マリアンは歌う」 みんなの声

マリアンは歌う 文:パム・ムニョス・ライアン
絵:ブライアン・セルズニック
訳:もりうちすみこ
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2013年01月
ISBN:9784895728522
評価スコア 4.2
評価ランキング 20,633
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 差別に勝て!!

    世界一の美声とも言われたマリアン。
    でもその裏には、アメリカに根強くある黒人人種差別がありました。
    この1冊に様々なことを感じられる本になっています。
    人とは夢とは想いとは、誰もが自由で平等であることを改めて思いました。

    投稿日:2019/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「理不尽」を超えて

     アメリカの素晴らしい歌手、マリアン・アンダーソンの歌手としての歩みを描いたノンフィクション絵本です。

     彼女の素晴らしい歌唱力、人々に与える感動。その一方、黒人であるがゆえに受ける差別、黒人を排除しようとする社会。この二つが同時に存在するとはなんという理不尽。人間の差別というのは、本当に根深いものだと思いました。ですが、それを超えて学び歌手としての道を歩むマリアンの努力、家族や周りの人の支援、彼女の歌を聞きたいという人々の行動、そしてコンサートの実現は大きな希望でした。「差別」よりも「真実」は強いと感じました。

     一貫して茶の濃淡を活かし丁寧にそして大きく描かれた絵、抑制のきいた文章。作者の方々の、マリアンの歌、生き方へのリスペクト、そしてマリアンを支持した人々へのリスペクトを感じた絵本でした。

    投稿日:2019/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 彼女の歌声を聞いてみたかったです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    大きなテーマはアメリカの人種差別を描いていますが、読みようによっては、歌うことが大好きだった少女が、その才能と努力で、一流の歌手になるシンデレラストーリーにも見えました。
    なので、人種差別に特別な興味がなくても、新dれらストーリーに今日にのある人なら、かなり興味を持って読めると思います。

    ページ数はそんなに多くありませんが、1ぺージ1ページの文字数がかなり多いので、お薦めは小学校の高学年くらいから。

    パム・ムニョス・ライアンさんの絵も見事で見応えがありました。

    投稿日:2013/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • マリアンを知っていますか?

    私がマリアン・アンダーソンを知らないからでしょうか。
    マリアンの人生を描いたこの本の中で、人種差別の問題以外について語る材料は救い上げられませんでした。
    歌という芸術についても人種差別はあったのです。
    決して貧しい育ちではないと思えるのですが、歌を肌の色を超えたものにするために、試練を乗り越えた歌手。
    マリアンを知っている人ならば、納得の一冊かもしれません。
    絵がとても重厚です。
    その重さが、本の重さにつながっているようにも思いました。

    投稿日:2013/05/08

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話
  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット