虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

いちじく にんじん」 みんなの声

いちじく にんじん 案:大阪YWCA千里こども図書室
絵:ごんもりなつこ
出版社:福音館書店
本体価格:\800+税
発行日:2012年09月10日
ISBN:9784834027440
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,527
みんなの声 総数 11
「いちじく にんじん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • わらべうた

    いちじく、にんじん…♪のわらべうたの食べ物が順番に出てきます。0歳の息子は大きな食べものの絵をよく見ていました。さんしょなど、今の子は知らない子も多いと思います。私も食べる前のものは初めて見ました。大人も勉強になった絵本です(*^^*)

    投稿日:2019/07/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • かぞえうた

    わらべうたの一つです。

    いちじく、にんじん…ではじまる、かぞえうたは、たくさんの種類がありますが、この絵本のは、わりに多くの人が知っているような気がします。

    絵が、とても写実的で、その野菜の特徴が描かれていて、科学絵本的な要素もあります。

    赤ちゃんだけでなく、幅広い年齢の子と楽しめそうです。

    投稿日:2017/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読んだあとで、遊びました♪

     読み聞かせの会で、ペアを組んだ先輩が この絵本を読みました。そしてそのあと、このわらべ唄を使ってみんなで遊びました。

     子どもたちに、これらの野菜の中から食べたい野菜を選んでもらいます。その野菜を食べて(食べるまねをして)から、またわらべ唄をみんなで歌います。その時、食べた野菜は言葉に出しません。さらに、もう一つ食べて、また歌います。繰り返す度に、言葉に出す野菜が減っていきます。

     「いちじく、(×)、(×)、しいたけ、ごぼう・・・」という具合。これが とても楽しくて盛り上がりました。小さい子が多いと10個はたいへんなので、半分の ごぼうまででやります。最後に「ポン!」と手をたたくと調子が良くて、より楽しいです。ご家庭でもやってみて下さい♪

    投稿日:2017/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • いちじく にんじん さんしょに しいたけ…
    テレビの「にほんごであそぼ」でも聞くことの多いわらべ歌
    歌を歌いながらめくって見せてあげたり
    あまーい、かたーい、つちくさい??といいながら食べる真似をして見せたり
    歌が好きなので、歌と一緒に見せると楽しんでにこにこしています
    絵が適度にリアルでタッチが繊細なのも、目にやさしくてよいようです

    投稿日:2015/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見たこと無い野菜とか・・・・

    野菜や果物の名前とイラストだけの絵本。とてもシンプルで伝えたいものだけしかない。子どもも目がそれないで集中できます。
    初めは知っている、にんじん、しいたけ、なす、きゅうりと気になります。イラストも本物に忠実でインスピレーションし易いです。

    少し大きくなると、見たこと無い食べ物に気が付きます。
    2,3歳の時はそんな食べ物あるんだよってことだけ教えられます。
    いちじく、さんしょ、ごぼう、むぎ、はす、とうがん・・・。

    4歳の今になって、いちじく(道になっている)とか麦とか冬瓜が理解できるようになりました。知識が増えてきた分、知らないことに興味を持ちます。長い年月をかけて読んであげれた絵本でした。

    赤ちゃん過ぎないのが返って良かったんですかね。
    イラストもリアルで良かったです。

    投稿日:2015/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 福音館書店の0.1.2.えほんシリーズです。
    いろいろある中で、自分が気に行った本だけレビューしていきます。

    なんとなく子供の頃読んだことのあるような懐かしい気持ちにさせられる本です。
    いちじくにんじんさんしょ〜〜から「とうがん」までの10この食べ物が並べられていて、数がわかるようになったらなんとなく楽しんで読めそうな本だなと思いました。

    小さめな絵本で、なかなかいいなと思いました。購入予定です。

    投稿日:2014/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな数え方

    1から10までのかぞえ歌は色々あって、
    上の子なんかは別の数え歌をよく言っていましたが、
    この本はこれでまた面白いです。
    6が「むぎ」なのは私もはじめてでした。
    ひとつひとつの絵が子供にも分かりやすくて
    順番に覚えていくのにとても良いと思います。
    綺麗な絵もオススメです。

    投稿日:2014/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『いちじく』はもう少し熟したのが好みです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    0歳から楽しめる『かぞえ歌絵本』です。
    1つ1つの野菜や植物が、とてもリアルに描かれています。
    特に『いちじく』!これ、すごくいです。
    しいて言えば、もう少し熟している感じの方が好みです(食べるのも、見るのも)。
    おはなし会の導入などにお薦めします。

    投稿日:2014/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • かぞえうたというんでしょうか?

    私が知っているのとは少し違っていて、びっくりしました!
    むぎ、なす、はす
    が、本当なんですね。

    野菜の絵が本物みたいで、とってもおいしそう。
    新鮮さが伝わってくる絵ですね。

    とうがんって食べたことないけど、おいしいのかな?

    投稿日:2013/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • お野菜

    わらべうたとしても、お野菜の絵本としても楽しめると思います。
    私と子供が知っている歌とは、少し違っていました。
    「むぎ」からが、ちょっと違うのですよね。
    口伝えのわらべうたですから、地方ごとに変わっているのかもしれませんね。

    投稿日:2013/10/03

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット