もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
はなかっぱとグチャットン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はなかっぱとグチャットン

  • 絵本
作・絵: あきやま ただし
出版社: 株式会社KADOKAWA メディアファクトリー

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「はなかっぱとグチャットン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年10月
ISBN: 9784840117128

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

あきやまただしの新シリーズ「はなかっぱ」の第2弾。自然ゆたかな、やまびこ村の山のむこうには、人もビルも乗り物もたくさんの、未来都市があります。そしてその街のはずれにはゴミで出来た大きな山があり、ある時そこから大怪獣「グチャットン」が生まれました。

ベストレビュー

テレビとちょっと違う

4歳のはなかっぱ大好き息子と読みました。
やはり…というよりか、テレビアニメとはひと味ちがった絵本。
アニメはやっぱりいろいろな人の手が加わっているんだろうなあ。
この絵本はテレビアニメが始まる前に描かれたものなので、
あきやまただしさんの描きたかったものなんだろうなあ、
など想像を膨らましました。

テレビアニメと比べて、、線も太い感じだし、ちょっと色使いも違うのね。
そして、環境問題を扱っている!!
グチャットンという怪獣が都会で出現してしまうのです。
はなかっぱが対応するのですが…。

息子としては、テレビとちょっと勝手が違い、違和感があったようですが、
私は気に入りました。
(トゥリーハウスさん 40代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あきやま ただしさんのその他の作品

たまごにいちゃんと たまごねえちゃん / へんしんおてんき / たまおくんはたまごにいちゃん / へんしんマーケット / おばけのたまごにいちゃん / ほしいもマン



『ななちゃんのおかたづけ』書店員さんに話を聞きました

はなかっぱとグチャットン

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット