ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
もしもねずみにクッキーをあげると
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もしもねずみにクッキーをあげると

  • 絵本
作: ローラ・ジョフィ・ニューメロフ
絵: フェリシア・ボンド
訳: 青山 南
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥950 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「もしもねずみにクッキーをあげると」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年
ISBN: 9784265066414

この作品が含まれるテーマ

おはなし

 家の前を通りかかったねずみに、男の子がクッキーをあげたら何が起こるだろう? ねずみはきっと、ミルクをくれと言う。ミルクをあげると、今度はたぶんストローが欲しいと言い、飲み終わると、次はナプキン……。
 やんちゃでわがままなねずみの要求に答えたら、もうへとへと。でも、ねずみはどんどん調子に乗ってきて……。

みどころ

 米国で大人気の絵本。「もしも……」と仮定して、どんどん想像が展開されるかわいい、ユーモアいっぱいの作品です。小さなねずみの視点から要求されることがらは、まるで子供の要求そのもの。振り回されるのは親たちという構図も、見て取れますね。動作やしぐさが丹念に描かれたイラストがねずみの個性を十分過ぎるほど表わし、米国ではたくさんのファンを生みました。
 この「もしも……」は、最後にきて最初に戻るしくみです。さて、どんな風にお話は展開されるのでしょう?
――(ブラウンあすか)

出版社からの紹介

ねずみにクッキーをあげると,ミルクが欲しいと言う。ミルクをあげると…?わがままねずみと男の子の,愉快でリズミカルなお話。

ベストレビュー

もしも…がめぐりめぐる絵本

 「もしも、ねずみにクッキーをあげると、きっとミルクをくれ、という」「ミルクをあげると、こんどはたぶんストローをくれ、という」…。もしも…の条件をあげて、その帰結部分がまた、もしもの条件になり…。お話は非常にとりとめのないものですが、ユーモアたっぷりのねずみの行動とそれに翻ろうされる男の子の姿が生きています。好き好きがあると思いますが、わたしと息子は好きな作品です。9社に断られ10社目に大手出版社ハーパー・コリンズが出版したというエピソードも興味深いですね。
(ムースさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ローラ・ジョフィ・ニューメロフさんのその他の作品

もしもねずみをえいがにつれていくと / もしもムースにマフィンをあげると / もしもこぶたにホットケーキをあげると / If You Give a Mouse a Cookie(もしもねずみにクッキーをあげると)

フェリシア・ボンドさんのその他の作品

おおきなあかいなや / こぶたのポインセチア / やまあらしのぼうやのクリスマス / コーネリアのおくりもの

青山 南さんのその他の作品

こどものなかま / クマですが、イヌです / アランの歯はでっかいぞ こわーいぞ / はだかんぼ! / トラさん、あばれる / ラスコーの洞窟



魔法のぐっすり絵本『おやすみ、ロジャー』第2弾!

もしもねずみにクッキーをあげると

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.27

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット