ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??

みその たかし

みその たかし

三浦半島の里山に囲まれた緑豊かな地域で生まれ育ち、暇さえあれば裏山に行き、暗くなる まで遊んでいました。自然の恵みを収穫することが当時の暮らしや遊びに組み込まれていた こともあり、花咲き乱れる新緑には山菜を採り、梅雨が明けるとニッケイの根を掘ってしゃ ぶりながらカブトムシを捕り、紅葉が始まるころになるとクリやアケビやヤマイモを採り、 木枯らしが吹くころには枯枝を集め薪にして、落ち葉を集め畑の堆肥にしました。 自然の恵みを収穫することで、余計なお金を使わない暮らしをします。自然を大切にしない と恵みが枯渇します。少年の頃の体験が私の心にしっかりと残っています。

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

大きなクスノキ

大きなクスノキ

作:みその たかし  絵:さとう そのこ  出版社:高陵社書店  本体価格:¥1,200+税  
発行日:2016年12月15日  ISBN:9784771110205
  ためしよみ  全ページためしよみ

1件見つかりました

みその たかしさんの作品のみんなの声

  • すごい!

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    私自身の母校にも、シンボルとなっているクスノキがあったので、その木がなくなったら残念という、主人公と同じ気持ちでどうなるのかと心配しながら読みました。 新聞への投書、署名を集めるという現実的な方法で・・・続きを読む

  • 実話から立ち上る思い

    縦長の装丁に、深いグリーンの背景、印象的な表紙絵に惹かれました。 心待ちにしていた入学式で小学校にやって来たウタちゃんが出会ったのは、 大きなクスノキ。 以来、仲良しになっていたのですが、6年生・・・続きを読む

  • あたたかい社会

    一人の小さな女の子の気持ちが、周囲を社会を動かしていくお話。 本当に心をこめて願えば、それが正しい願いであれば、こうやって動いていくのですね。 とてもあたたかい気持ちになりました。 そしてこのよ・・・続きを読む

  • 実話ベースのお話

    実話がベースのお話です。こういうの弱いので、ウルウルしました。絵も温かみがあるし、作者さんの想いが詰まっていると感じました。 小学生に読ませたらどんな感想を抱くのか凄く気になります。 我が子は・・・続きを読む

  • あったかい。

    • めらんこりさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子3歳、男の子0歳

    小学校にある大きなクスノキ。 私の通っていた小学校にも大きな木があったことを思い出しました。 主人公の女の子の心の拠り所であっただけでなく、様々な生き物にとってかけがえのないクスノキ。 その・・・続きを読む


『ぺぱぷんたす』祖父江慎さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット