しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
十二支のことわざえほん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

十二支のことわざえほん

  • 絵本
作・絵: 高畠 純
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「十二支のことわざえほん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年11月
ISBN: 9784774606903

この作品が含まれるテーマ

みどころ

 十二支の動物達それぞれの動物が登場することわざが載っている変り種干支の絵本。
高畠さんのユーモラスでセンスある絵でそれぞれのことわざも笑いながら身についちゃう?とっても気になる一冊です。

出版社からの紹介

毎年お正月に欠かせない、十二支の動物たちの愉快なことわざをユーモアたっぷりにご紹介します。さあ、皆自分の干支のことわざを覚えられるかな?

ベストレビュー

色々あるんだな。

十二支が出てくることわざがたくさんでてきます。干支の一番最初の『ねずみ』では、
『袋のねずみ』と『窮鼠、猫をかむ。』
というように、対照的な二つのことわざがかかれています。
つづく『うし』でも二つのことわざがあげられています。

ユーモアのある絵で描かれた動物たち、一度は耳にしたことわざばかりですが、その意味が、曖昧だったり、よくわかっていなかったりするところを改めて確認することができます。
動物が出てくることわざ、本当にたくさんあります。ここに書かれているものとは違うものを見つけてみるのも楽しいかもしれません。
(おしんさん 40代・ママ 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

高畠 純さんのその他の作品

ふしぎなどうぶつランド / どうぶつマンションにようこそ / たぬきのたまご / うし / 空で出会ったふしぎな人たち / モンスター・ホテルでパトロール



『雪ふる夜の奇妙な話』『夜の神社の森のなか』大野隆介さんインタビュー

十二支のことわざえほん

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット