新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
新刊
ともだち いっしゅうかん

ともだち いっしゅうかん(偕成社)

人気シリーズの番外編! リズムにあわせて楽しく読んでください♪

  • かわいい
  • ためしよみ

ロアルダールさんの公開ページ

ロアルダールさんのプロフィール

その他の方・40代・神奈川県

ロアルダールさんの声

417件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 不安で眠れない夜に  投稿日:2021/03/04
あした、がっこうへいくんだよ
あした、がっこうへいくんだよ 作: ミルドレッド・カントロウィッツ
絵: ナンシー・ウィンスロー・パーカー
訳: せた ていじ

出版社: 評論社
ロングセラーの絵本なので、やはり読み継がれてきただけの高いクオリティが感じられます。

明日から初めて学校にいく男の子が、不安や緊張から前の晩になかなか眠れないようすが手に取るようにわかります。

男の子は大好きなクマのぬいぐるみのウィリーに語りかけて、「今日はちょっとだけ明かりをつけて寝ようか」「お水が飲みたいの?」「やっぱり一緒に寝ようか」などなど、いろいろと工夫をこらして安心感を得ようとします。

次の日の朝は、少しだけ自信をつけたように見えるのは、大好きなウィリーに、成長した自分を見てもらいたかったのかな。

進学するお子さんや何か大事なことがあって緊張しているお友達などへの贈り物にもぴったりです。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 春が待ち遠しい季節にぴったりです  投稿日:2021/02/26
おねぼうさんはだあれ?
おねぼうさんはだあれ? 作: 片山 令子
絵: あずみ虫

出版社: 学研
冬眠をしないうさぎさんが、冬眠中のお友達のところに「起きて〜」と訪ねていきますが、まだまだ起きてくれません。
そこで、春のお花を置いていきます。

次々に訪問して、最後に日当たりのいい場所でゆっくりしていると、今度は自分がうとうと。。。

あずみ虫さんは、アルミ板の切り絵で味わい深い作品をたくさん出版されていますが、今回は可愛いがぎゅっとつまっていて「本当にこれがアルミ板?」と驚くような柔らかなイメージの絵になっています。春の花を見に行きたい、動物たちのように早くお友達と会いたいなと思いました。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 進化について詳しく学べる絵本  投稿日:2021/02/23
クジラが歩いていたころ―動物たちのおどろくべき進化の旅
クジラが歩いていたころ―動物たちのおどろくべき進化の旅 著: ドゥーガル・ディクソン
絵: ハンナ・ベイリー
訳: 橋本 あゆみ

出版社: 化学同人
タイトルのクジラだけではなく、地球の変化や動物の進化について、総合的に詳しく学べる内容の濃い絵本です。
大人でもじっくり読むと初めて知ることばかりです。

ジュラ紀や白亜紀などは耳にしたことがあるものの約6億年も昔の単細胞生物ばかりだったころの呼び名は知りませんでしたし、ダーウィンの生命の木についてもわかりやすく解説されていて勉強になりました。

動物や化石や恐竜などが好きな子供さんは夢中になって読んでくれそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 盛りだくさん  投稿日:2021/01/31
にんじゃじゃ!
にんじゃじゃ! 作: 岡本 よしろう
出版社: 文溪堂
うとうとしていたお殿様の大事なちょんまげが盗まれた!
犯人はなんとも可愛い忍者です。

お城を舞台に殿様vs忍者の追いかけっこが始まります。

ます、忍者の使う道具の説明が見開きに書かれているので、なわばしごやまきびしを知らないお子さんも大丈夫です。
そして、お城の断面図が見開きいっぱいに広がる場面があったり、忍者がどこに隠れているのか探せるページがあったりと、盛りだくさん。

テンポもよく、盛り上がること間違いなしです!

最後の見返しには大事な秘密の迷路も書かれていて、すみからすみまで楽しめる絵本です!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人気の絵本の続編  投稿日:2021/01/31
パンどろぼうvsにせパンどろぼう
パンどろぼうvsにせパンどろぼう 作: 柴田 ケイコ
出版社: KADOKAWA
大ヒットした「パンどろぼう」の続編です。

なんと、今回もパンに身を隠したどろぼうが登場して、元祖パンどろぼうが、にせパンどろぼうを捕まえようと作戦を練ります。

にせパンどろぼうも憎めない可愛いどろぼうでした。
果たしてパンどろぼうのように、にせパンどろぼうも足を洗うことができるのか!!

とても楽しい絵本なので、お子さんと一緒にぜひ読んでみてほしいです。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う おうちでガチャガチャ  投稿日:2020/11/27
ガチャガチャぽん!
ガチャガチャぽん! 作: ナカオマサトシ
絵: 森 あさ子

出版社: マイクロマガジン社
ガチャガチャは、どれが出てくるかわからないワクワク感が楽しいですよね!
大人でも欲しいものが出てくるまで何度も買いそうになって我慢するのが大変ですが、子供さんに何度もせがまれてダメというのが大変な親御さんも多いのでは?

この絵本は「さてこのガチャガチャは何のガチャガチャかな?」とはじまり、開けてみるとリュックやお菓子など、いろいろなガチャガチャをやる設定になっています。
一応、絵の中で出てくるものは描かれていますが、下にいくつか選択肢があって「どれがいい?」と問いかけます。

ジョンバーニンガムの「ねぇ、どれがいい」のガチャガチャ版といったところでしょうか。

これかこれー!と言いながら選んでいる子供たちの姿が目に浮かびます。

何度も何度もやって納得いくまで選んで欲しいで楽しんで欲しいです。

参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい そうなるとは!  投稿日:2020/11/25
ノラネコぐんだん ケーキをたべる
ノラネコぐんだん ケーキをたべる 作: 工藤 ノリコ
出版社: 白泉社
ノラネコぐんだんのシリーズは大好きなので第一冊目から読んでいますが、「アイスのくに」でスケールが大きくなり、笑えるだけじゃなくウルっとさせられるような感動もあったりしたので、その後は、ハードルが上がってしまい期待に応えるのが難しいのではと思っていました。

ところが、作者の工藤さんの方が一枚うわてでした。
「カレー」でも「そうきたか!」と笑わせてくれて、今回もびっくりな展開に!!心配無用でした。

いつもノラネコぐんだんに悩まされている側のマーミーちゃんもノラネコたちと一緒に大冒険。アリの巣の断面図のシーンは子供たちも喜びそうです。
食べ物屋さんが舞台になることが多いノラネコシリーズですが、ケーキ屋さんが出てきていなかったとは意外でした。
おいしそうなケーキもたくさん登場して、大きなケーキを綺麗に切っている絵なども見ているだけで楽しくなってきます。

まだまだノラネコたちに期待してもいいみたいですね!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい シリーズで一番好きかも  投稿日:2020/11/19
オレ、ねたくないからねない
オレ、ねたくないからねない 作: デヴ・ペティ
絵: マイク・ボルト
訳: 小林 賢太郎

出版社: マイクロマガジン社
冬眠する動物が、もし冬眠したくなかったら?という可愛いお話。
たしかに子供の頃は冬は雪が降っても楽しい気持ちになりましたし、寒いのも大人より平気だったりして冬ならではの遊びや行事もあります。それを経験できないなんて!とカエルくんが思うのに共感できます。
そこで、ほかの動物たちは、楽しそうに思えて、冬にはそれなりに大変なこともあるよと言って慰めてくれて、カエルくんが冬眠する泥の中まで来てくれます!
なんて友達思いなんでしょう。

やっと納得したカエルくん。
なんとも、ほのぼのします。言ってるそばから、もう寝てるし!自然には抗えませんね。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい 愛猫家には一生モノの絵本  投稿日:2020/10/02
ねこはるすばん
ねこはるすばん 作: 町田尚子
出版社: ほるぷ出版
購入してから何度、この絵本を開いたことか。

猫を飼っている者としては、猫絵本がたくさん出版されている現在では、登場するのがハチワレなのか白猫か黒猫かなど、柄にまでこだわって選んでしまうのですが、町田さんの描く猫ちゃんは、不思議と柄に関係なく「うちの子にそっくり」と思って感情移入できるのです。

猫の表情や、しぐさや、セリフが擬人化されているとはいっても、猫らしさが満載だからでしょうか。

思わず笑みがこぼれてしまったり、ウルっときてしまったり、猫好きの感情を大いに揺さぶってくれます。

子供たちも喜んでくれそうなシーンがたくさん!
読み聞かせでも盛り上がりそうな楽しい絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい そうそう!わかるー  投稿日:2020/09/22
イカはイカってる
イカはイカってる 作: 大塚 健太
絵: くさかみなこ

出版社: マイクロマガジン社
誰かに似てるって言われるのは、うれしいようで案外そうでもなかったりします。うーむ。あの人より私の方が・・・とか思ってモヤモヤしたり。

この絵本のイカも、タコに間違えられることにイカっています。
そして、次々にイカとタコの違うところを挙げるんですが、やっぱり海の仲間たちに「でも似てるー」と言われてしまいます。

そこへ、タコがやってきて、やっぱりタコの方もイカに似てると言われてイカってます(笑)
でも、友達って似た者同士が多かったりしますよね。
タコもイカも、オレら似てるよねと、結局は意気投合!
とても、腑に落ちるストーリーです。

それに、イカのまめ知識もたくさん出てくるので勉強にもなりました。
楽しい絵本なので、お子さんにも喜ばれると思います。
参考になりました。 2人

417件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット