くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
10このちいさなおもちゃのあひる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

10このちいさなおもちゃのあひる

  • 絵本
作・絵: エリック・カール
訳: くどう なおこ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年10月
ISBN: 9784033279206

対象年齢:3・4歳から
31cm×23cm 31ページ

エリックカールスペシャルサイトオープン

出版社からの紹介

大きな海のまんなかで、おもちゃのあひるが船から落ちた!さあ10このあひるたちの冒険がはじまるよ。最後に音が鳴るしかけ絵本

10このちいさなおもちゃのあひる

ベストレビュー

ラストのしかけ

おばあちゃんがお誕生日にプレゼントしてくれました。おもちゃのあひるが船で運ばれる途中嵐にあい、10このあひるが海に放り出されてしまいます。10こはそれぜれちりぢりばらばらに流れ着き、いろいろな海の動物達に遭遇するというお話です。子供にもわかりやすい簡潔な文章に 興味をひきつけるとても素敵できれいな挿絵がついています。次はどんな動物に出逢うのだろう?とページをめくるのがわくわく!楽しみながら数の概念も勉強できるのではと思います。そして10匹目のあひるが遭遇するのは・・・。最後の最後には音の出る仕掛けもついています。息子はいつもラスト近くになると仕掛けをするのを楽しみにワクワクしながら待ち構えています。何度読んでも飽きることのない、とても素敵な絵本だと思います。
(みなきょんさん 30代・ママ 男の子3歳)

この作品を紹介しているサイトを見る >>> ユウchan「10このちいさなおもちゃのあひる」

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

エリック・カールさんのその他の作品

パペラ 1枚の紙でつくる はらぺこあおむしとなかまたち / エリック・カールのイソップものがたり / はらぺこあおむし 日本語版40周年記念限定版 / フリップフラップえほん はらぺこあおむし / いちばんのなかよしさん / はらぺこあおむし+ぬいぐるみギフトセット

くどう なおこさんのその他の作品

「いる」じゃん / ちいさな はくさい / おいで、フクマル / はちゃめちゃ・ぶたさん / あいうえおおかみ / みんないきてる みんなでいきてる!



文字がないからこそ物語を想像して感動できる一冊

10このちいさなおもちゃのあひる

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット