宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
おいしいえほん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おいしいえほん

  • 絵本
作: つちだ よしはる
出版社: リーブル リーブルの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1995年05月01日
ISBN: 9784947581105

B5変 18.2×18.2cm
24ページ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


「ももちゃん はなちゃん」シリーズ つちだよしはるさんインタビュー


双子のももちゃんとはなちゃんがくりひろげる、たのしい世界!

みどころ

優しくあたたかな画風で描かれた絵本や挿絵が人気のつちだよしはるさんの、こんな可愛らしいシリーズはご存知ですか?
主人公はももちゃんとはなちゃんというふたごの女の子。
ももちゃん、はなちゃん、それぞれの好きなものや楽しいこと、遊びなど、身近な生活が楽しく描かれています。
ふたごのお嬢さんをお持ちのつちださん、実際に暮らしの中から生まれたシリーズなのだそうですよ。

『おいしいえほん』では、ももちゃんとはなちゃんが「たべもののくに」へ行きます。
ももちゃんとはなちゃんがくらべっこ遊びをしながら、大好きな食べものを順番に見せてくれます。
ももちゃん りんご だいすき
はなちゃん みかん だいすき
ぶどうとバナナ、おせんべいとクッキー。
見ていてたまらないのは、みんなふたりとおんなじ位の大きさっていうところ。
おせんべいの山や、キャンディーのトンネルでお昼寝しているふたりの幸せそうな顔と言ったら!
こんなに大きなおにぎりやおだんごがあったら、私だって一緒に食べたくなっちゃう。

ふたりの好きなものは、少しずつちがっても、「くいしんぼう」なのは一緒!
みんなもお腹がすいたら、ももちゃんとはなちゃんと一緒に「たべもののくに」に行ってみてね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

おいしいえほん

出版社からの紹介

ももちゃんとはなちゃんがくらべっこ遊び。大好きな食べものは?ふたりは一緒にお菓子の国へ!

ベストレビュー

小さな子に

5歳の次男に読みました。

とてもかわいい双子の女の子が、好きな食べ物を紹介してくれます。どれもオーソドックスな子供の好きなものばかり。双子なだけあって、ちゃんと対になっているようです。

2歳くらいの小さな子向けかなと思いました。
(さみはさみさん 40代・ママ 男の子9歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


つちだ よしはるさんのその他の作品

やくそくの「大地踏」 / はなびらがとんできた / はなみず じゅるじゅる せき ごほごほ / だあれ?だあれ? / だっこだっこ / げんききゅうしょくいただきます!



>絵本エイド ―こころにひかりを―

おいしいえほん

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット