あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…
小さめサイズが可愛い♪「おおきなかぶ」など絵本柄のおつかいバッグ、新登場です!
ぴよぴよぴよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぴよぴよぴよ

  • 絵本
作・絵: 平野 剛
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

絵本クラブ
発行日: 1987年6月30日
ISBN: 9784834002737

読んであげるなら・0才から

おはなし

ねこが寝ているところへ一羽のひよこが「ぴよ ぴよ」。
続いて次々にひよこがぴよぴよ現われます。
ひよこたちはぴよぴよ進みますが、ねこはじっと狙っています。
ひよこたちの進む先には・・・大きなにわとりがいてねこをにらみます。「こっこっこっこっ!」
ねこしょんぼり。ぴよぴよぴよおしまい。

出版社からの紹介

ぴよ ぴよ ぴよとにぎやかなひよこの行列を、黒いこねこがねらっています。それをみつけたにわとりのおかあさんが、こわい顔をしておこります。こっ こっ こっ!

みどころ

次々現われるひよこたちの一羽だけが色違いでアクセントになっています。
それにあわせて鳴き声の「ぴよ」も色違い。鮮やかな色のコントラストと「ぴよぴよ」の音がとてもうまく合っていて、楽しい作品になっています。

ベストレビュー

0歳の赤ちゃんとも通じ合えた

我が家の子どもたちが小さい頃大好きな絵本でした。ひよこたちが「ぴよぴよ」といいながら、おかあさんのかげから顔をのぞかせます。「ぴよぴよぴよぴよ・・・」とだんだん増えていくようすが楽しい。一匹だけ色がちがっていて、鳴きごえの文字の方も色が変わっているので、そこだけ違うトーンで読んであげると、子どもたちはとっても喜びます。
先日、お友達の家に遊びに行ったとき、8ヶ月の娘さんに読んであげました。すると、「ぴよぴよ」という音が興味を引くらしく、じーっと絵を見つめていました。読み終わると、またこの絵本を手に取って「もういっかい」というようなしぐさをしてくれました。まだ言葉が出ない赤ちゃんとも、絵本を通じてコミュニケーションできたようで、とてもうれしかったです。
(クッチーナママさん 30代・ママ 女の子8歳、女の子5歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

ぴよぴよぴよ

みんなの声(61人)

絵本の評価(4.27

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット