ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
【クリスマスプレゼントに】年齢・お値段ごとに、沢山のギフトセットをご用意してます♪
ごきげんなすてご
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ごきげんなすてご

  • 児童書
作・絵: いとう ひろし
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 1995年
ISBN: 9784198602352

小学校低中学年から
A5判/112ページ

7〜8歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

三ヵ月まえ、弟がやってきた。弟の顔はおさるだった。でもお母さんは弟ばかりかわいがる。それならいいよ、あたしはすてごになって、すてきなおうちにもらわれるから…。家出した女の子が、「すてご仲間」になった犬、ねこ、かめといっしょに大活躍! 小さなお兄ちゃん、お姉ちゃんたちの心をきゅっとつかんだ、人気の幼年童話です。

いとうひろしさんのコメント 子どもの目から赤ちゃんを見たら、かわいくないし、うるさくて臭いし、おさるにしか見えない、というのが正直なところだろう、と思うんですよ。でも、下の子が生まれればすぐに、まわりの大人たちが「かわいいでしょ」とか、「おねえちゃんなんだから」とか言い始める。そこで、「かわいくない」と正直に思ってしまったおねえちゃんが、どうやって、「おねえさんであること」を引き受けていくのか…ということが、描きたかったんです。

赤ちゃんを「かわいくない」と言ったっていいでしょ、という思いもありました。言えないと、つらくなりますからね。でも、言いっぱなしではすまなくて、子どもは、そのかわいくない存在を受け入れていかなくちゃいけないわけです。「弟だと思うと頭にくるけど、サルだ と思えばいっしょにいられる」…というのが、彼女の解決というか、煮つまらないための方法論だったんですね。

身近にも、きょうだいの葛藤というのはいろいろありました。たとえば、私は末っ子なので、自分が生まれたとき、姉はどんな気がしたんだろうな、とか。甥が生まれたとき、おねえちゃんになった姪が、口では「かわいい」と言いながら、冷たーい目で甥を見てた、とか…。      

でも、そういうことをモデルにしてすぐ作品を作る、ということは、私の場合、ほとんどありません。「家族の関係」「きょうだいの関係 」ひいては「人間同士の関係」といった、大きな意味でのテーマをずっと考えて、頭の中でころがしているうちに、しだいに一つの作品が形になってくる、という感じです。

「ごきげんなすてご」を作ったときには、まだ自分の子どもはいなかったんですが、親になった今、思うのは、子どもがへんな形で煮つまらないためには、親の役割が大事だな、ということ。子どもの本を作って、子どもの気持ちをずっと考えてきたことが、私個人にとっては 、親になるためのトレーニングでもあったような気がします。
 (徳間書店編集部 「ごきげんなすてご」シリーズ取材より)

ベストレビュー

とまらない♪

全部のページに絵があるから、児童書と絵本の中間くらいの位置づけになるのでしょうか。
ページ数が多いから、ちゃんとしおりの紐も付いていて、紐初体験の息子は気にして触っていました。
「途中まで読んで、これを挟んでおこうね」なんて言っていたのに、結果は、親子共々面白くて最後まで読み切っちゃった!

表紙の絵をみて、「そっかそれでカメがいたのか・・・」とぶつぶつ言ってました。
すてごちゃんと同じ「上の子」の気持ちがわかるはずの息子の感想が、これ。
って照れ隠しだったりするのかな?!
(しろくまちゃんのママさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いとう ひろしさんのその他の作品

もとこども / さいごのひみつ / ミニブック おやすみゴリラくん(ボードブック) / ルラルさんのえほん(7) ルラルさんのぼうえんきょう / もうじゅうつかいのムチがなる / くわくわとかぶかぶのおはなし ぼくたちけっこうすごいかも



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

ごきげんなすてご

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.58

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 39人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット