もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
十二支のことわざえほん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

十二支のことわざえほん

  • 絵本
作・絵: 高畠 純
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年11月
ISBN: 9784774606903

この作品が含まれるテーマ

みどころ

 十二支の動物達それぞれの動物が登場することわざが載っている変り種干支の絵本。
高畠さんのユーモラスでセンスある絵でそれぞれのことわざも笑いながら身についちゃう?とっても気になる一冊です。

出版社からの紹介

毎年お正月に欠かせない、十二支の動物たちの愉快なことわざをユーモアたっぷりにご紹介します。さあ、皆自分の干支のことわざを覚えられるかな?

ベストレビュー

色々あるんだな。

十二支が出てくることわざがたくさんでてきます。干支の一番最初の『ねずみ』では、
『袋のねずみ』と『窮鼠、猫をかむ。』
というように、対照的な二つのことわざがかかれています。
つづく『うし』でも二つのことわざがあげられています。

ユーモアのある絵で描かれた動物たち、一度は耳にしたことわざばかりですが、その意味が、曖昧だったり、よくわかっていなかったりするところを改めて確認することができます。
動物が出てくることわざ、本当にたくさんあります。ここに書かれているものとは違うものを見つけてみるのも楽しいかもしれません。
(おしんさん 40代・ママ 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


高畠 純さんのその他の作品

空で出会ったふしぎな人たち / モンスター・ホテルでパトロール / ノボルくんとフラミンゴのつえ / モンスター・ホテルでそっくりさん / アリス館のよみきかせ大型絵本 どうぶつしんちょうそくてい / イソップ物語



『つくってみよう! へんてこピープル』tupera tuperaさんインタビュー

十二支のことわざえほん

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット