです。
    おしりを拾えなかった犬はいなかったのでしょうか?
    おしりがなかったら大変だよねと、心配までしてしまいました。
    こんな話をしたら、間違いなく馬鹿にされますね。

    投稿日:2017/02/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • おしりはぬげるの〜!?

    おもしろかったです!タイトルからして期待させてくれました。
    こんなことを考えつく人がいるんですね。

    娘は火事の原因にも興味をもち、「ろうそくが倒れて、近くにカーテンがあったの?」と念押ししていました。ここにも学びがありました。

    これは一度読んだら忘れられないストーリーです。犬がほかの犬のおしりに顔を近づけたとたんに、思い出してしまうでしょうね。。

    投稿日:2016/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぜなんだ〜?

    これはもう単純に、面白い!のひと言です。

    だって、世界中の犬が集まるパーティー、入口でおしりを脱いで、おしりかけにかけないといけないのです。

    おしっこをひっかけるのは、ガマンできるのに…。
    なぜわざわざ脱ぐ?
    脱いだ“おしり”の形といい、ツッコミどころまんさいです(笑)

    オチで、そうかそうか、なるほど〜☆!
    …って、そんなワケないじゃ〜ん(笑)

    娘も、笑ってみてました。

    投稿日:2015/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • イギリス生まれのいぬ好きのおはなし

    タイトルから おや? 「いぬのおしりのだいじけん」
    おもしろそう!

    たくさんの世界中のいぬたちのワンワンまつりとは 楽しそう

    入口で、「おしりを ぬいでおしりかけにかける」なんて  ここからわらえます

    なんと ドーナツみたいな おしり?

    パーティー なんておいしいご馳走   そして、ショータイムのはじまり  楽しそうなおまつりですね

    ところが 事件!    なんと火事

    火を消そうといぬが おしっこ書けてるところ かわいい
     みんなが逃げまどうところは、ハラハラしますね

    誰かが焼け死んでしまうのかと心配しました

     ああ! しっぽがやけてるよ〜

    お話はユーモアたっぷりです
      
    みんな大急ぎで にげたけれども 「おしりをわすれた〜」 気がつくんです

    アニメにしたらおもしろそうですね
      欲を言うともう少しドラマがあって展開すればね

    オチ、なるほどね〜いぬが おしりを嗅ぎあうのは、コレがはじまり?
    いぬの習慣だそうですが・・・

    楽しいお話しでした

    投稿日:2013/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • えっ!?

    このお話の中に犬たちが自分のおしりの穴を外して、おしりかけにかけていたのですが、そのおしりの穴がピンクのわっかだったのに子供は衝撃を受けていました!!そして絵本が読み終わったら、自分のおしりをチェックして…納得していました(笑)

    投稿日:2013/08/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い!

    5歳長女に借りてきました。予想以上に面白かったです。犬同士が会ったときに、お尻を嗅ぎ合う理由はこの絵本を読めばわかりますよ(笑)。親子で大笑いの絵本でした。

    コートかけじゃなく、おしりかけが出てくるページにはびっくり。それにしてもピーターさんの発想すごいです。5歳くらいのお子さんはとても楽しめる作品だと思います。

    投稿日:2013/04/27

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま / いのちのまつり おかげさま / おたのしみ じどうはんばいき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【あすなろ書房】

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット