十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
さるのオズワルド
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

さるのオズワルド

作: エゴン・マチーセン
訳: 松岡 享子
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年3月
ISBN: 9784772101462

5歳から

この作品が含まれるテーマ

おはなし

 あるところに一匹のちっちゃな“つる”がいて――おっと、まちがい“さる”がいて、名前をオズワルドといった。
 ある朝、オズワルドはひなたに座って、あくびをし、体をかいた。それから、踊りをして、リンゴを食べて、世界一大きなリンゴの夢を見て、仲間とおしゃべりして……、ボスざるのいばりやと戦うことになる。小さなオズワルドは、どうやって大きないばりやと戦ったんだろう?

みどころ

 言葉遊びをしながら社会性のルールを諭す、一石二鳥のユニークなデンマークの絵本。各ページ「おっと、まちがい」を使用して、冒頭の“つる”と“さる”のように間違い遊びをします。「オズワルドは、ときどき“豆を煮る”――おっと、まちがい“夢を見る”」「さるたちは、“洗って投げた”――おっと、まちがい“笑って逃げた”」などなど、ページをめくるたび次はどんな遊びかなと気になってしまいます。「おっと、まちがい」のテンポもいいですね。
 さて、中盤にボスざるのいばりやが登場します。さるたちは、みなこのボスざるに使われて嫌な思いをしていましたが、たまりかねたオズワルドの一言が仲間たちを団結させます。最後ページのリンゴパーティーで大好きなリンゴをかじるオズワルドは誇らしげ。小さく弱かったオズワルドの変身ぶりがさわやかな読後感を招く、勇気の出る一冊です。
――(ブラウンあすか)

出版社からの紹介

毎日を楽しくくらしていた森のさるたち。そこへいばりやのボスざるがやってきて、やりたい放題!オズワルドも最初はボスざるの言いなりに、りんごを運んだり、のみとりも。やがてある日、オズワルドは叫びます。「いやだ!」その叫び声は他のみんなにも広がっていきます。

ベストレビュー

なかなか意味深い絵本!

 最初はただ、オズワルドの生活を言葉遊びで表現する絵本なのかな…と思ったのですが、後半山場がありました。意地悪な威張りやのサルに、オズワルドが間接的に教えてあげるのです。威張り散らされ利用されるのはもう「いやだ」とオズワルドが一言言い切ったことで、他のサルたちも共感し一致団結。サルたちは威張りやの言うことを聞かなくなります。この行動により、威張りやのサルは集団生活の中でのルールを学ぶのでした。
 それぞれページの冒頭文は言葉遊びのような誤りの言い換えで始まり、息子はこれにキャーキャー大喜び。たとえば、「威張りやがしりとりをするとき――おっと、まちがい、のみとりをするとき」とか「ほかのさるたちが大勢ふってきて――おっと、まちがい、やってきて」とか。次はどんな言い換えなのかな、と「おっと、まちがい」の後を待ち構えるように聞き入っていました。
 初版が1947年のデンマークの絵本です。戦争直後ということで世界平和を祈りつつ、どこかの国を風刺して描いた作品なのかな…とも、ふと思えてしまいました。
(ムースさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エゴン・マチーセンさんのその他の作品

ひとりぼっちのこねずみ / あおい目のこねこ

松岡 享子さんのその他の作品

りこうな子ども アジアの昔話 / サンタクロースの部屋 / 岩波少年文庫 大きなたまご / ペニーさんのサーカス / 新装版 フランシスのいえで / うたこさんのおかいもの



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

さるのオズワルド

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.19

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 26人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット